2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« モーツァルト/交響曲第40番 | トップページ | マーラー/交響曲第3番 »

2006/01/28

日常(2006年1月28日)

 休日.朝一番で定期通院のあと,ディーラーに行って法定12か月点検.ついでに過日こすったところに色塗り.凹んだところは「4,5万かかる」というので今回は見なかったことに(-_-;).
 午後は食料調達と日用雑貨購入,レポート・テストの採点など.採点が苦手なので,助手が欲しいところ(>_<).取り敢えず,何とか形はつける.点数付けてみると,それなりに収まるところに収まるのが不思議と言えば不思議.

 毎日新聞【カメラ業界:フィルム事業縮小…愛好家に波紋】銀塩35ミリ原理主義者としては,キャノンに何とかがんばって欲しいところです.デジカメなんてつまらない(^^;).

 東京新聞【調査で捕獲増えたけど… 鯨肉在庫10年で倍増 水産庁】もっとみんなで鯨肉を食べましょう( -_-)=○()゜O゜).

« モーツァルト/交響曲第40番 | トップページ | マーラー/交響曲第3番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「美しく生きた人の話」
タイトルが秀逸
貸出もういいよ派であれ,もっと派であれ,もう御大に頼ってはだめだす。タイトルのつけかたに感動しただす。わちきは中間派というか,彼の業績は認めつつも彼の負の遺産をも十二分に認めるんで,なおさらあなたのタイトルに感じ入りました…

>>書物奉行さん

 ありがとうございますm(_ _)m
 「素朴なものを信じて美しく生きた人の話」というタイトルは,僕の大好きなフレーズのひとつ,辻井喬の詩「不確かな朝」に出て来る「素朴なものを信じて美しく生きた人の話が聞きたい」から採ったものです.現在の時点で僕が『図書館の発見』初版から受けた印象を表す言葉として,皮肉でも何でもなく,パッとひらめいたものでした.

 僕は「(公共図書館の仕事は)貸出だけじゃないだろ派」とでも言うべきスタンスなので,「貸出もっと派」のあまりに素朴な社会観というか世界観には,いささかうんざりしてます.

 公共図書館は世界の中心ちゃいますがな(^^;).

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2006年1月28日):

« モーツァルト/交響曲第40番 | トップページ | マーラー/交響曲第3番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ