2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年1月8日) | トップページ | チャイコフスキー/交響曲第6番 »

2006/01/08

チャイコフスキー/交響曲第5番

チャイコフスキー/交響曲第5番ホ短調作品64@セルジュ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィル(EMI:5 56522 2)

 正味57分強,という微速漸進主義の恐ろしく粘着質な演奏.ブルックナーの場合はミュンヘンに来てから演奏がさらに遅くなったが,チャイコフスキーはシュトゥットガルト放送響の頃からこの程度にはテンポが遅かった.NHK-FMで放送されたシュトゥットガルトとのチャイコフスキーの演奏(確か第5番)も55,6分かかっていたと記憶する.
 で,僕はあるとき柴田南雄がチェリビダッケを評論した一文を読んで以来(もう30年近く前のこと),チェリビダッケの流儀はあまり好きではないのだが,録音嫌いのチェリビダッケの死後,ミュンヘン・フィルを指揮した一連の録音が正規に発売され,チャイコフスキーの第5番とシューベルトのD.944の録音が世に出たことは,この2曲のとっても僥倖であったし,僕のチェリビダッケ観に若干の修正を迫るものでもあった.チェリビダッケのブルックナーがダメな方でも,この2曲の録音は聴いたほうがいい.

« 日常(2006年1月8日) | トップページ | チャイコフスキー/交響曲第6番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー/交響曲第5番:

« 日常(2006年1月8日) | トップページ | チャイコフスキー/交響曲第6番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ