2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2005年7月24日 - 2005年7月30日 | トップページ | 2005年8月7日 - 2005年8月13日 »

2005年7月31日 - 2005年8月6日の記事

2005/08/06

「みんなの図書館」2005年8月号

 「みんなの図書館」2005年8月号は特集〈司書として図書館で働く〉.公共図書館で働く公務員司書の意識の断層が透けて見える,なかなか面白い特集でした.
 公共図書館の現場の方が書いた文章には,司書は特別な職じゃない(p14)と言っている割には仕方が無いから図書館における庶務もやってます(p9)と読める記述もあり,他の文章でも「司書は特別」という意識と「司書は特別じゃない」という意識の間で,意識的に「司書は特別なじゃない」と自戒する話(p30)もあり,組織と自意識(司書としての矜持)のバランスを保つのに苦労している痕が伺えます.

続きを読む "「みんなの図書館」2005年8月号" »

高野連,黙祷を拒絶?

 朝日新聞【高陽東の原爆黙祷巡り混乱 社内連絡不備と本社が陳謝
 呆れ果ててモノが言えない.朝日新聞と高野連の原爆と原爆忌への認識が知れる.記事中にある毎日新聞の報道が正しいかどうかは別にしても,偶然とはいえ広島原爆忌に開会式が当たったことをどう考えているんだ,連中は.
 こんな奴らに出場を辞退させられた明徳義塾が可哀相だ.

 毎日新聞【黙とう:甲子園での提案制止で田名部・高野連参事会見
 全校黙祷を制止し,黙祷する高校を隅に追いやったこと自体が許し難い暴挙.当人は否定しているが,結果として「原爆は広島だけのこと。この場でみんなを巻き込むのは良くない」と言ったのと同じ事になっているのに気が付かないのか.恥ずかしい.

 せっかく開会式での黙祷が提案されたのに出来なかったのは,歴史的な汚点である.

鉄道アナウンス

 神戸新聞【運行中の列車でアナウンス体験 三木鉄道、参加者募集

 おもしろそう(^^;).一畑電鉄やくりでんでも是非.

今日のBGM

ペンデレツキ/“広島の犠牲者に捧げる哀歌”@ヘルベルト・ケーゲル/ライプツィヒ放送交響楽団(エーデル)

 クシシトフ・ペンデレツキの出世作にして,「トーン・クラスター」という技法を世に広めた傑作.ペンデレツキはその後ネオ・ロマンティシズム風な作風に転じるが,それはそれとしてこの作品は問題作としての価値を失うことは無いと思われる.

日常

 休日.朝一番は広島原爆の追悼式典.テレビ中継で黙祷.これだけは,毎年欠かさずにやってきたつもりで,これからも欠かさぬつもり.中国新聞【核廃絶へ行動訴え 被爆60年式典】秋葉忠利広島市長が今年の「平和宣言」を「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」で締めくくったのは,胆力である.
 定期通院のあと,クルマの6カ月点検でディーラーに.点検3年分を購入時に前払いしてあるので今日は金がかからず(^^;).昼飯を食いにアパートに戻るが,暑くて昼寝も出来ない(-_-;).午後は日用雑貨の買い物.1,2買い忘れあり(>_<).暑さのせいにしよう.

 日刊スポーツ【宇都宮南・菅間「雰囲気に…」/高校野球】負け方が悪すぎる(-_-;).勝てば次は観音寺中央高校をセンバツ優勝に導いた監督率いる丸亀城西高校との対戦で,何かとネタに出来たのに残念.
 日刊スポーツ【中山文科相が開会式で野球留学批判】名門大学へ行くための受験留学は許されるのに,野球留学をはじめとするスポーツ留学が許されないというのは,いささか奇妙な話ではある(^^;).まあ,この文部科学大臣の考え方がヘンなのはこれに限った話ではないですが,それにしてもね.

 日刊スポーツ【ソフトバンク山村が初の1軍昇格】ふーん.「契約金泥棒」と言われないようにがんばってください.

2005/08/05

今日のBGM

J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全6曲@シャーンドル・ヴェーグ(Auvidis)

 シャーンドル・ヴェーグは晩年にアンドラーシュ・シフと組んで録音したモーツァルトのピアノ協奏曲などから,指揮者としてのイメージの方が今では強いのかもしれないけど,ヨーゼフ・シゲティにも匹敵する大ヴァイオリニストだったと,この録音を聴くG.C.W.氏は思っていたりする.とにかく音楽が厳しく屹立する.

日常

 仕事.県内大学図書館の会合でいわき市へクルマをトバす.途中で上司を拾い,あれこれ世間話をしながら目的地へ.会合の冒頭,挨拶に立った某館長氏「わたしは図書館には直接関ってきませんでしたが,学科の先輩にYoさんや」おい? 「1年後輩にはYaさんがいて,図書館には多少のご縁はあるかなと」おいおい(^^;).
 ところがこの館長さん,話が長い上に大風呂敷で(-_-;).おーい,こちらには包む腕が無いぞー,という話をされるので,業を煮やしてツッコんでしまった.ちょっと不味かったかも,なんて思ってあとで挨拶に行ったら「他にもIsさんやIsiさんなんかも後輩でね」割とこたえない方のようで助かった,か(^^;).「Yoさんとは学生時代野球を一緒にやった仲で,彼は快速球投手だったんですよ」へぇ~.
 会合は滞りなく終了して図書館見学.戦前のガラス乾板などという珍しいモノを見せてもらう.その修復と保存の方法について,ウチの上司を紹介する.
 帰路は他の参加者を途中まで送り,上司を某駅に降ろして一人旅.戻ってきたら酷い渋滞で思い切り遠回りして自宅へ直帰.行きも帰りも,予定より時間がかかったのは誤算(-_-;).

 日刊スポーツ【TBSも巨人戦延長時間を15分に短縮】要するに,ごった煮の地上波でスポーツ中継をやるのはもう限界,ってことですよ.放送する内容に応じて,特にドラマとスポーツはチャンネルを分離するべきでしょうね.

2005/08/04

日常

 仕事.試験期間最終日だが,お客は昨日並み(^^;).良き哉.

 朝日新聞【練習後に知らされ「なんでだよー」と涙 明徳義塾の選手】,産経新聞【隠蔽体質浮き彫り 部長、監督の責任重大 明徳義塾辞退】偽善者どもめ(>_<).
 昭和28年だったか,福岡県の門司東高校はセンバツ出場が決まっていたのに,何やら不祥事が発覚して電車だか船に乗って甲子園に向かっていたのを引き返した,という話は聞いたことがある.そのとき,それを聞いた南海ホークスのスカウトが手を打ってよろこんだとか.密かにマークしていた門司東のエースを他球団のスカウトに見られたくなかったからだそうだ.昭和29年ホークスに入ったこの投手は,高卒でいきなり防御率1位(1.58)と最多勝(26勝)のタイトルを獲得し,新人王にも選ばれる.若きエースと呼ばれた宅和本司である.

今日のBGM

ハンス・アイスラー/“ドイツ交響曲”(反ファシスト・カンタータ)作品50@ローター・ツァグロセーク/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管絃楽団(デッカ)

 デッカが1990年代にシリーズ化していた「退廃音楽」中の録音.1959年に東ベルリンで初演されたが,完成までに20年近くを費やした大作である.“Deutsche Sinfonie”というタイトルからしてブラームスの“ドイツ・レクィエム”を意識したかのような,4人の独唱と2人のスピーカーと合唱と管絃楽を要する作品だが,その心意気はともかく,音楽としてはそれほどわかりやすいものではない.

2005/08/03

日常

 仕事.試験期間も終盤戦に入り,徐々に客が減る(-_-;).

 朝日新聞【駒大苫小牧は聖心ウルスラと対戦 甲子園組み合わせ抽選】宇都宮南は開幕戦か.宇都宮南といえば,1986(昭和61)年に2年生エースの高村祐投手(のちバファローズ→イーグルス)を擁して準優勝したことが有名なんでしょうが,G.C.W.氏には自分が高校3年生だった1983年夏の初出場時の活躍が忘れられない.このときは貧打線ながらも帽子を斜めにかぶったエース荒井浩司投手(筑波大)がピンチにも顔色を変えず,アンダースローからひょうひょうとブレーキ鋭い変化球を投げ凡打の山を築く.
 初戦は藤本定義以来の古豪高松商と対戦,8回に3バントスクイズで決勝点を挙げて2対1で初出場初勝利.
 次の試合では当時超高校級と言われた野中徹博(のちブレーブス→ドラゴンズ→スワローズ)がエースの中京高校(ちなみに2番手投手が紀藤真琴[のちカープ→ドラゴンズ→イーグルス],3番手が森昌彦[亜細亜大学→NTT東海・NTT西日本名古屋,アトランタ五輪に出場])と対戦.荒井投手は強打の中京打線を3安打1点とほぼ完璧に抑え込んだ.しかも取られた1点は,1回に内野手のエラー絡みで奪われたもの.ところが打線は野中に5安打に牛耳られ,ほとんど唯一のチャンスだった8回2死1・3塁で4番打者が3振に倒れて万事休す(ToT).この4番打者,秋の国体では再度対戦した野中からホームランを打って雪辱したものの,今度は荒井が打たれて試合は負け.
 あの野中がプロに進んで大成しなかったのは,不思議と言えば不思議な話ではある.

今日のBGM

ショスタコーヴィチ/交響曲第14番作品135@ベンジャミン・ブリテン/イギリス室内管絃楽団ほか(BBC)

 ブリテンが振った,国外初演のライヴ録音.ブリテンは暗めの指揮をするひとだっただけに,またショスタコーヴィチの良き理解者でもあり,絶望の果てには絶望しかないようなこの作品から肺腑をえぐるような表情を容赦なく引き出す.

2005/08/02

日常

 仕事.今日も暑い暑い(-_-;).目録修正とレファレンスで一日明け暮れ.空調が「寒い」と言われたり「暑い」と言われたり,女の子相手なので個人差が激しい.昼休みに某部長が涼みに来る.よりによって,G.C.W.氏が30年も前の図書館関係の雑誌記事のコピーを自分のためにとっているときに来なくてもヨロシイ(-_-;).
 図書館システムの入れ替えがどうやら本決まりか.それならそれで,さっさと話をすすめて欲しいぞ(^^;).

 京都新聞【神岡鉄道が来年12月廃線 株主総会で正式決定】如何ともし難い(ToT).神岡鉄道サイトと廃線のお知らせ

今日のBGM

ショスタコーヴィチ/交響曲第15番イ長調作品141@クルト・ザンデルリンク/ベルリン交響楽団(ドイツ・シャルプラッテン)

 今日も暑くて,清冽なオーケストレーションの曲を聴く.
 これもLP時代からの顔なじみ.中学生でザンデルリンクのショスタコーヴィチを聴いている奴が,まともな精神の持ち主に育つはずもなく(^^;),世の中を斜に見ながらこんなblogを書き散らかしている.

読了本

 『万博幻想』(吉見俊哉著/ちくま新書526/筑摩書房/2005年3月初版/本体860円),『味覚極楽』(子母澤寛著/中公文庫B-18-16/中央公論新社/2004年12月改版/本体895円),『博物館の誕生』(関秀夫著/岩波新書新赤版953/岩波書店/2005年6月初版/本体780円)それぞれ読了.『味覚極楽』のエスタブリッシュ振りに辟易しながらも,そーゆう有様が許されていた時代のことを,少々うらやましくも思ったり(^^;).
 あとの2冊については,G.C.W.氏よりも凄みのある感想を書かれている方々がいらっしゃるので,そちらに譲る.

2005/08/01

日常

 今日から8月.朝からとにかく暑くて冷房の無い部屋にいられず,遅番だというのにさっさと仕事に出かける(^^;).
 仕事.試験期間の真っ只中で,お客引きもきらず(^^;).良き哉.お客が増えると比例して謎のレファレンスも増えるけど,こちらも試験受けているようなものだと思えば,身も引き締まるってなもの.

 読売新聞【清成・宇川組が独走、優勝…オートバイ・鈴鹿8耐】つまらん(-_-;).鈴鹿8耐はカワサキがもう少しがんばらないとダメだよ.それにしても川口オートが3位で仮面ライダー響鬼が5位ですか.川口オートは,かの青木治親選手だったとはいえ,時代が変わったのかしらん(sigh).

今日のBGM

ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調作品125@ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(DG)

 厳しい暑さの中で,あまり難しいことを考えなくて済む録音を聴く.かれこれ30年近いお付き合い(^^;).

2005/07/31

暑中お見舞い申し上げます

 ご無沙汰をしておりますが,みなさまにはお変わりありませんか.福島県はここ数日,昼間は暑く晴れ渡り,夕刻は一転にわかにかき曇り,雷鳴轟き豪雨荒れ狂う毎日です.洗濯物をうっかり干しっぱなしにしていると,もう大変!
 当方は相も変わらず,日々の仕事を適当にこなしながら休日はクルマを駆って,呑気に古蹟と鉄道を友として歩いております.
 先日は「くりでん」こと「くりはら田園鉄道」に乗ってきましたが,観光地の無い地方私鉄は非常に厳しい環境にあります.無駄を許さぬ時代の流れとはいえ,切ないものです.
 「無駄」ということでは,図書館も他人事ではありませんが,何でも「役に立つ」ことだけが正しい有様では無いと思います.プロ野球という,あってもなくても本来世の中には何の関係も無いはずのものに,昨年あれだけの騒動があり,今年になっても仙台市をはじめとする東北地方がイーグルスの動向に一喜一憂(戦績ばかりじゃなく)しているのを見ても,世の中には「文化」という名の壮大な無駄が必要なときがあります.図書館もまた然り,です.「趣味的」というと無価値なもののように思われがちですが,どうしてどうして,図書館の価値は「貸出」と「ビジネス支援」の間にだけあるわけじゃありますまい.
 では,お互い身体に気をつけて,暑い夏を乗り切りましょう!
 郵便で出せなかった方々に,この場を借りて暑中見舞いです.

夏の甲子園代表決まる

 朝日新聞【山口は宇部商が3年ぶり12回目 甲子園49代表そろう

 山口県代表の夏の甲子園で思い出すのは,1987(昭和62)年の夏.あとひとりで勝つはずだった徳山高校のピッチャーが,ゴロを一塁へ悪送球で同点,さらに次の打者に逆転のタイムリーを浴びて1-2で負けた試合.この試合をG.C.W.氏は水戸の免許センターで,普通免許学科試験の合格発表までの時間に,待合室のテレビで見ていた.調べてみると1987年8月9日のことである.
 実はこの試合,相手のことはまったく記憶に無い(失礼).日付を調べるついでにわかったのだが,徳山に勝ったのは東海大山形.PL学園に29対7で負けてから確か2年後の夏の甲子園で,夏の初勝利を挙げたのが,この試合だった.

« 2005年7月24日 - 2005年7月30日 | トップページ | 2005年8月7日 - 2005年8月13日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ