2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ブルックナー/ミサ第3番 | トップページ | 分類に関する独り言 »

2006/01/17

日常(2006年1月17日)

 神戸新聞【震災11年
 阪神・淡路大震災は,いろいろな意味で僕の転回点になりました.大きな自然災害について,このblogが多少なりともこだわっているように見えるとすれば,それも阪神・淡路大震災が起因でしょう.
 あのとき,結果的に何も成し得なかった悔恨は今も,僕の心にあります.

 仕事.文献複写依頼,大量に出せば大量に返って来る道理(^^;).午前中はそれで忙殺される.午後は演習と細々した文書整理など.

 日刊スポーツ【小沢章一さんがんに死す】,デイリースポーツ【早実の名二塁手・小沢さん死去】Webで一報を目にしたときは,我が目を疑いました.去年の夏の高校野球千葉県予選を伝えるニュースの片隅に「病気療養中」という文字があったような記憶はありますが・・・・・・・・・.まさか,こんなに早く逝ってしまうとは.だって,まだ監督として甲子園に出場してないじゃないですか.それなのに(sigh).
 あの,早稲田実業・荒木大輔が無失点記録を続けていた昭和55年夏の甲子園の決勝は,横浜・愛甲猛とのアイドル対決でしたが,それはまた横浜・安西健二と早実・小沢章一の名二塁手対決でもありました.小沢章一の守備は素人目にも垢抜けした,センスのいいものだったことを記憶しています.
 その後,高校野球の監督になったと聞き,何時か必ず甲子園に戻ってくると信じていたのですが・・・・・・・・・.僕より1年年長,ということはカミさんと同年ということで,あまりにも早すぎる死でした.

« ブルックナー/ミサ第3番 | トップページ | 分類に関する独り言 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2006年1月17日):

« ブルックナー/ミサ第3番 | トップページ | 分類に関する独り言 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ