2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2005年10月30日 - 2005年11月5日 | トップページ | 2005年11月13日 - 2005年11月19日 »

2005年11月6日 - 2005年11月12日の記事

2005/11/12

日常

 休日.午前中は定期通院.何もしてないのに数値が悪い(-_-;).午後は食料調達など.

 毎日新聞【雑記帳:大宝駅が駅舎改装、受験生などに人気 茨城・下妻】記事中に出て来る大宝八幡宮は,南北朝時代の戦場になった大宝城の故地に立つ.大宝城については,こちらを参照(^^;).

 毎日新聞【雑記帳:ロールケーキ列車、初運行 北九州モノレール】ひゃあぁ~(^^;).うらやましい.

出て来い,貸出至上主義者たち(^^;)

 巷で偶然,見かけた公共図書館へのご意見をご紹介.

404 Blog Not Found:図書感は図書館で磨かれる
mtchiba world:図書館有料化はいかが?

思うに,彼らの疑問や意見に答えるのが,『市民の図書館』をバイブル視する日本図書館研究会図書館問題研究会を拠点に活動する貸出至上主義者の面々の責務じゃないかと.彼らの認識は,あなた方の活動の落とし子なのですから.

早坂文雄/ピアノ協奏曲

早坂文雄/ピアノ協奏曲ほか@岡田博美&ドミトリー・ヤブロンスキー/ロシア・フィル(ナクソス:8.557819J)

 近頃書籍(『黒澤明と早坂文雄』筑摩書房)も出版されて,時ならぬルネサンスが起こりつつある気配の早坂文雄(1914-1955).G.C.W.氏は随分前から,早坂の遺作となった交響的組曲〈ユーカラ〉のCD(山田一雄/日本フィル,フォンテック:FOCD3162)を所持しているが,これは曲がダメなのか演奏がダメなのか相性が悪いのか,何度聴いてもつまらない.このピアノ協奏曲も,常々ナクソスの〈日本作曲家選輯〉を応援しているから購入したようなもので,あまり期待はしていなかったのだが,聴いて吃驚,である.〈ユーカラ〉の如き「しんねりむっつり」が身上だとばかり思っていた早坂の絶対音楽に,ピアノ協奏曲のような作品があるとは思いもよらなんだ.ただこの方面は,のちに芥川也寸志などが全面展開する作風でもあり,この方面に見切りをつけて早坂独自の「しんねりむっつり」の世界を構築したことが,後の世代の作曲家たちに多大の影響を及ぼす結果になったとも思われるので,これが早坂の世界を十全に表現した作品かと言われると,多少の疑問符はつくのかもしれぬ.
 傑作と噂される〈キャプリツィオ〉が聴きたい.

パターナリズム

DORAの図書館日報: 今日のひと(他人)言

 G.C.W.氏は,もう15年くらい前から「公共図書館におけるフィランソロピー的機能」ということを考えていましたが,相手に対する悪意と敵意をあからさまにする人間が彼我の業界に少なからず存在しているのが難で,どうしても説得力に欠けるんですよね(^^;).どちらがニワトリでどちらがタマゴなのかはともかく,公共図書館業界にも文壇・論壇や出版・流通を敵視し罵倒する保守的・図書館原理主義的な輩は少なからず存在します.今回の「共同声明」がそういう保守派や原理主義者を勢いづかせることは間違いありません.

 今や図書館業界では今回の「共同声明」に対し,立場の如何を問わず批判する声が高まっているように見受けられます.少なくとも,諸手を上げて賞賛しているヒトは図書館業界には管見の限りお見かけしません(^^;).何故このような事態に立ち至ったのか,少なくとも文章を生業としている方ならおわかりのはずです.あの声明文から読み取れる如く,自らの著作を「消費財」としてしか捉えることの出来ない輩に,どうして「文化」という言葉を使用して公共図書館を非難する事が可能なのか,共同声明に名を連ねる5団体に籍を置かれる方々は,もう一度よくお考えになっていただくことをお勧めします.

 しかし考えてみると,業界保守派の「貸出至上主義」というのは,お役所が住民に対して示す「パターナリズム」の典型でもあるのですが,今回の「共同声明」はパターナリズムを攻撃するのに別種の「パターナリズム」を以って当たっているわけで,これでは上手くいくはずもありませんね(^^;).【Copy & Copyright Diary - 声明を読んで】でも,その「たかりの構図」が厳しく指弾されてますが,自らお役所のパターナリズムの傘の下に入ろうと擦り寄るその姿勢には,「文化」をも自らの利益のダシにしようとする品性の卑しさを感じずにはおれません.

2005/11/11

私的録音保証金

朝日新聞【私的録音補償金、携帯プレーヤーへの適用2年間は見送り
読売新聞【iPodなどの「補償金」上乗せ見送り…文化審議会

 まあ,今のところ権利者側の主張には説得力が無いということですね.現行の私的録音保証金制度は「時代遅れ」というよりも,最初から欠陥があったんじゃないでしょうか.
 2年後に決着が先送りされたわけですが,これからも権利者側のゴリ押しを打倒すべく声を上げていきましょう.

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73@アルトゥーロ・ベネディッティ・ミケランジェリ&カルロ・マリア・ジュリーニ/ヴィーン交響楽団(DG:POCG-20064)

 ミケランジェリとジュリーニが解釈をめぐって衝突し,ピアノ協奏曲全集が頓挫する原因を作った録音.第1楽章の展開部あたりから丁々発止の火花が散り,テンポの噛み合わない箇所が出て来る.それでも破綻せずに協奏するのは,さすがに大家の手合わせ.

日常

 仕事.日がな一日,目録作業.このところお客が少なくてちょっと不安.とは言っても,テコ入れも難しいところ.相手は本を読まないのではなく,本が読めないのだからね(sigh).

 読売新聞【重文普賢菩薩像の花飾り盗まれる…京都・岩船寺】バチ当たりめが(-_-;).

 まったく,吉川英治の『三国志』と『三国志演義』を同一視するのは勘弁して欲しいもの(^^;).吉川『三国志』には,日本の読者の感性に合わせた「せせこましさ」が気になって仕方が無い.〈三国志〉の世界は吉川英治が描くそれよりも,もう少し剛毅で残酷で気宇壮大なものですよ.

2005/11/10

「共同声明」の話続き

 例の「共同声明」ようやく本文日本文藝家協会のサイトに掲載され,その全貌が明らかになりました.一方,図書館系blogで取り上げるところも出て来てます.

DORAの図書館日報: 共同声明:図書館貸し出し補償求める 文芸家協会など

日々記―へっぽこライブラリアンの日常―: ソーシャルブックマーク的覚え書き

Copy & Copyright Diary - 文藝家協会らの声明
Copy & Copyright Diary - 文藝家協会らの声明 追記

Library & Copyright: 文芸5団体の公貸権関連声明(長くてすみません)

Verba volant, scripta manent.: 「図書館の今後についての共同声明」?

今回の声明が出された背景については,上にも挙げたLibrary & Copyrightの記事が詳しいです.

 で,勤務先でもこの話題を出してみたのですが,みんなの一致した意見が「自分たちの利益のために,公共図書館をダシにしているだけ」(^^;).共同声明に挙げられている要望のうち「③ 国家または公的機関による著作者等への補償制度の確立。」が唯一の目的であることは,火を見るよりも明らかであると.Library & Copyrightに拠れば,この声明の取りまとめの中心人物たちは,当初は日本図書館協会もこの声明に名前を連ねさせようと工作していたようで,何とも身勝手なことでありますね.

 しかし,三田誠広というヒトも無駄に行動的なのはさておき,これで本当に自分たちの利益が計れると信じているのでしょうか.徒らに余計なことばかり推し進めて,公共図書館も作家のみなさんも共々足元を掬われるような羽目に陥らなければいいのですが.

日常

 仕事.ひとコマ目の演習,行き違いがあって準備が整わず予定変更.これはウチのボスと学生の間の意思疎通にズレがあったからなので,まあ仕方が無い.そのあとはセコセコと新着図書受入を日がな一日.

 昨日も今日も,本田美奈子さん関係の新聞記事やテレビのニュースを見ると思わず涙ぐんでしまう.これまでそんなに好きなわけでも,動向に関心があったわけでもなかったのですが,それでもやっぱり哀しい.哀しすぎます.

 今日は何故か「図書館 ラフマニノフ 愚智」というフレーズで複数の検索が(^^;).

 読売新聞【鉄道博物館が着工、東京から埼玉に移転して衣替え】メモ.


 末にTYOでオフやるなんて言ったら,誰か来ます(^^;)?

チャイコフスキー/交響曲第6番

チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調作品74〈悲愴〉@イゴール・マルケヴィチ/ロンドン交響楽団(フィリップス:438 335-2)

 中学から高校にかけてよく出入りしたレコード屋の棚の,長年売れずに残っていたLPの中にマルケヴィチがフィリップスに録音したチャイコフスキーの第4番から第6番までの録音があった.廉価盤で1枚1300円だったのに,何故か買うひとも無くG.C.W.氏が何時棚をのぞいてもそのLPは置いてある.G.C.W.氏はその頃DG信者で,DG以外のLPには目もくれてなかったため,遂にそのLPは買わず終いで大学入学時にその町を離れた.いま,20年以上の時を経てそのLPを復刻したCDが我が部屋のコンポで鳴るのを聴くのは,いささかの感慨無しとしない.
 マルケヴィチの演奏は,そんな小さな感傷などハナから拒絶する峻厳なものだけれども.

「共同声明」本文

 ようやく「図書館の今後についての共同声明」の本文が日本文藝家協会のサイトに載りました.

「図書館の今後についての共同声明」
http://www.bungeika.or.jp/200511seimei-toshokan.htm

2005/11/09

日常

 仕事.目録採りを本格的に回し始める.今日はCATで参照MARC使って1件新しい書誌を作成.正直,換装したシステムの使い勝手がお世辞にもよろしくないので四苦八苦する(-_-;).あとで修正する必要が出て来るかもしれないな.
 先のエントリーでUPしたNIIの「書誌ユーティリティ課題検討プロジェクト」最終報告については,もう少し精読してから詳しくコメントしますが,部内で部下に回覧したら「これ,喧嘩売っているんですかね?」と言われる(^^;).そりゃこの報告の中で,私立大学図書館の評価が国立大学図書館に比べて著しく劣るのは,私大図書館に奉職している身としては納得いかんわな.
 首都圏の大規模大学図書館の論理だけを大上段に振り回されたのでは,地方私大の小規模館としてはやってられない部分が確かにあります.

 【筑波大学大学院図書館情報メディア研究科では,平成18年度から図書館経営管理コース(仮称)を博士前期課程に開設します】メモ.

今日の電話にて.
長女「ねーねー,本田美奈子って誰?」
G.C.W.氏「えっとね・・・.」
カミさん「ほら,〈レイアース〉の主題歌,歌ってたでしょ」
フォローをありがとうm(_ _)m

ラフマニノフ/交響曲第2番

 先日,オーマンディ盤を取り上げたら,ありがたいことに〈yurikamomeの日記と無手勝流思いこみ音楽ブログ〉さんからTBをいただいたので,悪ノリしてラフマニノフの交響曲第2番についてもう少し書きます.

 この曲は,全曲を覆う情緒纏綿たる厚ぼったい物憂げな雰囲気に入り込めるかどうかで,曲の好悪が別れるんじゃないでしょうかね.どこまでいってもメランコリックな夕映えのような音楽が続くので,耐えられないひともいると思います(^^;).

 個人的に一番好きなのはアレクサンドル・ラザレフ/ボリショイ交響楽団(エラート:4509-96360-2) .オケを泥臭くぶ厚く鳴らして「ロシア風」とはこういうものか,と思わせる好演.
 ラザレフとは反対の側からアプローチして好演しているのがロリン・マゼール/ベルリン・フィル(DG:419 314-2).ヴィーン・フィルとのマーラー(SONY)をはじめとして,その録音にほとんど感心したことのないマゼールですが,この第2番は分析的なラフマニノフ演奏としてはピカ1でしょう.ただし1番や3番ではダメダメなので,2番との相性がよかったのかもしれません.

 情緒纏綿たる音楽を展開していて意外にいいのがサイモン・ラトル/ロサンゼルス・フィル(EMI:TOCE-4015).意外にダメなのがヴァレリー・ゲルギエフ・キーロフ管絃楽団(フィリップス:438-864-2).録音が遠い上に味が薄くて話にならない.惜しいのはポール・パレー/デトロイト交響楽団(マーキュリー:434 368-2).美しさではシャルル・デュトア/モントリオール交響楽団(ロンドン:POCL-1529)にもひけを取らないのですが,昔の慣習的カットで刈り込まれているため,全曲が45分ほどで終わってしまうのが残念.カップリングのフランクが素晴らしいので買って損は無いですけど>>パレーのCD.

「書誌ユーティリティ課題検討プロジェクト」最終報告

 国立情報学研究所(NII)の「書誌ユーティリティ課題検討プロジェクト」の最終報告が何時の間にか完成し,サイトに掲載されていますので取り急ぎお知らせまで.

http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/contents/ncat_info_kadaiPT.html
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/contents/ncat_info_kadaiPT-last-report.pdf

本日,私立大学図書館協会から文書が届いて初めて最終報告の存在を知りましたが,10月21日にUP済みとは.この広報体制には何処か問題がありはしませんか>>NII各位.

 内容については,またあとでコメントします.

共同声明:図書館貸し出し補償求める

 読売新聞【文芸家協会など5団体、図書館の充実求める声明
 毎日新聞【共同声明:図書館貸し出し補償求める 文芸家協会など

 取り急ぎエントリーしておきます.
 まだ日本ペンクラブのサイトにも日本文藝家協会のサイトにも声明文そのものがUPされてないので,それを読んでから詳しくコメントしようかと思いますが,見出しは毎日新聞が正しいんじゃないかと(^^;).

2005/11/08

バトンリレー(コミック編)です

 G.C.W.氏がやっている別のblog(というかSNS)に回ってきたので,そちらで答えてみたのをこちらにも転載してみます.

 実はこれ,書くのが意外に難しかったりします(^^;).最近は漫画からすっかり縁遠くなっているので,昔の漫画を思い出すのにも一苦労ですわ.

続きを読む "バトンリレー(コミック編)です" »

今日のBGM

マーラー/交響曲〈大地の歌〉@ヤッシャ・ホーレンシュタイン/BBCノーザン交響楽団(BBC:BBCL4042-2)

 〈大地の歌〉には地獄の釜が開いたような演奏が多い中で,ホーレンシュタインのものは比較的穏やかで時間がのんびり流れているような印象である.ジュリーニほど神々しくも無く,クレンペラーほど峻厳でも無い代わりに,ここにはどこか人間の身の丈に合った,しみじみとした雰囲気がある.

日常

 仕事.超微速前進だが,何とか換装したシステムを手なずけるべく,あちこちいじってみる.壊れるまではあれこれ機能を試してみるのさっ(^^;).
 ところで本日,某取引先からG.C.W.氏宛に来た封書.宛名に敬称が落ちている(^^;).請求書が1通足りなかったのを督促かけたものが届いたのだが,そんなに督戦したことがおかんむりだったのか.

 東京新聞【人気漫画テーマにクラシックPR 春日井の文化財団】恐るべし『のだめカンタービレ』(^^;).

 京都新聞【戦前のアジア ネットで紹介 実学重視の校風物語る】メモ.しかし,この見出しの付け方は恐ろしく下手ですね(^^;).これじゃ何のことだか,さっぱりわからないじゃないですか.

2005/11/07

今日のBGM

ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調作品125@フィリップ・ヘレヴェッヘ/エリゼー宮管絃楽団ほか(ハルモニア・ムンディ・フランス:HMC901687)

 ベーレンライター原典版に拠る演奏.「古楽」&「原典版」という括りから想像できる内容が,ほぼ表現されているかに思われる(^^;).これまでの「第9」に比べれば軽量級だが,これはこれなりの良さがあるんじゃないか.ラトル(EMI)やホグウッド(オワゾリール)よりは遥かにマシ.

日常

 仕事.朝から換装したシステムのバックアップ機能が上手く動作しない(-_-;).DVDドライヴとDVDディスクと,双方にトラブルがあるらしい.試しにDVDディスクを取り替えたら正常に動いたのだが,そこに辿り着くまでに3時間を要したってのは一体.
 演習では記述の情報源と記述の項目について.目録法を始めると演習とは名ばかりになり,ひたすら講師がしゃべり倒すことになるのがイヤ(^^;).今日は結局コマを目一杯しゃべって足りなかった.
 だいたい専門用語の解説が脱線しがちで,「漢籍」が出て来れば『漢書』について話し,版表示の話から活版印刷の話になり何故か諸橋徹次『大漢和辞典』の原稿が日比谷図書館から発見された話が出た挙句に中田邦造が太平洋戦争中に個人コレクション等の買い上げと疎開をやったときに私腹を肥やした疑いをかけられ,戦後すぐに退任に追い込まれた話にまで及んでしまうのだから始末に負えない.
 まあ,そういう脱線が面白い程度に,目録法の演習はつまらないのである(^^;).

2005/11/06

日常

 休日.午前中は掃除のあとはのんびり.午後は本田美奈子さん死去で横っ面を張り飛ばされ,食料調達の買出しもそこそこにCDを買ってくる.まだ追悼記事なども無く,棚はひっそりと彼女のCDを並べてました.彼女の死に「壮烈な戦死」のような印象を受けるのは,彼女のキャラクターがそう思わせるのか.何分,ほとんど同世代なので,多少の思い入れがあるのはご容赦くださいませ.
 最後にヨドバに寄って昨日同時プリントに出したフィルムをもらって帰ろうとしたら,どういう手違いなんだか「現像のみ」になっていた(-_-;).これまでは,受付の女性陣といささか顔なじみになっていて同時プリントを頼めば改めて尋ねられることも無く名前を記入してもらっていたものだが,昨日は珍しく初めてのネーチャンが受付だったので,彼女が勘違いしたか.それにしても焼増しならまだしも,「現像のみ」なんてそんな意味の無いこと,間違っても頼まないよ.腹は立つけど是非も無く,各1枚プリントを頼む.また明日駅前まで行って来なくちゃ(>_<).

 日刊スポーツ【[ドラフト]巨人指名福井が突然契約拒否】ブランドに胡坐をかいていることに気がつかぬ組織の末路や哀れ.

 読売新聞【「平成の大合併」功罪を検証へ、総務省が研究会】この記事が指摘する「功罪」の何と瑣末なこと(^^;).いわゆる「平成の大合併」は,机上のお勉強が得意な秀才が机上に絵を描いた代物で,結果は歴史的経緯も地理的要因も無視したわけのわからない馬鹿げた市町村名が全国に溢れ,日本に住む人間の地理感覚を徒らに破壊するだけに終わったのが最大の罪だろうに.
 打倒「つくばみらい市」(^^;).

今日のBGM

LIFE:Minako Honda. Premium Best@本田美奈子.(ユニバーサルシグマ:UMCK-9115)

 訃報を聞き,取るものも取り敢えずレコード屋に行って購入した1枚.何と言ったらいいのか,今は言葉がありません.

本田美奈子さん死去

 日刊スポーツ【38歳本田美奈子さん死去、白血病で

 先程,偶然日刊スポーツのサイトを開けたら目に飛び込んで来たこの見出し.あまりのことに涙が止まりません.いくら何でも酷すぎる.
 アイドル時代からそれほど好きなキャラクターでもなく,その活動についてもそれほど関心を持って追いかけていたわけでは無いものの,何と言ってもG.C.W.氏とほぼ同世代であり,芸能界デビュー当時から知っていただけに残念でたまりません.まだまだこれからのひとだったのに.

 サンスポ【本田美奈子さんが急性骨髄性白血病のため死去

 本田美奈子オフィシャルサイト【ファンの皆様、報道者各位の方々へ】

« 2005年10月30日 - 2005年11月5日 | トップページ | 2005年11月13日 - 2005年11月19日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ