2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年1月10日) | トップページ | 日常(2006年1月11日) »

2006/01/10

ドヴォルジャーク/交響曲第9番

ドヴォルジャーク/交響曲第9番ホ短調作品95@近衛秀麿/読売日本交響楽団(プラッツ:PLCC-743)

 日本においては西洋クラシック音楽の果敢な紹介者であり,ヨーロッパにおいては日本人指揮者として最初に名声を博した,「フルトメンクラウ」こと親方(お屋形)・近衛秀麿(1898-1973)が晩年に残したセッション.『フィルハーモニー雑記』(音楽之友社)などの著書を繙いても感じることだが,近衛秀麿はとことん「啓蒙」のほとであった,という印象が僕には強い.この録音がスタイリッシュなひとだったらしい近衛には意外なほど泥臭い雰囲気を醸し出しているのも,ひょっとすると「ドヴォルジャークとはこーゆー作曲家なんですよ」という啓蒙のなせる業だったのかしらん?

« 日常(2006年1月10日) | トップページ | 日常(2006年1月11日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルジャーク/交響曲第9番:

« 日常(2006年1月10日) | トップページ | 日常(2006年1月11日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ