2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« サン・サーンス/交響曲第3番 | トップページ | 日常(2006年1月24日) »

2006/01/24

遅配続く「図書館雑誌」

 さて,ようやく「図書館雑誌」2006年1月号(100巻1号)届く.書物奉行さんが1月19日にネタに上げているというのに,今日は1月24日ですよ(-_-;).この情報格差はいったい何なのさ,と「図書館雑誌」の発行元に苦情のひとつも言いたくなるわ.東京23区内で同じ日に発送すれば,都区内と郡山なら同じ日に届くはずだ.小泉純一郎の「改革」同様の地方切捨て路線が図書館業界でも進行中なのかな?
 ホントにこの「遅配」現象,どう考えているんですか>>日本図書館教会協会さま.

 内容についてはひとつだけ,書物奉行さんも取り上げたコラム「エプロンとハイヒール」(4頁)のこと.
 「図書館とエプロン」論争は,10年位前に別のところでも見かけたし,現在も某所で進行中のようですが,基本的には「したいひとがしたい格好をしておくれ,但しオシャレ心を忘れずに」(^^;).ドレスコードは大切だし,エプロン&スリッパな図書館員(=公務員)は「親しみやすさ」とは別の次元の話だろ,と.
 件のコラムを読むと,図書館員のエプロンは,現在の公共図書館業界にはびこる「反知性主義」の象徴にも思えてくる.

 もっとも僕個人は正直,服装なんかどうでもよく(^^;),それでも女子学生ばかりの勤務先ではみすぼらしい格好も出来ないから,ユニクロで安価なジャケット購入して,多少はカジュアルな雰囲気で仕事.「ネクタイと門閥制度は親の敵」「打倒ドブネズミルック」なので,ネクタイはせずにベストでごまかしてますよ(^^;).

« サン・サーンス/交響曲第3番 | トップページ | 日常(2006年1月24日) »

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38016/8320581

この記事へのトラックバック一覧です: 遅配続く「図書館雑誌」:

» 図書館員にふさわしい格好とは?/コンビニ図書デリバリーサービス廃止か? [Tohru’s diary]
・書物蔵 2006.1.19・愚智提衡而立治之至也「遅配続く「図書館雑誌」」 私も岐阜県図書館に勤務となった時は、特に男性職員のエプロン姿に違和感を覚えました。ネクタイしていないことも影響しているのでしょうが、実は自分が男である故に「男エプロン」を拒絶してただけかも…。 結局、自分は図書館時代を、あまり客の来 ...... [続きを読む]

« サン・サーンス/交響曲第3番 | トップページ | 日常(2006年1月24日) »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ