2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »

2005年12月25日 - 2005年12月31日の記事

2005/12/28

日常(2005年12月28日)

 仕事.大掃除に仕事納め.12月とは思えぬ寒さに,窓拭きは中止し障子紙貼りの試験に切り替える.勤務先では,図書館には珍しくカーテンの代わりに障子を使用している箇所があるのだが,この障子が特殊な紙を使用しているためなんだかんだで7~8年ほったらかし,今やところどころ破れ障子(-_-;).ここは「人情紙風船」の貧乏長屋か昭和30年代のスポ根漫画の裏長屋か,という状況になりそうだったので,フツーの障子紙の在庫を見つけたのをこれ幸い,と紙貼りの試験をしてみる.夕方には上手く貼れたようだったので,新年早々大規模に紙貼りを実施する予定を立ててみる.
 夜は忘年会.思うところあり,クルマで出かけて飲まずに帰ってきたのだが少々後悔(>_<).来年は飲むぞ,と思ったり.しかし,仕事納めの日に忘年会を設定するのは勘弁して欲しいもの.

 〈愚智提衡而立治之至也〉今年はこれで更新終了します.来年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m 2005年もお世話になったみなさまに,この場を借りて御礼申し上げます.ありがとうございました.
 今年は,社会的には酷い事件事故が続発したのが心に痛く,また公的にはシステムの換装など少々大変な1年でした.まあ,私的にはなかなか良い年だったと思います.いいことをいろいろ思い出せるし,blogにバカバカしい言いがかりは少なかったし.去年の前半を思えば,今年は某blogからの侮蔑程度で済んでホントによかったよかった,です(^^;).
 みなさまもよいお年をお迎えください.2006年がここを読んで下さっているみなさまにとって良い年になりますように,心から祈ってます.

クリスマスマイフェバリット3

 1年の締めくくりに,ちょっと遅くなりましたが【右腕をきたえたい:メリークリスマス】で見つけた〈クリスマスマイフェバリット3〉(仮称)に答えてみます.

クリスマスに聴く音楽 お気に入りの3曲
1)ヘンデル/オラトリオ〈メサイア〉
2)ベートーヴェン/交響曲第9番
3)山下達郎/クリスマス・イブ

 うーん,3曲ともあまりにベタ(^^;)ですか.

クリスマスに読む本  お気に入りの3冊

 これは特に無し.「強いて挙げる」ことさえ出来ないです,ゴメンなさい.

クリスマスのすごしかた 夢の3タイプ
1)J.S.バッハの〈クリスマス・オラトリオ〉の生演奏を教会で聴いて過ごす
2)たったひとりで〈SENDAI光のページェント〉を占拠して,光の下でケーキを食べ酒を呷る
3)もうひとつあることはあるのですが,恥ずかしくて書けませぬ(^^;)

クリスマスに食べたいもの お気に入り3メニュー
1)とりのもも焼き
2)何でもいいからケーキ
3)美味しいお酒(和洋問わず)

今年のクリスマスに欲しいもの3つ
1)新しいパソコン
2)カメラ.キャノンのEOS7s
3)新しい靴

 この3つ,手に入ったものはありませんでした(^^;).また来年.

マーラー/交響曲第10番

マーラー/交響曲第10番嬰ヘ長調(レモ・マゼッティJr.による補筆完成版)@レナード・スラットキン/セントルイス交響楽団(BMG:09026 68190 2)

 クック版にところどころアクセントとフェイントをかけたように聴こえる補筆版(^^;).
 僕は一時期,大晦日にはこの曲を「ゆく年くる年」代わりに聴いていたことがある.当時はまだLP時代で,第10番の補筆全曲版の録音はクック版によるウィン・モリス/ニュー・フィルハーモニアのもの(僕が持っているのはフィリップス:15PC-192/193)しか存在せず,僕はそのLPを高校生の頃手に入れて,いささか無表情だがひたひたと流れる大河のような演奏が意外によくて,繰り返し聴いていた.今時のように数種類の補筆版をCDで聴き比べることなど,とても想像できない(sigh)時分のことである.
 でも,何故この曲が「ゆく年くる年」に相応しいと思ったのかは,実のところあまりよく覚えていない(^^;).

2005/12/27

日常(2005年12月27日)

 仕事.毎日寒い(-_-;).学生が休みに入って来館者が少ないせいか,暖房の効きが悪く,室内で仕事しているのに手がかじかむ.机上の理屈では充分な暖房機材なんだろうけど.公式サイトの手直しと追加を主に.Acrobatを入手したので,溜まっていたPDFでサーバに上げるべき文書を,一気に片付ける.

 日刊スポーツ【11時間1人でボウリング、料金踏み倒し】記事に曰く「スコアは平均約150台。終盤になっても120-130台だった」ボーリングは好きですがスコアはよくても120くらい,僕のこれまでのスコアの平均は恐らく100前後だと思う.還暦にしてこのタフネスぶり(^^;),って感心していちゃいけませんが.

 読売新聞【「自由学園」類似商標、特許庁の審決取消し…知財高裁 】メモ.

ショスタコーヴィチ/交響曲第5番

ショスタコーヴィチ/交響曲第5番ニ短調作品47@クルト・ザンデルリンク/ベルリン交響楽団(ベルリン・クラシックス:BC2063-2)

 ザンデルリンクのショスタコーヴィチはあまり注目されないが,僕はザンデルリンクの録音に言及しないショスタコーヴィチの交響曲録音評は信用しないことにしている.ムラヴィンスキーやコンドラシンの旧ソ連→ロシアの流れとも,旧西側の流れとも随分異なる古風な感じの,ある意味「異形」のショスタコーヴィチだが,その古風な引き締まった造型と枯れた音色は,ショスタコーヴィチ演奏において全く独自の芸風を打ち立てることに成功している.

2005/12/26

日常(2005年12月26日)

 仕事.出張で2日留守にしただけで,何故僕に机の上には書類やらメモやら荷物やら,こうも積みあがるんでしょ(-_-;).午後1番まで,その整理で時間が潰れてしまい,その後も出張の復命書作成までで時間切れ.結局,荷物の開封をひとつ積み残した.まあ,これは意趣返しでもあるのだが(^^;).

 毎日新聞【フィギュアスケート:全日本選手権 トリノ五輪代表決定(その1) 女子、混戦】まずは五輪代表になった選手諸君にCongratulations! 織田君には気の毒な結果になってしまったけど,僕は高橋君のファンなのでトリノでは是非がんばって欲しいと願ってます.
 ときに浅田真央が年齢制限のため五輪代表の選から漏れたことについて,世間では大騒ぎだったようですが,こればっかりは規定は規定,でしょう.「法のために人がいるのではなく,人のために法があるのである」とか「大岡裁き」という言葉は,今回のようなケースで使うべき箴言では無いでしょうね.もしもここで,日本が「ウチには五輪でメダルを狙えるガキがいるから」と規定の特例をごり押ししてでも求めることになると,五輪で日本代表が表彰台に上がるのを見たいナショナリスト諸君は,結果的に法治主義ならぬ「人治主義」の中国共産党を笑えなくなってしまうんじゃないのかな(^^;). 
 それとも,「悪夢のバネ仕掛け人形」タラ・リピンスキーの再来を許してもよろしい,とでも(^^;).僕は女子フィギュアスケートが女子体操の如く,成長不良の気の毒な女の子の見本市と化すことを望みません.女子フィギュアは,本来もう少し妖艶なものですよ(^^;).

ベートーヴェン/交響曲第9番

ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調作品125@レオポルド・ストコフスキー/フィラデルフィア管絃楽団(ヒストリー:203291-303)

 1934年RCA録音の復刻.一時期何処でも売っていた10枚組3000円ほどの,謎の復刻CD(^^;)である.録音年の割には鮮明な音で,さすがストコフスキーと言うところか.ストコフスキーには,晩年にフェイズ4録音で入れたロンドン交響楽団との録音(デッカ)もあるが,新録音の極彩色ではあるがヨレヨレの演奏に比べると,こちらはオーケストレーションへの手の入れ方もテンポも,それなりに引き締まった演奏を聴かせている.
 面白いのは終楽章の歌詞が英語で歌われていること.

2005/12/25

日常(2005年12月25日)

 休日.TYOへの出張と忘年会から帰還しました.忘年会では,素敵な素敵な贈り物いただきました.ありがとうございますm(_ _)m 今日,実家から帰宅するのに着てみましたが,とてもあったかかったですよ(^^;).
 明日から仕事,行きたくないですね(^^;).

 取り敢えず,出張で見聞した話をひとつ,忘れないうちに.
 2日間に渡って開催された,私立大学図書館業界関係の某集会に出席してきました.大学図書館におけるリテラシー教育に関する報告の後,場内への「質問は?」との声に立った某氏,大略「大学図書館がこれまで正しいことをやってきた,という前提で話しているようだが,偏差値38の大学と,学生が自発的にやる気のある大学じゃ情報リテラシーと言ってもやることが違うんじゃないか.学生に『静かにしろ!』と言わなきゃいけない大学で『情報リテラシー』と言っても絵に描いた餅じゃねーか.それに『教育』って言うからには,図書館員が大学の教員と同じレベルのことをやるってことだろ.出来るのか?」と噛み付いた.あまりに場違いな(場の空気を読んでない)発言に,満場水を打ったように静まり返りました.さすがに場内の別の方が,フォローのような感想を発言されてその場は収まりましたが,それにしても.

 余程ひとこと言ってやるんだったか(^^;).「僕は偏差値38の大学の図書館から来ましたが,あなたにひとこと申し上げておきます.大きなお世話だ,と.学問的なレベルの高さを謳われている某大学の図書館で僕は『利用した本は元の場所へ戻してください.あなたの良心が見ています』という意味の張り紙を見たことがあります.あなたを見ていると,なるほど偏差値のレベルは人間のレベルとは関係無いようですね.」

ヘンデル/メサイア

ヘンデル/オラトリオ〈メサイア〉HWV56@トレヴァー・ピノック/イングリッシュ・コンソート(アルヒーフ:F64A20034/20035)

 Merry Christmas!
 みなさん,よいクリスマスをお過ごしですか(^o^)/.ビックリ箱のように,華やかで軽やかなピノックの〈メサイア〉で,今日は明るいクリスマスを演出します.

12月のギャラリー

IMG_000555

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ