2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2005年12月4日 - 2005年12月10日 | トップページ | 2005年12月18日 - 2005年12月24日 »

2005年12月11日 - 2005年12月17日の記事

2005/12/17

日常

 休日.朝からデコ屋敷に行き,恒例になった干支の張子を入手.参考【来年の主役「わんこ」一新/郡山のデコ屋敷人形作り最盛期】僕もここで買う.
 一旦帰宅して,更に買い物いくつか.近所のカワチ薬品(小山市が本社だ(^^;))で生活雑貨をあれこれ漁るが,ここは何でも扱っているのね,と今更のように驚いたりあきれたり(+_+).

 締め切りが迫っている原稿を,先程書き上げてカミさんにFAXしたら「難しすぎる」と却下された(-_-;).先日短大の演習でしゃべった目録の話(RedLightGreenのこととか)をそのまま起こして35分で書いた文章だったが,対象が高校生なので,もう少し読んでもらえる原稿を書くように,との由.でも「現場の話」を書くと100%愚痴になるから書きたくないんだよね(-_-;).日本図書館協会が出した【著作権法第31条の運用に関する2つのガイドライン 】の話でも書こうかな(ボヤボヤしているうちに図書館系blogとしてはすっかり出遅れてしまい,ここではちょっと書きにくくなってしまったような).
 著作権と言えば,有斐閣のPR誌「書斎の窓」2005年12月号に松田政行「大学教育における文献の利用と著作権・出版者の権利(上)」(p28-34)という文章が掲載されています.取り急ぎご紹介まで.
 昨今の著作権を廻る動向については正直なところ,法律の文章と現実との乖離の埋め方をどうしたらいいのか,図書館の現場を差配している身として,権利者から無理難題を突きつけられているような気分です.

モットーバトン

 〈右腕をきたえたい〉さんで【モットーバトン】というものを見つけたので,拾ってみます.

1.モットー、なに?
 何だろう(^^;)? 「好きな言葉」なら「素朴なものを信じて,美しく生きた人の話が聞きたい」(辻井喬)とか「伝統とは怠惰のことである」(グスタフ・マーラー)とか「もっともよい復讐の方法は自分まで同じような行為をしないことだ」(マルクス・アウレリウス・アントニヌス)とか,いろいろありますが.
 あ,これかな.「断じて行えば鬼神もこれを避く」

2.一番楽しい瞬間
 気の合う仲間と,美味しいものを食べ,自分の好きなことについて刺激的な会話を繰り広げているとき.もしくは,ひとりで好きな音楽を聴きながら,あれこれ思いを廻らせているとき.

3.こうなってほしい世界
 「問いを発すること」が,他の誰かによって妨げられることの無い世界.詳しくはアイザイア・バーリン『ある思想史家の回想』(みすず書房)を参照のこと(例えば208頁など).そういえば先日来,アイザイア・バーリンの『自由論』(みすず書房)を参照したくて探しているのに出て来ない(>_<).この狭い部屋の中で,あのぶ厚い本を何処にしまいこんだのやら.

4.モットーバトンをまわす5人
 欲しい方,お持ちくださいm(_ _)m

チャイコフスキー/胡桃割り人形

チャイコフスキー/バレエ「胡桃割り人形」作品71@ヴァレリー・ゲルギエフ/キーロフ管絃楽団(フィリップス:462 114-2)

 季節モノ.12月のバレエ上演の定番である.これはその「胡桃割り人形」全曲が1枚に納められているお得なCD(^^;).確か,チャイコフスキーの別のオペラと一組で一晩のプログラムとして構想されていたものなので,もともとバレエにしては時間が短い作品なのだが,それにしても「このテンポでは踊れないのでは?」とバレエに詳しい同僚はおっしゃる.
 しかし,古典的なバレエ音楽はチャイコフスキーのメロディストとしての才能をもってしても,音楽だけ聴いていたのではあまり面白くない.「胡桃割り人形」はまだしも,長大な「眠れる森の美女」はCDで音楽だけ聴いていても,何が面白いのかさっぱりわからない(^^;).結局「眠れる森の美女」は同僚にビデオを借り映像で見て,はじめて「なるほど」と思うところがありましたが.

2005/12/16

チャイコフスキー/交響曲第6番

チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調〈悲愴〉作品74@ピエール・モントゥ/ボストン交響楽団(BMG:BVCC-8941/8942)

 少々速めのテンポで,あまりタメを作らずに進む演奏だが,歌心にも欠けていない,バランスのとれた好演.

日常

 仕事.ただひたすら黙々と(?)目録作成に勤しむ.
 今年はここ数年になく,大型(!)の延滞が目立つ.毎年,同じように資料を貸して同じように督促をかけているはずなんだけど,今年はいったいどうなっているんだろう.きょうび小学生だって,あんな見え透いた言い訳はしないと思うんだけどねえ(-_-;).

 読売新聞【宮城県の私立高14校が“定員調整協定”公取委が警告】,河北新報【公取委、宮城私中高連に警告 定員超過高校への罰則で】メモ.
 

仰木彬死去

日刊スポーツ【仰木さん死す、がんと闘い1年指揮】【仰木さんしのび、ベンチに花束
スポニチ【イチロー、野茂育てた名将 仰木氏死去
サンスポ【オリックス前監督・仰木彬氏が急死…野茂、イチロー育ての親】【もう一度戦いたかった…楽天・野村監督が仰木さんを悼む
デイリースポーツ【前オリ監督 仰木彬氏死去
毎日新聞【仰木さん死去:「おれの目を見て判断せいや」
産経新聞【【評伝】仰木前監督死去 生涯“野武士”貫き 「三原マジック」継承
西日本新聞【仰木彬前監督が死去 中間市出身 近鉄、オリックス指揮 70歳】【仰木前監督死去 遊び心持つ勝負師 偉才育てファンに夢
神戸新聞【仰木マジック神戸魅了】【被災地に夢と勇気「がんばろうKOBE」】【指揮の裏、壮絶な闘病 仰木前監督死去

 今朝,目覚めにテレビを点けたら,いきなり飛び込んで来たのが「仰木さん死去」のニュース.つい先日までグラウンドに立っていたひとが,まさかこんなに早く亡くなるとは思いもよらなかった.見事な引き際,と言うにはいささか早過ぎる.

続きを読む "仰木彬死去" »

2005/12/15

日常

 仕事.朝イチの演習で,1年生のなかなかな発表を連続して拝聴する.あれで質疑応答の時間が取れればもっとよかったのだけど,まあそれは別の機会にしましょ(^^;).「多文化サービスと多言語サービスはどう違うの?」とかツッコミを入れたかったのですが(個人的には,日本の図書館業界で「多文化サービス」をすすめている方々が,どれだけ日本国内の地方ごとに文化が違うことを踏まえているのか,彼らの言動に接するたびに不安をおぼえるもので).
 その後は目録作成したり,力仕事に狩り出されたり(-_-;).

 【EDITOR NAVI:読者に読まれて、初めて本となる】編集者の方はこれでいいのかもしれないけど,公共だろうが大学だろうが図書館員は間違っても「読まれない本は本じゃない」と言ってはいけない,と思う.図書館員が相手にしているのは「今日の読者」だけではないはずなのだから.

 毎日新聞【いすみ鉄道:廃食油を再利用し運行 千葉の3セク実験開始】メモ.

 宮崎日日新聞【TR全線復旧を断念 部分運行は20日判断】ちょっと遅くなりましたが,メモ.何とか,部分運行だけでも復旧できないものだろうか.

ドヴォルジャーク/交響曲第9番

ドヴォルジャーク/交響曲第9番ホ短調作品95@ポール・パレー/デトロイト交響楽団(マーキュリー:434 317-2)

 併録のシベリウス/第2番と共に,パレーの実力を確認できる素晴らしい1枚.ほとんどタメやシナを作らず快速に進んでいく音楽だが,その中に何とも言えぬニュアンスが明滅する.デトロイト交響楽団も絶好調.パレーの速いテンポに一糸乱れず付いていく様は壮観である.

2005/12/14

日常

 今日は赤穂浪士の討入の日,と巷間言われているけど,厳密に言えば今日じゃない.あれは陰暦の12月14日なので,現在使われている陽暦ならば2月半ば過ぎになるはず.だから江戸でも雪が降っていたのですよ(^^;).

 仕事.恥ずかしいので詳細は省くが,システム換装の際に初期投資をケチったツケがここで回ってきた(-_-;).しかもケチったのは僕じゃないのに,僕の仕事に支障が出るというのはどういうことであるか.ちょっとうんざり.
 そして相変わらず水曜の午後は演習で接続が集中するため,ネットの速度が極端に落ちてCATさえつながらない.それでもせこせこと目録作ったり,ちょこまかと動いてみたり.

 毎日新聞【禁煙とたばこ:1箱500円なら51%が「やめる」】煙草の値段は,一箱1500円くらいでもよろしいのでは,と思います.喫煙は,趣味と美意識の問題なんだろうから.

 東京中日スポーツ【楽天VSカラスコ、交渉決裂 ヤクルト移籍か】,河北新報【カラスコ不満 交渉決裂 ゼロ回答に怒り爆発】あれこれスポーツ紙のサイトを読み比べて,トーチュウの記事がネットでは一番詳しかったかな(^^;).カラスコのネタを見聞するのは,上田馬之助などというひとが元気だった頃の,いにしえの古き良きプロレスの話を聞いているようなモノである(^^;).ああいうエンターテインメント系のプロレスネタが楽しめたプロ野球ファンなら,カラスコのネタも面白がってもらえるだろうが.

シューベルト/グランド・デュオ

シューベルト/4手ピアノのためのソナタ ハ長調D.812“グランド・デュオ”@ヤーラ・タール&アンドレアス・グロートホイゼン(SONY:SRCR 1677-1678)

 シューベルトは生涯に35曲ほどの4手ピアノ曲を書いているそうだ.D.1を付されている幻想曲ト短調(13歳のときの作品)から亡くなる年に書かれたイ短調のアレグロ“人生の嵐”D.947やロンド・イ長調D.951まで,ほぼ毎年4手ピアノ曲を書き続けた.中でもこのソナタD.812は演奏に約40分かかる大作であり,4手ピアノ曲としてはまず傑作の部類に入るのではないか,と僕は思う.音楽之友社から出版されている「作曲家別名曲解説ライブラリー」の『シューベルト』に,この作品が収録されていないのは間違っている(^^;)んじゃないか.
 その規模ゆえに交響曲の草稿ではないか,という疑いをかけられ,これこそ失われた“グムンデン・ガシュタイン交響曲”D.849であるという説まで出る始末(^^;).ついにはヴァイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムがこの曲をオーケストレーションした版まで登場した.クラウディオ・アバドがヨアヒム版を録音しているが,原曲を聴きヨアヒム版を聴いてみると,素人の耳にも明らかにピアノを前提とした趣向がこの作品には施されているのが聴き取れる,と思うのだが.

2005/12/13

日常

 昨晩は,レポートの採点が時間切れで,来年に回すつもりだった内容で急遽新しい資料を作成していました(-_-;).ダメ講師です,ハイ.

 仕事.目録作成をボチボチと.途中,コピー依頼が数件.午後は打合せと演習.演習は昨晩作った資料をもとに,ほぼ70分しゃべり通す.来週は年内最終週の最終日の最後から2コマ目だもの,お茶会にする.いい加減「上から」しゃべるのにも疲れたし(^^;).もう少しざっくばらんに学生と話がしたい.

 【同志社大学:学生の皆さんへの緊急声明】某新聞のコラムニストのように,ここぞとばかりに図に乗って「正義」の旗を振るような輩には反吐が出る思いだが,今回の事件は末端とは言え,大学教育の現場にいるものとしても他人事じゃない.

ヘンデル/メサイア

ヘンデル/オラトリオ〈メサイア〉@トーマス・ビーチャム/ロイヤル・フィル(BMG:09026-61266-2)

 1959年録音.かのユージン・グーセンス編曲版〈メサイア〉の怪演(^^;)である.グーセンス(1893-1962)はイギリスの指揮者で作曲もしたひと.第二次世界大戦前後に結構な量の録音を残し「サー」の称号まで貰っている.60歳を過ぎてスキャンダル(オーストラリアからの帰路,ヒースロー空港の税関でポルノ雑誌(^^;)を持ち込もうとしたのが発覚)で逼塞する羽目に陥ったのを友人のビーチャムが気の毒に思ったのか,この編曲を依頼したという話がある.
 とにかく派手にモダン・オケを鳴らした壮麗な編曲.特に語り草になっているのが第2部の終曲,言わずと知れた「ハレルヤ・コーラス」で,古楽で聴きなれたひとが聴いたら笑い出すか,のけぞること請け合い(^^;).ビーチャムのテンポにも独特のものがあり,大時代なリタルダンドが聴かれる一方,意外な曲が快速に運ばれたりする.
 なお,この録音はLP当時から,8曲ばかりが全曲に含まれず,最後に一括して補遺(Appendix)として収録されている.僕はこの補遺を,全曲のしかるべき場所に復元して聴いているけど,補遺にこれらの曲が回されたのはどういう理由からなんだろう.

2005/12/11

日常

 休日.年末の準備に東奔西走.クリスマスとかお歳暮とか.印刷物作っていたら,プリンタのインクが足りないのが夕方になって発覚し,慌てて買いに走って交換したら別のインクも「不足」と出やがる(-_-;).どうせなら同時に表示してくれよ>>インク不足.

 昨日タイヤを交換してスタッドレスに履き替えたら,途端に燃費が悪くなる(-_-;).さて,どうしたものか.

« 2005年12月4日 - 2005年12月10日 | トップページ | 2005年12月18日 - 2005年12月24日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ