2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2005年5月22日 - 2005年5月28日 | トップページ | 2005年6月5日 - 2005年6月11日 »

2005年5月29日 - 2005年6月4日の記事

2005/06/04

今日のBGM

ニールセン/交響曲第5番作品50@キリル・コンドラシン/アムステルダム・コンセルトヘボウ管絃楽団(フィリップス)

 コンドラシンの死後,世に出たコンセルトヘボウとのライヴ集の1曲.何処ぞの評論家が第1楽章のリズムパターンの繰り返しを「ショスタコーヴィチの〈レニングラード〉みたいだ」と揶揄していたが,とんでもない.ニールセンの方が〈レニングラード〉は勿論,ラヴェルの〈ボレロ〉よりも先行しているのに(^^;).

日常

 休日.午前中は休養.午後は食料調達など.長女への誕生日の贈り物など買ってみる.凝ったモノにして「センスがなーい」と言われるのも癪のタネなので,思いっきりシンプルなモノを買う.さて,どうなりますか(^^;).

 何時だったか,カミさんと話をしていてG.C.W.氏が失敗したレファレンスの話題になる.以前,柳田國男の『明治大正史世相編』に出て来た「天智天皇のかりほの庵の歌」ってのがわからなくて往生してしまい,『新編国歌大鑑』まで引っ張り出してケリをつけたのよ,なんて話をしたらカミさんゲラゲラ笑って
「そりゃ〈小倉百人一首〉の最初の歌でしょうよ」
「へ?」

秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ

「まったく,誰も知らないようなことをいろいろ知っている割には,誰でも知っているようなことを案外知らないんだから(^^;)」
ごもっとも.クラシックでも〈ドナウ川のさざなみ〉とか〈銀波〉とか〈ハイケンスのセレナーデ〉とか,未だにメロディと曲名が一致しません.

2005/06/03

日常

 仕事.新規受入資料の目録作成下準備など.おやつどきに用度課に呼ばれて密談.宿題を出される.こういうときのために,体調が悪い時もblogで文章を書くことを心がけ,身体に「書き癖」をつけておいたのだよ,なんちゃって(^^;).というわけで,帰宅後2時間かけて宿題を済ませてしまう.勤務先では,ああいうものは骨格と方向性をこちらで作っておけば,外観を整えるのはこちらの役割ではないらしい.有り難い(^^;).

 読売新聞【ガードレール金属片、全47都道府県で発見】まさか新手の新興宗教じゃないでしょうね,と知人が首を捻りながらジョークを飛ばしてましたが,さて真相は如何.

今日のBGM

マーラー/交響曲第9番ニ長調@ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団(DG)

 クーベリックのマーラー(DGでのスタジオ録音)には,最近の鋭敏なマーラー演奏にはあまり感じられない手作りの感興やぬくもりが感じられる.それを大切にするが故に,最近のマーラー演奏に乗り越えられてしまった箇所もあるが,この9番は乗り越えられた水準とは別のところで価値を失わぬ好演だろう.

「宇宙船」休刊

 「宇宙船」(朝日ソノラマ)が現在発売中の7月号(119号)で休刊するとの由.昨日,全然関係の無い2つのルートからご教示いただく.

 20年程前の一時期,よく読んでいたのです.「ウルトラマン」から「秘密戦隊ゴレンジャー」あたりまでの特撮モノはよく見ていたので,あの頃の「宇宙船」は何かと参考になりまして(^^;).「プロレスの星アステカイザー」(新日本プロレス総出演!)とか「正義のシンボルコンドールマン」(川内康範ですよ)とか「ダイヤモンドアイ」(ば~れ~た~か~)とか,G.C.W.氏の周囲では覚えているひとも少なくなりました(sigh).

2005/06/02

日常

 仕事.午前中,退職者から寄贈された書籍の目録化にようやく目処をつける.午後は木曜恒例のお客数に加えて高校生の見学や,一昨日来持ち越しになっているレファレンスの続きなど.夕方,NACSIS-CATの書誌調整に関する問合せメールが丁寧で感服.G.C.W.氏も常にこうありたいのだが(-_-;).

 昼飯前に某図書館から喧嘩を売られる(^^;).利用者が誤って破損した,相互貸借で借り出した某図書館の蔵書に,破損箇所を明示した付箋と丁重な詫び状を添えて送ったところ,どういうわけだか「これじゃダメだ」「文書も入ってないじゃないか」と電話で絡まれる.詫び状の作成時に文面も確認したし担当も間違いなく添付したと申しておりますが,と答えたら「上の者を出せ」.実はG.C.W.氏,勤務先は職員4人で切り盛りしているごく小規模図書館で,そこの○○××という事実上の図書館事務屋トップの肩書を拝領しているのね.「わたしが○○××のG.C.W.(仮名)です,ウチは○○がいませんのでわたしが事務責任者です」と言ったら,奴さん一瞬言葉に詰まって声のトーンが明らかに変わった(^^;).お役人メ,まさか最初から電話を事務責任者が取っていたとは思わなかったのであろう.「窓口に連絡して正式なクレームを出しますからよろしく」ですって.
 正式なクレームだろうが何だろうが,こちらは礼を失した対応をしたつもりは無いので,堂々と売られた喧嘩を買うだけですね.「文書が見つかりました,ゴメンなさい」では許さんよ(^^;).文書を読んでなお,「これではダメ」というのは納得できる理由(破損時の状況をもっと詳細に克明に書け,とか)を示していただければ受け入れますが,入れたはずの文書を「無い」と言われたことについては理非曲直を明らかにしてもらいましょう.

今日のBGM

マーラー/交響曲第6番イ短調@キリル・コンドラシン/レニングラード・フィル(メロディア/BMG)

 1979年にコンドラシンが南西ドイツ放送響を指揮したライヴのエア・チェックをG.C.W.氏は所持しているけど,このスタジオ録音ではさすがにライヴほどのテンションの高さは無い.しかし指揮者・オケともいわゆる「ロシア臭」のような雰囲気からは遠く,キビキビした硬派のマーラー演奏が展開されている.

2005/06/01

日常

 仕事.目録修正せこせこ.

 毎日新聞【衣替え:クールに決めたい ノーネクタイ、ノー上着】,読売新聞【定着する?クールビズ、首相「ネクタイしないだけ楽」ついにわたしの時代が来たか(^^;).いや,G.C.W.氏は「ネクタイと門閥制度は親の敵でござる」ってくらいなもんで,ネクタイという代物が大嫌い.夏だろうが冬だろうが月の半分もしてないんじゃないかな.特に夏は公的行事でも無い限りネクタイなんかしません.年がら年中ネクタイをせずに済みそうだから図書館屋になった,という噂さえあります.「Cool Biz」などと言われても「何を今更」な想いが非常に強いですね.
 だいたい,ネクタイ締めてスーツ着て端末の前に座って,それで図書館屋が務まると思ってる方.まだまだ甘いね(^^;).

今日のBGM

マーラー/交響曲第4番ト長調@ロリン・マゼール/ヴィーン・フィル(SONY)

 日本図書館協会の新理事長が日図研な方に決まり,常務理事の方々もどうやら大学図書館よりは公共図書館のご意見を吸い上げるのに適した人材のようなので,再び先々代理事長の時代のようなこと(公共図書館以外は陪食扱い)になりはしないかと危惧しているところ.公共図書館についても,これまで以上に「公務員」の「身分」にこだわった強硬な姿勢を打ち出す可能性が大きいんじゃないでしょうか.

 そうなったらこのblogも,この作品でも聴きながら空想の世界に逃げ込みましょうかね(sigh)(^^;).

2005/05/31

今日のBGM

マーラー/交響曲第1番ニ長調@ジェームズ・レヴァイン/ロンドン交響楽団(BMG)

 すっきり味のマーラー.あまりタメもなく,スイスイと進んでいくのはいいのだが,いささかお気楽(^^;).そろそろ新録音が出てもいいかと思うが>>レヴァインのマーラー.

日常

 仕事.午前中は目録修正をボチボチ.午後は難しいレファレンスで走り回る.結局未解決.くそぉぉ.

 突然ですが,G.C.W.氏が『白氏文集』を「はくしぶんじゅう」と読むのは,ある恩師が「この読みが正しい」と力説していたからです(^^;).『万葉集』を「まんにょうしゅう」とは,なかなか読みつけないのですが,『白氏文集』は納得して「はくしぶんじゅう」.

2005/05/30

日常

 仕事如例.演習,月曜の2コマ目というのは調子が出ない(-_-;).何か上手い手を考えないと,学生に怒られてしまうよ(^^;).何とかするべし.

 読売新聞【二子山親方が死去、一時代築いた「角界のプリンス」】,毎日新聞【二子山親方:人気集めた元大関貴ノ花が死去、55歳】亡くなるには,ちょっと若かったですね.
 G.C.W.氏は「クンロク大関」貴ノ花しか知らないので,「貴輪時代」とか「昭和50年大阪場所でのカド番優勝」とか,あまりピンと来ません.ウチのカミさんはG.C.W.氏より古く,清国以来の大相撲ファンなので,座布団でテレビ画面が見えなくなった(!?)伝説を語ってくれますが.

今日のBGM

アイヴズ/交響曲第2番@マイケル・ティルソン・トーマス/アムステルダム・コンセルトヘボウ管絃楽団(SONY)

 人生を楽しむってのはこういうもんさ,と言わんばかりの交響曲(^^;).「実験的かつノスタルジック」とはよく言ったものである.

2005/05/29

再録:紅旗征戎非吾事2002年3月21日の記事から

 読書日記さん【2005年度日本図書館情報学会春季研究集会】経由で,2005年度日本図書館情報学会春季研究集会にて〈「選書ツアー」はなぜ批判されたのか ~論争の分析を通して~〉(安井一徳)という発表がなされたことを知る.

 同じようなことを考えていたひとがいたことを知ると,ウレシクなっちゃいますね(^^;).しかも,きちんと学術的に検証していただけるとは.
 G.C.W.氏も2002年3月21日に,「みんなの図書館」2002年4月号への感想で同じような疑問をhtml時代のおぼえがき〈紅旗征戎非吾事〉に書きました.それは本家サイト〈重楼疏堂〉の整理を思い立った時に削除したまま,再UPしてません.しまった(^^;).
 取り敢えず,以下にその箇所を再録しておきます.

続きを読む "再録:紅旗征戎非吾事2002年3月21日の記事から" »

日常

 休日.磐越西線を走る「SL郡山会津路号」C57を撮影しに出かける.ついでに喜多方までクルマを走らせて坂内食堂へ.喜多方でラーメンを食べるのはここ,と決めているもんで.何でも今日は,ある有名店が臨時休業とかでこちらに流れてくるお客多数(^^;).それでなくとも,ここも混むお店ではある.何とか「大盛ネギチャーシューめん」にありつく.スープもチャーシューも,相変わらずあっさりで脂ぎってないのがウレシイ.
 帰路,SLも郡山に戻ってくるのかと思って待っていたら,今日は会津へ行くだけだった(>_<).失敗.郡山へは,昨日来たのね.

 さすがに3日で610キロ(170+280+160)余りクルマを走らせると,心地よい疲れが(^^;).

« 2005年5月22日 - 2005年5月28日 | トップページ | 2005年6月5日 - 2005年6月11日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ