2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2005年7月3日 - 2005年7月9日 | トップページ | 2005年7月17日 - 2005年7月23日 »

2005年7月10日 - 2005年7月16日の記事

2005/07/16

日常

 休日.午前は定期通院.わずかに数値が良くなっている.それからブラブラと昼食と本屋.山手線内にある某有名ラーメン屋の系列店で昼食を摂るが,味が甘い(-_-;).これは1回食べればいいや.

 今日届いた「図書館雑誌」7月号(99巻7号)のコラムで,大学図書館の関係者が日本図書館協会から続々と退会していることが取り上げられている.実のところ,大学図書館業界の日図協離れは今まで顕在化しなかっただけで,栗原理事長の時代から進行していたものじゃないかと見ている.栗原理事長の晩期,G.C.W.氏が日図協の会員になった頃の公共図書館偏重は甚だしいものがあって,会費をもっとも納めている施設A会員(今や年会費5万円である)でさえ,日図協が公共図書館には非会員であっても無料で配布していたポスターを,大学図書館は「送料を寄越せ」という差別的な待遇を受けていた.このような公共図書館偏重の日図協の路線は,その運営に日図研図問研の人脈が大きな影響を及ぼしていたことと無縁ではないだろう.竹内理事長は前代の状況を鑑みて,日図協内における館種の融和に意を砕いておられたが,今年から理事長である塩見昇氏は大学の教官だったとはいえ,公共図書館が専門であり貸出至上主義の牽引車たる日図研の重鎮である.日図協における大学図書館の処遇改善について,何処まで理解があるのかいささか不安なしとしない.これからもしばらくは,大学図書館関係者の日図協離れが続くのではないか.

 えーと,8月に某市の某大学を会場に行われる某集会の話を我が勤務先にお尋ねになられてもお答えできません.ウチは一切かかわっておりませんので,悪しからずご了承ください.電話やメールが来ても,すげなくお断りです.

今日のBGM

マーラー/交響曲第6番イ短調@ジョン・バルビローリ/ニュー・フィルハーモニア管絃楽団(EMI)

 到底スタンダードとは言えないけど,あまたあるマーラーの6番の録音の中でも名演のひとつ.バルビローリにはベルリン・フィルとのライヴ(テスタメント)も出ているが,ニュー・フィルハーモニアとの録音の方がバルビローリらしいというか,鬼気迫る名演だと思う.

今月の購入書籍

 先週と今週の分です(^^;).

『八月十五日の神話:終戦記念日のメディア学』(佐藤卓己著/ちくま新書544/2005年7月初版/本体820円)
『物語大英博物館』(出口保夫著/中公新書1801/中央公論新社/2005年6月初版/本体780円)
『古代出雲への旅』(関和彦著/中公新書1802/中央公論新社/2005年6月初版/本体780円)
『博物館の誕生:町田久成と東京帝室博物館』(関秀夫著/岩波新書新赤版953/岩波書店/2005年6月初版/本体780円)
『日本語はだれのものか』(川口良,角田史幸著/歴史文化ライブラリー190/吉川弘文館/2005年5月初版/本体1700円)
『分類の発想:思考のルールをつくる』(中尾佐助著/朝日選書409/朝日新聞社/1990年9月初版/本体1262円)
『ケータイ・リテラシー』(下田博次著/NTT出版/2004年12月初版/本体1600円)
『萩城・松江城・鳥取城』(歴史群像シリーズ:よみがえる日本の城6/学習研究社/本体730円)
『盛岡城・五稜郭・弘前城』(歴史群像シリーズ:よみがえる日本の城9/学習研究社/本体730円)
『水戸城・川越城』(歴史群像シリーズ:よみがえる日本の城15/学習研究社/本体730円)
『仙台城・会津若松城』(歴史群像シリーズ:よみがえる日本の城17/学習研究社/本体780円)

続きを読む "今月の購入書籍" »

独断的な評価や個人的な好みにとらわれることなく(^^;)

 産経新聞【特定著書の廃棄 再発防止指導へ 中山文科相

 ここにも図に乗るヒトが.
 これが「つくる会」じゃなくて,左翼系の書籍にまつわる裁判で最高裁から同じ判断が下されたときにも,中山さんは同じ事を言うのかなあ? 中山さんの日頃の言動が言動ですから,G.C.W.氏は疑ってかかってますよ(^^;).「独断的な評価や個人的な好みにとらわれることなく,公正に」

2005/07/15

日常

 仕事.今日もまた午前は閑散としてたのに,午後になると怒涛の如くお客が押し寄せる(^^;).もう少し平均して来て欲しいものではあるが,他人の都合をとやかく言っても仕方が無いか.合間を縫って力仕事に狩り出されたり,打ち合わせに出たり,お客のトラブルを解決したり.

 読売新聞【音楽ソフト生産7%減、オーディオ落ち込む…上半期】メモ.

今日のBGM

マーラー/交響曲第6番イ短調@ピエール・ブーレーズ/ヴィーン・フィル(DG)

 これっくらい冷徹なマーラー演奏は他に無いよ,と言いたくなるくらいクールに楽譜を分析し批評している,という趣き.ところが,ヴィーン・フィルの暖色系の音色がブーレーズの解釈と向きが逆なものだから,聴こえてくる演奏はちと落ち着かない気分になるもの(^^;).これならクリーヴランドとかシカゴとか,せめてロンドンのオケあたりと録音した方が良かったんじゃないかと.

独断廃棄は著者の利益侵害:続き

 【独断廃棄は著者の利益侵害】の続きです.

 産経新聞【【主張】図書廃棄訴訟 多様な言論支える判決だ
 すぐ図に乗る奴がいる(^^;).「今回の最高裁判決を踏まえ、蔵書の取捨選択は地域住民の立場から、公正に行われるべきである。」まではともかく,「新しい歴史教科書をつくる会は」以下のことについては,身贔屓が過ぎる.「新しい歴史教科書をつくる会」や扶桑社の教科書売り込みに関しては文部科学省からも警告があったわけだし,G.C.W.氏も含めた世の中にはその姿勢に対する異論があるのだから,この記事の後段のようなことは苟くもマスメディアが書くべきことじゃあない.そもそも今回の最高裁の判断は「自由主義史観」と言う名の修正主義に対してお墨付きを与えたものじゃないし(^^;).そのあたりを産経はわざと混乱させたいんだろうが,世の中そんなにバカばかりじゃない.

 東京新聞【『極めて厳しい判決』 船橋市立西図書館訴訟

続きを読む "独断廃棄は著者の利益侵害:続き" »

2005/07/14

日常

 パリ祭.

 仕事.午前と午後のお客の入りの落差が激しい(-_-;).午後は眩暈がするほど接客で忙しくなる.トータルでは他人に自慢するほどお客がいるわけでもなく,もう少し入りが平準化してくれないかと思ったり(^^;).お客が来るだけでも有り難いと思わなければダメですよ>>G.C.W.氏.

 毎日新聞【戸田恵梨香さん:ビクター・甲子園ポスターのモデルに】うわっ,知らない娘だ(^^;).今年は岩田さゆりこちらも)かなあ,なんて漠然と考えていたんだけど,外れた.

今日のBGM

ブルックナー/交響曲第6番イ長調@フェルディナント・ライトナー/南西ドイツ放送交響楽団(ヘンスラー)

 これまた,日本ではおなじみだった指揮者だがスター性に欠けたためか,あまり人気は出なかった.しかし,このCDでもカップリングがカール・アマデウス・ハルトマンの6番だったりするくらい,現代音楽もバリバリこなした名匠で,このブルックナーも出るところは出る好演である.

独断廃棄は著者の利益侵害

 船橋市立西図書館で2001年に起きた蔵書廃棄騒動について自由主義史観派が船橋市を訴えていた裁判の,最高裁判所における判断が本日出ました.

京都新聞【独断廃棄は著者の利益侵害 最高裁が初判断】【判決要旨 図書館の本廃棄で最高裁
読売新聞【つくる会などの著書、図書館で廃棄は違法…最高裁判決
毎日新聞【つくる会書籍:廃棄訴訟、東京高裁に差し戻す 最高裁
朝日新聞【「つくる会」関係者著作の図書館蔵書処分は違法 最高裁
産経新聞【独断廃棄は著者の利益侵害 最高裁「図書館は意見伝える場」

 記事を見る限り,公共図書館業界における「最悪の事態」は避けられたか,という印象ですね.思った以上にある意味,常識的な判断だったと思います.要するに「図書館員の恣意で公共図書館の蔵書を捨てるな.蔵書は公正に扱い,廃棄するなら基準を守り,説明責任をきちんと果たせ」ということでしょ.そんなの,当たり前じゃないですか(^^;).あとは,それだけの負託と責務に応えることの出来る人材を図書館に充当してください,と注文しておきます.

 なおこの判例は,例えば自由主義史観派が「あの公共図書館にある『××』という蔵書は自虐史観だから捨てろ」と公共図書館に迫っても,それに対して「ノー」を言える根拠になるんじゃないでしょうか.

 今回の最高裁判決の要旨全文の正式なリリースはこちらです.

2005/07/13

日常

 すみません,当blogは青少年読書感想文全国コンクールは取り扱っておりませんので,検索で辿り着いた方はごめんなさいですm(_ _)m 何だか沢山いらっしゃっているようで,申し訳ないです.

 仕事.ひたすら目録と格闘(-_-;).たまに面白いレファレンスが廻って来るので応対.

 読売新聞【ガソリン店頭価格、11年ぶり125円台】今月と来月は,クルマで遠出する予定は無いので,取り敢えず様子見ということで.しかしこの高値,何時まで続くのやら(>_<).

 毎日新聞【障害者支援法案:衆院厚労委で可決 原則1割負担に変更】自立支援とは言い条,これは「優生思想」そのもののような法律ですよ.【厚生労働省:障害者自立支援法案について】←このページ自体を見てもわかるように,厚生労働省には障碍者への配慮なんて全く無いじゃないですか.

今日のBGM

シューマン/交響曲第2番ハ長調作品61@デイヴィッド・ジンマン/チューリヒ・トーンハレ管絃楽団(アルテ・ノヴァ)

 ベートーヴェンではそのカルさと甘ったるさに憤りさえ感じたジンマンとトーンハレだが,このシューマンはそれほど悪くない.良くも悪くも「思春期」とか「青春」という言葉の持つニュアンスが似合うシューマンの音楽に,ほどよい軽めの響きでバランスをコントロールしているようである.

2005/07/12

日常

 仕事.延滞の督促担当が頭を抱えたり,来月の会合で突き合わせる調査項目の提出をうっかり忘れていたり,来月末提出が予定されている目録のための修正をかけたり.
 帰宅して,久し振りにカレーを作る.レトルトにはちょっと飽きたので(^^;).ルーは1か月くらい前に買ってあった無印良品の“インド風カレー・チキン用”.レシピに「トマト300グラム」とか書いてあってアセるが,サラダにしようと思っていたトマトを已む無く放り込む.放り込んで正解(^^;).なかなか美味しい.

 毎日新聞【ホンダ:国産スポーツカーの草分け、NSX生産停止へ】自分ではとても購入できないし,維持できないクルマだけど,憧れだっただけに残念(sigh).ホンダのプレスリリース【Honda 本格的スポーツモデルNSXの生産を終了

 産経新聞【不祥事職員の情報公開 大阪市、最低ランク 文科省指摘「市民に説明責任」】図書館業界も含めて,文教関係は内側に籠り外側への情報開示には消極的ですが,消極性の総本山のような(?)文部科学省に閉鎖性を指摘されるとは.

今日のBGM

ブルックナー/交響曲第4番変ホ長調“ロマンティック”@ホルスト・シュタイン/バンベルク交響楽団(BMG/新星堂)

 録音に恵まれない大指揮者ホルスト・シュタインの好演.手堅い職人気質が身上で,大向こう受けするカリスマときらびやかさに欠けるため,どうしても商業ベースに乗り切れなかったが,この録音でも密度の濃い,噛み締めれば噛み締めるほど滋味を感じることの出来る演奏を聴かせる.クルト・マズーアにブルックナー全集を作らせる暇があったらシュタインに作らせるべきであった(sigh).

2005/07/11

今日のBGM

ブルックナー/交響曲第5番変ホ長調@ユージン・オーマンディ/フィラデルフィア管絃楽団(CBS)

 カラフルというよりはパワフルなブルックナー(^^;).分厚い,マッチョな響きでイケイケどんどんな指揮だが,オケは崩れもせずにピタッとついていく.これはこれで面白い.

日常

 仕事如例.朝一番で勤務先の旧職員が亡くなった連絡,お昼頃には卒業した大学の元教官の訃報,夕方には橋本真也が亡くなった(ZAKZAK【プロレスラー橋本真也さん急死、40歳】【ターザン山本氏「あの体形で心臓に負担」】)と,がっくりするニュースが立て続けに耳に入り,ちょっとメゲる(sigh).死生命あり,常命は逃れ難いとはいえ,悲しい.

 がっかりして帰宅すると「図書館界」57巻2号(通巻323号)が届いていて,何気なく封を切って「編集後記」を読みバカらしくなって放り出す(-_-;).「おのれを正しゅうせんがために,ひとを陥れるようなことを言ってはなりません」ていうか,公共図書館に来るお客の大半が民間人だってことを失念しているんじゃないだろか,この筆者.今に大きな反動が来ることを危惧してますよ.

 そういや先日,某所から電話があって「8月にやる行事について,取材の電話が来てるんだけどわかります?」あ,あれか,とピンと来る.「ごめんなさい,あの件は主催団体が勝手に会場としてウチの名前を挙げて場所借りしただけで,当館は全く関与してないからわかりません」と言っておく.当日,G.C.W.氏はこのあたりにいない予定だし(^^;).

2005/07/10

今日のBGM

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第3番ニ短調作品30@ウラディミール・アシュケナージ&アンドレ・プレヴィン/ロンドン交響楽団(デッカ)

 第2番より第3番を先に聴いたせいもあってか,ラフマニノフのピアノ協奏曲では第3番が一番好き.であるにもかかわらず,あまりいいCD持ってないような気もする.一時期スリリングなアルゲリッチ&シャイー(フィリップス)をよく聴いていたけど,あまりロシア風じゃないのは確か(^^;).このアシュケナージ&プレヴィンもゴージャスなんだけど躍動感にいささか欠けるのが難点.

日常

 休日.朝食の後,洗濯をしてしばらくは明日のテキスト作成.一段落して買い物に街へ出る.お中元の手配など.帰宅後はテキスト作成の続き.夜の11時過ぎまで都合7時間ほどかかってようやく仕上げる.もう少し計画的にやらないとダメ.年齢的にもう無理が利かないんだから(-_-;).

« 2005年7月3日 - 2005年7月9日 | トップページ | 2005年7月17日 - 2005年7月23日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ