2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2005年9月18日 - 2005年9月24日 | トップページ | 2005年10月2日 - 2005年10月8日 »

2005年9月25日 - 2005年10月1日の記事

2005/10/01

日常

 学園祭と称する学習発表会のため,休日出勤.勤務先に操を立てて,昼飯を出し物の食堂で摂ったのだが,これが足りない(>_<).帰宅する頃には胃がキリキリ痛む始末で,挙句に夕飯を食べ過ぎる.ダメじゃん.
 図書館屋としては静かな一日(-_-;).目録作業が休止しているので,あまり仕事が無いのだよ.

 読売新聞【巨人・清原、自由契約での退団決まる】,京都新聞【パ3球団が獲得に名乗り 巨人を退団する清原】,毎日新聞【清原和博:チーム改革と若返りを急ぐ球団側が“放出”決断】ウチのカミさん「1年遅かったよ」と切り捨てたけど,G.C.W.氏はさらにヒドイ奴で「そもそも清原は巨人に必要なかったんじゃないの」と言う始末(^^;).結局,あの存在は百害だけで一利も無かったね.

 東京新聞【豊橋・吉田城鉄櫓の改修祝う きょうから35年ぶり一般開放】メモ.
 中国新聞【大正時代の車両運行 広電横川-江波】これもメモ.

今日のBGM

ブルックナー/交響曲第9番ニ短調@ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ベルリン・フィル(DG:POCG-2347)

 1944年10月7日の放送用録音.フルトヴェングラーがミュンヘンでデビューしたときの演目だったというこの曲は,さすがに堂に入った名演である.息の長いフレーズが多く,曲想がドラマティックなためか,他のブルックナー作品に比してもフルトヴェングラーの指揮に合っているのではないか.

2005/09/30

日常

 仕事.新たに導入するDBの申込み検討など.
 あるお客に「レファレンス御礼」でワッフルを御馳走になってしまう.ウマー(^^;).・・・でも,図書館は調べモノをするのが仕事なので,仕事が上手くいったお礼を一々お持ちいただかなくてもいいんですよ,ホントに.お気持ちはとてもありがたいのですが,お気持ちだけで十二分に満足なんです,我々は.

 デイリースポーツ【警備2500人も…やっぱりドボン】,日刊スポーツ【阪神リーグ優勝、“仮想ダイブ”続出】,朝日新聞【阪神優勝、逮捕者は13人に 道頓堀川へのダイブは激減】そりゃ壁だの有刺鉄線だの警備だのに金を注ぎ込んで,それでも5000人飛んだら大変なことでおますがな(^^;).アホくさ.

 岩手日報【民間主体の運営に 新県立図書館】この件は,先に取り上げていただいた【図書館雑記&日記兼用:岩手県立図書館 指定管理者導入へ】にもコメントしましたけど,結局のところ,これまでの岩手県立図書館の仕事がどのように評価されてきたのか,というところに帰着するんだろうと思う.とにかく,評判が今ひとつだったことはG.C.W.氏の耳にも入ってきていたくらいだから.そこを顧みずに「指定管理者委託反対」を騒いだところで蟷螂の斧にもなりゃしない.

今日のBGM

マーラー/交響曲第9番ニ長調@カルロ・マリア・ジュリーニ/シカゴ交響楽団(DG:UCCG-3975/3976)

 名盤の誉れ高い録音の復活.厳しい造型と典雅な歌心と豊穣な音響が,それぞれ奇跡的な高みで達成されている稀有の演奏である.いまG.C.W.氏に「無人島に持っていく1枚」を選ばせたら,これになるくらい,素晴らしい.未聴の方は是非一度聴いて欲しいと願う.

占いは続くよ(^^;)

 先日,市役所占い紹介しましたdoraさん謹製の占い3部作,その2とその3です.

司書占いSP(スペシャル)
http://u-maker.com/163999.html

図書館担当占い
http://u-maker.com/164074.html

腕に覚えのある(?)方は,どうぞふるってご参集くださいますよう(^^;).

2005/09/29

日常

 仕事.冊子体目録の下書きなど.
 来週末,部下の披露宴があるので床屋に行きたいんだけど,今度の週末は休日出勤で行ってる暇が無し,振替休日の月・火は床屋が休みなんじゃなかったか? 困ったな.

 タイガース優勝おめでとう.これについては,また明日にでもゆっくり書きますか(^^;).

 産経新聞【遠野物語の初版本“帰郷” 粛清受けたロシア人の蔵書】メモ.ニコライ・ネフスキーについては岡茂雄の『本屋風情』(中公文庫)にチラッと名前が出てくるのを知っていた程度.

今日のBGM

マーラー/交響曲〈大地の歌〉@カルロ・マリア・ジュリーニ/ベルリン・フィル(DG:UCCG-3974)

 整然とした美しさが隅々まで行き渡っている演奏.マーラーなのにあまり人間臭くなく,聴く者の肺腑を抉るような演奏ではないが,〈大地の歌〉からこれほど神々しさというものを引き出している演奏も,そうそう無いだろう.

2005/09/28

日常

 仕事.運動会なので半分閉館.館内の端末のWindows updateなどする.自動更新をオフにしているし,環境復元ソフトも入れているので手動でやるしかないのね(>_<).
 仕事がひけたあと,部下と飲む.完全には酔っ払えませんけど(^^;),よい時間を過ごすことが出来ました.ありがとう.

2005/09/27

日常

 仕事.システム更新の狭間で目録屋が開店休業中なのでカウンター以外は演習の資料作成をこっそり(^^;).帰宅後,どうも調子が悪くていつもより早めにカミさんに電話してみたら,開口一番「疲れてるね~」今日はもう寝ます.

2005/09/26

日常

 仕事.理由はどうあれ,異性が涙をこぼしたのはG.C.W.氏の不徳(sigh).迷惑をかけたので後日,夕食をごちそうすることに決める.

 今日の謎な検索語「さだまさし 展覧会 81年」これは何を探しているのかな?

 読売新聞【生かす図書館の力(3) 良い司書招き館長にこちらの続き.この記事に前川氏が出ているから紹介しなかったのではありません.単に忘れていただけです(^^;).

 日刊スポーツ【楽天新監督に野村氏、田尾監督電撃解任】不思議にZAKZAKはオーナーを庇ってますが,イーグルスのオーナーの実態は日刊スポーツの言う


「8月の低迷に続き連敗を繰り返す9月の戦いにしびれを切らしたのだ」

こちらでしょうか.まあ,どちらにせよ田尾監督は貧乏くじを引く結果に終わったわけで,胸中は忸怩たるものがあるでしょう.捲土重来!

今日のBGM

シューマン/交響曲第3番変ホ長調作品97@カルロ・マリア・ジュリーニ/ロスアンジェルス・フィル(DG:UCCG-3967)

 今日からカタログナンバーを付します.
 このシューマンは,カップリングのベートーヴェン/交響曲第5番とともにG.C.W.氏が待望久しかった再発売.マーラーがオーケストレーションに手を入れた版で演奏されていることで知られた録音で,初出からこれまで聴く機会を逸してきたモノ.
 なるほど,第1楽章など金管が非常にヒロイックに加筆・修正されている.実に堂々としたシューマンだが,シューマンの生地とは少々ずれているかもしれぬ.もっとも,生地どおりのままでジュリーニがシューマンを振ったかどうか(^^;).

2005/09/25

市役所占い

 公共図書館のひとDORAさん謹製「市役所占い」のご紹介です.

市役所占い
http://u-maker.com/163780.html

G.C.W.氏は「幼稚園・保育園」でした.当たっているような(^^;).「図書館」も結果には入っているようですが,今のところ報告例がありません.誰が最初にゲットするかしらん?

今日のBGM

ドヴォルジャーク/交響曲第8番ト長調作品88@カルロ・マリア・ジュリーニ/シカゴ交響楽団(DG)

 今月発売のDG「カルロ・マリア・ジュリーニの芸術」から.1978年3月の録音.この録音,ほぼ25年ぶりの再会.まさに「強烈なカンタービレ」全開で前へ進む演奏であるが,歌い切っても音楽が崩れないところがジュリーニの真骨頂である.
 実は先日,ジュリーニの新しい方の録音(SONY,1990年12月録音)を「テンポがやや遅めなのを除けば,まず理想的なドヴォルジャークの豊麗な再現」と書いたのだが,コンセプトは同様ながらDG録音の方が音楽の生気において上回っていると思う.演奏時間もDG盤が2分ばかり速い.

日常

 休日.ここ数日,どうも胃腸の調子がよろしくない(-_-;).腹は減るから大丈夫だとは思うけど.目覚ましを6時にセットしておいたのに,止めてしまい9時過ぎまで朝寝する.ブランチ摂って食料調達にお出かけ.あちこち廻ろうとも思ったけど,やっぱり胃腸が不調なので帰宅して〈TX&流鉄乗車の記〉のその2その3を書き上げてエントリー.この乗車記,実は「ツクバ系でいこう。」ポスターを撮影した写真があったのを見つけて,俄然書く気になったもの(^^;).G.C.W.氏,いい加減なところで書けば書くほどストレスが溜まるだけの図書館業界のことなんかは止めにして,初心者20年目の「鉄」をメインにしようかしらん,という密かな野望は何時も持ってますよ(^^;).ただ,G.C.W.氏が図書館業界について書くのを止めると喜ぶ奴がいるので(^^;)それも癪の種なんだよな.
 次回,10月または11月には茨城交通湊線に乗って来ましょう.

TX&流鉄乗車の記(その3)

 承前(その1その2).

 総武流山電鉄馬橋駅で「流鉄各駅停車入場券」の馬橋駅分を購入し,再び鰭ヶ崎駅へ.鰭ヶ崎で下車し,鰭ヶ崎駅分の「流鉄各駅停車入場券」を購入してTX南流山駅へテクテク戻る.

続きを読む "TX&流鉄乗車の記(その3)" »

TX&流鉄乗車の記(その2)

 承前

 つくば駅から再度TXに乗車して一路秋葉原へ.快速に乗ったら45分で到着.しかし速いわ(^^;).高速バスで東京に出ようとすると,渋滞に巻き込まれて時間通りに着くことが稀だったことを思うと隔世の感がある.何しろ,高速バスが時間通りに走らなかったおかげで(以下自粛).

 それはともかく,アキバ←→ツクバというのは,今となっては何やら象徴的な路線(^^;).元来「常磐新線」と呼ばれたこの路線は,かの国際科学技術博覧会(つくば万博,1985年開催)に合わせて開業する予定であったものである.しかるに石油ショック(1974年)以降の緊縮財政下で次々と研究学園都市の整備やつくば万博関連の予算が削減されていく中,学園都市内を廻る新交通システム(ここではゆりかもめよりは埼玉新都市交通をイメージしてもらえれば)などとともに挫折してしまう.ちなみに筑波大学春日キャンパスの学生用駐車場と道路の間にある土手は,筑波大学中央行きの新交通システムが走るはずだったもので,いわゆる鉄道「未成線」の一種である.しかし常磐新線の計画は新交通システムなどが中止されてしまった後も生き残り,一旦は「平成11年度開業予定」とリリースされたこともあったようだが,無事に開業したのはようやく今年になってからであった.この30年の間にツクバもアキバも,その性格を随分と変えたものである(^^;).

続きを読む "TX&流鉄乗車の記(その2)" »

« 2005年9月18日 - 2005年9月24日 | トップページ | 2005年10月2日 - 2005年10月8日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ