2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2005年6月12日 - 2005年6月18日 | トップページ | 2005年6月26日 - 2005年7月2日 »

2005年6月19日 - 2005年6月25日の記事

2005/06/25

メモ

 佐々木投手を応援しよう!!

 某氏から教えてもらった(^^;).
 佐々木,と言ってもベイスターズの大魔人(今や「神」じゃなくて「人」ですか)ではなく,ファイターズ佐々木貴賀(きよし)投手のこと.結構,きっぷのいい投球をするピッチャーだが,人呼んで「投げる同人作家」なんだそうで(^^;).

日常

 休日.定期通院のあと,会津高田町伊佐須美神社へあやめを観に行く.実は高田梅を調達しに行った(^^;).同じ県内だというのに,このあたりじゃ入手困難なんですもの(スーパーで売っているのは梅干はおろか生梅でさえ紀州梅ばかり).実家で梅干を作るのに使ってもらう算段だが,さてどうなるか.あ,ちなみにG.C.W.氏は梅干苦手です.

 山陰中央新報【松江で一畑電車活性化を考える集い】利便性の向上とJR松江駅乗り入れを実現するためにも,車両のLRT化などを検討する必要があるんじゃないかと思います.とにもかくにも,何らかの形で一畑電鉄の松江駅乗り入れを実現し,県庁所在地の市名を冠した駅でただひとつ,本線以外に分岐する路線が無い駅というトリヴィア(?)を返上しなくちゃ!

「みんなの図書館」2005年7月号

 「みんなの図書館」7月号(339号)は“図書館問題研究会第52回全国大会”特集.「基調報告」改め「重要討議課題」が劈頭を飾る.「公共図書館業界の常識は世間の非常識」あるいは「公務員の常識は世間の非常識」に陥らないよう,内容や表現に相当苦心したんじゃないかという感じ.それでも世間とのズレが露見してしまうところがあるのが哀しい.典型的な一例を挙げてみる.

続きを読む "「みんなの図書館」2005年7月号" »

今日のBGM

マーラー/交響曲第3番ニ短調@エーリヒ・ラインスドルフ/ボストン交響楽団(RCA/タワーレコード)

 ラインスドルフ/ボストン響のマーラーは5番と6番があるのは以前から知っていて,6番は先日CDを入手したが,3番(とカップリングの1番)があるとは知らなかった.1966年10月の録音.
 ホーレンシュタインやセルの系統に連なるマーラー演奏で,茫洋としたスケール感にはやや乏しいものの,整然としたアンサンブルできりりと聴かせる.お値打ち価格(2枚組2100円)でもあり,第3番のファースト・チョイスとしてはよい選択だと思う.

2005/06/24

日常

 仕事.一日中部下を動員しての監査用目録のお化粧作業.定時に上がらず居残りで,ようやく目処をつける.何故か3時過ぎからレファレンスが立て込んで,てんてこ舞いに(>_<).だーかーら,日常業務に支障の無い資料作成日程が組めるはずなのに,組もうとしない奴が一番悪い.これじゃ組織が組織として成立してないと,外部から評価されるぞ(^^;).

 東京新聞【板橋・夫婦殺害 親の一言の重さ 衣食住バラバラ 子だけの世界築き】この事件って,そんなに難しく考えなくちゃいけないのかなあ.自分が子供だったときのことを考えても,14~15の男の子にとって,親ってのは立ちはだかる壁みたいなもんでしょ.誰もが,何らかの形で親の影響を排除し自分の世界を形成しようとする年頃だと思うんですよ.で,この子は愚直にも物理的に排除した.そこが短絡的だという議論は成り立つだろうけど,それ以上の深淵を読み込もうってのは,あまり生産的なことじゃないと思いますよ.温泉に行こうと思ったのは,無意識とはいえ文字通り「ミソギ」だったのでしょうし.映画を観に行ったのも,親殺しの罪悪感をくびきからの開放感が上回った(それほど日頃の抑圧が耐え難かった)ということなんでしょう.

今日のBGM

ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調作品67@カルロ・マリア・ジュリーニ/ミラノ・スカラ座フィル(SONY)

 落ち着き払った堂々たる演奏だが,おぼろげな記憶では,ロサンジェルス・フィルとの旧録音(DG)の方が,覇気満々でオケの磨き上げも,より丁寧だったような気がする.

2005/06/23

日常

 仕事.腹は立つものの,取り敢えず提出用のリスト作成.一覧を作るのは簡単なのだが,肝心のデータがあちこち壊れていてそのままでは見るに耐えないモノが出来上がるので,一度作ったデータをお化粧しなくちゃいけない(-_-;).戦力がひとり体調不良で休んじゃったので,今日は中途で作業を打ち切る.
 これに集中するため,結局は日常業務に支障が出てしまうのだが,トップからしてこれを当然のこととして,段取りの悪さを改善する気が無いところが恐ろしい(^^;).おまけに,今日あったらしい打ち合わせで書類の提出期限が決まっているはずだが,まったく連絡が無い.sumatopoppihだよやっぱりヒラメどもは.

 神戸新聞【「愛の鍵」モニュメントに半年で4千個 神戸】こーゆうモノに「景観を乱す」という苦情が出るとは,また無粋な話(^^;).この記事に出て来るカギの後始末に関するご意見募集はこちらへ

 読売新聞【京都精華大、全国初の「マンガ学部」来春開設】ここはジブリの鈴木プロデューサーのような人材を養成することを目指すのかな,と知人が言っていたが,さてどうなるか.

今日のBGM

マーラー/交響曲第6番イ短調@リッカルド・シャイー/アムステルダム・コンセルトヘボウ管絃楽団(デッカ)

 これも実に美しい.相変わらずヴェルヴェットのような響きを湛えた演奏で,技術的にも余裕綽々のように聴こえる.第3楽章までは少々抑え目で,終楽章で激しく盛り上げる演出はなかなか決まっていて,演奏も終楽章が最も素晴らしい.ただ,この曲でも情には客観的な姿勢で臨んでいるので,G.C.W.氏のような主情派には少々物足りない感じも残らないわけではないが,作品を理解するのにまず不足は無い.
 この全集,やっぱり21世紀の最初の10年のスタンダードである.

“Le Petit Prince”新訳に岩波書店要望を出す

 朝日新聞【「星の王子さま」新訳書名で要望書 岩波書店

 愚智提衡而立治之至也: “Le petit prince”新訳の続き.岩波書店が“Le Petit Prince”の新訳を出した論創社に『星の王子さま』は由緒ある書名であるぞよ,おたくの訳本に我が由緒書を載せよ,と迫ったとの由.
 似たような事例をいま,咄嗟に思い出せないので何とも言えないのだが(大岡昇平が『武蔵野夫人』というタイトルのポルノ小説にクレームをつけ,ポルノ小説のタイトルがその結果変更になった,という事例はある),何しろ三遊亭圓楽が「星の王子さま」という渾名で売り出したことに激怒したらしい(先日「図書」に掲載された息子さんのエッセイでほのめかされている)翻訳者とその周辺,ということなのかな.

 内藤濯訳『星の王子さま』に思い入れのある方から見ると,どうなんでしょうこの話.

2005/06/22

日常

 仕事.除籍の書類の訂正とか,卒業生の利用許可証のデザインとか,目録作成とか修正とか.夕刻,またしても「と」な連絡が来て嚇怒(>_<).月初めの打ち合わせで出なかったのかい,その件は.明日の打ち合わせというのは,普通の組織なら最終の打ち合わせだろ.スケジュール的に考えるなら.それを何だって「明日から本格的に準備する」??? sumatopoppihじゃねーの.
 某図書館の件,ようやく連絡がある.担当者が別人だったこともあり,先日とはうって変わって和やかな調子で何とか解決.やっぱり交渉ごとはお互いに低姿勢で,相手を頭から否定せずに進めるのが上手なやり方だと改めて納得.ありがとうございますm(_ _)m 直接の担当者は気の毒に落ち込んでましたけど,なに矢面に立つのはG.C.W.氏なんだから気にするな,と(^^;).仕事の失敗における責任をひっかぶる準備は常に出来ていますことですよ.

 毎日新聞【長浜城:金ぱく張りの瓦が使われていた! 滋賀・長浜市長浜城主を調べてみると秀吉,山内一豊のあとは徳川家康恩顧の内藤信成であり,その代に豊臣系城郭の象徴とも言える金箔瓦を用いた建物が作られたとは考えにくい.やはり秀吉在城時の所産なのでは.

今日のBGM

ストラヴィンスキー/バレエ音楽〈春の祭典〉@ロリス・チェクナヴォリアン/ロンドン・フィル(RCA/タワーレコード)

 タワレコの企画によるBMG/RCAの廉価盤で,併録がエドゥアルド・マータ/ロンドン響の〈ハルサイ〉という,ちとマニアックなCD.似たような企画はテスタメントがマルケヴィチの新旧録音を1枚に収録したモノがあったけど,少々珍しいかも.オビに「爆演系指揮者の」って言うんだけど,演奏している作品自体が爆発しているようなモノなので,どこからが指揮者の爆発なのかよくわからないところが痛い.

2005/06/21

日常

 仕事.除籍の書類作りなど.帰り際にばったり某氏に出会って「行きますか」と一杯呑みに(^^;).給料前だと言うに(-_-;).

 毎日新聞【兵庫知事選:佐藤江梨子さんのポスターがネット競売に】何故に「売買は不適切」? 酔っ払ってる頭で考えているせいか,全く理解できないんですが(^^;).不適切だって言うなら,希望者に無償で配布したらいいんじゃないのかしらん.

 日刊スポーツ【JRで最古の現役機関車廃止へ】これはもう,C63を製造するしかない(^^;)>>JR九州

2005/06/20

日常

 仕事.目録の整理,演習,新規受入書籍の目録作成などなど.帰宅後はMusical Batonへの回答をセコセコと.

 日本経済新聞【定員割れで大学初の再生法申請へ・萩国際大】【文科次官、萩国際大「在学生の就学機会最優先を」】,中国新聞【萩国際大、再生法申請へ】,読売新聞【大学定員割れで再生法初申請へ…萩国際大】,毎日新聞【再生法:定員割れで初の適用申請へ 山口・萩国際大】,朝日新聞【山口・萩国際大、再生法適用申請へ 定員割れ続き経営難】,ZAKZAK【ついに「大学倒産」時代へ…少子化で「全入」目前】いろいろ思うところはあるけど,もう少し考えてみます.

Musical Baton来たる

 2,3日前にMusical Baton(はてなダイアリー - Musical Batonとは)というものが廻っていることを知り,ウチまで廻って来るにはあと1箇月くらいかかるかしらん,などとタカを括っていたら豈図らんや,昨晩ばろなごんさんと謎工さんと,2本も一度にBatonが廻って来ました.やれありがたや(^^;).
#これはわたしからバトンを10本廻すように,ということでは無いですよね(^^;).

 こーゆう企画,大好きなので一口乗ります.なお,このエントリーに限り一人称「わたし」で語らせていただきます.悪しからず.

続きを読む "Musical Baton来たる" »

2005/06/19

今日のBGM

マーラー/交響曲第1番ニ長調@リッカルド・シャイー/アムステルダム・コンセルトヘボウ管絃楽団(デッカ)

 なんつーか,余裕綽々の指揮ぶり(^^;).ビロードのようなオーケストラの響きといい,決して音楽を追い込まぬ中庸を保ったテンポといい,「円熟」という言葉がぴったり.解釈の内実は結構客観的な感じで,内面を抉り出すようなものではないが,純音楽的なドラマはたっぷりと聴け,音楽が本当に瑞々しい.21世紀最初の10年のスタンダードとなりうる好演だろう.

日常

 休日.朝から部屋に籠ってレポートの採点.明らかに間違っているモノは容赦なく切り捨てるが,正解がひとつじゃないケースが多くて疲れる(>_<).マリーゼの試合をTV観戦しながらようやく採点を終わらせて外出.ちなみにマリーゼは田崎真珠に0-6の大敗.残念.

 先日,『のだめカンタービレ』持っているヒト誰かいない? と夕方のアルバイトで勤務先のカウンターに座っている学生(=教え子)に尋ねたら「わたし持ってますから貸しますよ」とありがたいお言葉(^^;).で,早速1巻と2巻を貸してもらったのだが,採点終了がずれ込み今晩まで読み始めるのが遅れる.今しがた,ようやく読み始めたと思ったら,スイスイと読み終わってゲラゲラ笑ってしまった.これは自分で買わなきゃダメか(^^;).
 ・・・・・・・・・マーラーの8番(人呼んで「千人の交響曲」ね)を美しく振れて録音できる指揮者って?

 そういえばすっかり忘れていたけど,「出版ニュース」6月中旬号(2041号)に,ポイントサービスに関する出版流通対策協議会の5月23日付「緊急要請」が掲載されていたんだっけ.「ポイントサービスから自社商品の除外を求める要望書を取次に提出しよう!」・・・・・・・・・やれやれ(sigh).

今日の購入物件

味覚極楽』(子母澤寛著/中公文庫BIBLO/中央公論新社/2004年12月改版/本体895円)
茨城交通水浜線』(中川浩一著/RM LIBRARY63/ネコ・パブリッシング/2004年11月初版/本体1000円)
日立電鉄の75年』(白土貞夫著/RM LIBRARY64/ネコ・パブリッシング/2004年12月初版/本体1000円)

 それほど珍しいものではない(^^;).

« 2005年6月12日 - 2005年6月18日 | トップページ | 2005年6月26日 - 2005年7月2日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ