2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2005年4月24日 - 2005年4月30日 | トップページ | 2005年5月15日 - 2005年5月21日 »

2005年5月8日 - 2005年5月14日の記事

2005/05/14

ボクらの欲した民主主義

 昨晩,【愚智提衡而立治之至也: 図書館システムがダウンしたとき】を書いていて,ふと思ったのですよ.

 図書館業界の方々はことあるごとに「公共図書館は民主主義の学校である」って言うけど,これが「ボクらの欲した民主主義」なのかな,って.

 G.C.W.氏は,デモクラシーは「democracy」であって「democracism」ではないため,「民主主義」ではなく「民主制」という言葉を通常使っており,以下の文でも「民主制」を使用しますが,貸出機能を喪失すると途端に来館者が激減する公共図書館が教材になっている「民主制」というのは,一体どんな内実を伴っているんだろうという一抹の危惧を抱いたんですね.

続きを読む "ボクらの欲した民主主義" »

メモ

 毎日新聞【商標登録:「二十四の瞳」の無効請求へ 小豆島の観光施設

今日のBGM

チャイコフスキー/交響曲第5番ホ短調作品64@レオポルド・ストコフスキー/ニュー・フィルハーモニア管絃楽団(デッカ)

 あのシンバル大好きなチャイコフスキー(交響曲第1番,第4番の終楽章とか,第6番の第3楽章とか)がついに一度もシンバルを打ち鳴らさないのがこの交響曲.チャイコフスキー自身も好きじゃなかったらしいこの曲では,指揮者によっては終楽章にシンバルを追加したり,同じく終楽章をカットしたりしている.ストコフスキーは並みの指揮者以上にあちこちに細かいカットを入れたりオーケストレーションのバランスを変えたりして,彼なりに冗長さを省いて音楽の集中力を増すべく努力をしている.フィラデルフィアとの旧録音では,手を入れたことがそれなりに成功していて光彩陸離たる録音を残しているが,こちらではさすがに年齢的なものもあってか,堂々とはしているものの往年の緊張感と光彩は影を潜めている.

日常

 休日.久し振りに寝坊したら調子が上がらない(-_-;).午前中は定期通院へ.午後は食料調達など.
 何気なくテレビを点けてNHK大河ドラマ〈義経〉の再放送を見る.主役より脇役のはずである平家の連中に眼が向いちゃうのは何故(^^;)? さすがに松坂慶子(平時子/二位尼)が上手いね.相変わらず大オーバーな平幹二朗(後白河院)もよいぞ.

 山陰中央新報【山陰中央新報 - ファミリーマート島根1号店が開店】これがニュースになるのは,これまで山陰(島根・鳥取)地方でコンビニエンスストアといえばローソンポプラしか無かったから.〈出雲のからだにうるおうアルカリ天然水〉と称して金城町産の水を売っていたセブンイレブンは未だに一店舗も出店していないはず.現在では「出雲」が外れて〈からだにうるおうアルカリ天然水〉に修正されているようだが,商品紹介ページを見ると地の文では〈出雲のからだにうるおうアルカリ天然水〉って書いてあったりする.
 金城町は石見国だ(^^;).

 毎日新聞【ペットアレルギー:わかっちゃいるけど、犬猫と別れるのイヤ--名古屋の病院調査】記事に曰く「患者にペットを手放すよう求めた。しかし犬、猫の飼い主22人は、全員が手放すのを拒否。ハムスターでも手放した人は4人にとどまった」人間にとって身体の健康よりも大切なことは,確かにあると思うよ.

続きを読む "日常" »

2005/05/13

今日のBGM

チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調作品74〈悲愴〉@カール・ベーム/ロンドン交響楽団(DG)

 ベームが晩年にロンドン交響楽団と年1枚づつ録音したチャイコフスキーの後期交響曲から.ベームはチャイコフスキーが好きだったようでライヴでもかけていたらしいが,あまり評判はよろしくない(^^;).
 個人的にはキライじゃない演奏なんだけどな.

日常

 仕事.寒い.午前中は何だか閑散とした雰囲気だったのが,午後にあった学生対象のコンサート(勤務先では年数回,いろいろ一流どころを呼びコンサートや展覧会や講演会をやります.感想提出が単位の対象なので演奏会や舞台の時は図書館から学生を締め出すんですね)が終わったら学生がわんさか(^^;).夕刻から会議だったのでそちらにかまけていたら,カウンターはお客が集中して大変だったらしい.会議も30分ほどで終わるかと思ったら小一時間かかる(-_-;).珍しく実のある話がいろいろ飛び交う会議ではあったけど.あとでプライヴァシーポリシーに修正かけておかないと.

 ライオンズ西口惜しかった! 日刊スポーツ【<西-巨>西口が9回2死まで無安打】こんなにいい西口は久し振りに見ましたよ(^^;).スライダーが切れるキレる.

図書館システムがダウンしたとき

 岩手県の川崎村立図書館で,約2週間にわたって図書館システムがダウンしたという話がありました.内容については以下の記事を参照してください.

岩手日日新聞
川崎村立図書館のサーバーに障害、貸出、返却不能に】(4月29日付)
川崎村立図書館でシステム復旧、貸し出し再開】(5月11日付)

続きを読む "図書館システムがダウンしたとき" »

2005/05/12

日常

 ココログのコントロールパネル欄の表示がおかしいけど,何も言いますまい.

 仕事.午前中は案外ヒマだったのに,お昼過ぎたら忙しいこと(^^;).レファレンスが立て込んだ挙句に複写依頼の嵐でへとへとになり,とうとう明日に積み残す.ダメですがね(-_-;).

 このところ「雇い兵」とか「外国人部隊」とか,耳慣れない言葉がメディアに散見されるけど,「傭兵」「外人部隊」という既に一定の意味を持って定着している言葉をわざわざ変える必要が何処かにあるのかな.

今日のBGM

伊福部昭の芸術Ⅰ@広上淳一/日本フィルハーモニー交響楽団(キング)

 〈日本狂詩曲〉〈土俗的三連画〉〈交響譚詩〉の3曲を収録.中でも〈日本狂詩曲〉は衒いの無い名曲だと思う.

2005/05/11

「スターライブラリアン」が忌避される理由(続)

 昨日の続き.

 「出る杭は打たれる」という格言を地でいっているのが図書館業界というところで,特に公共図書館業界にその趣きが強いように感じられるのは,何もG.C.W.氏の僻目ではなく,浦安市立図書館が竹内紀吉館長の下で走り出した頃から澎湃と沸き起こり,現在もなお図問研や日図研にくすぶっている「浦安叩き」の歴史を繙けば一目瞭然(^^;).

 これは,『市民の図書館』(日本図書館協会)発刊以降,1970年代から80年代にかけて日図研や図問研の中枢を担った連中が意識的か無意識にかはともかく,前川恒雄(元・滋賀県立図書館長)の業績と思想を神格化・神話化してきたことが遠因にあると言っても,当たらずと言えども遠からずでしょう.漫画の世界を例に引けば,トキワ荘グループが代表するプレ団塊の世代が手塚治虫を神格化・神話化したようなものです.

続きを読む "「スターライブラリアン」が忌避される理由(続)" »

日常

 仕事如例.閉館近くに入ってきたレファレンスが手強くて,一同難儀する(>_<).世の中にはいろいろなことに着目するひとがいるものだと感心(^^;).

 読売新聞【リサイクル費不払い、スーパー「ライフ」が制度に抵抗】ちょっと前に毎日新聞も取り上げていた話.ちなみにライフはこのような環境活動を展開してます.

 京都新聞【戦艦大和の展示、見直しを  「戦争美化」と市民団体】出るんじゃないかと危惧していたけど,やっぱり出たか(-_-;).

今日のBGM

ブルックナー/交響曲第9番ニ短調@ハインツ・レーグナー/ベルリン放送交響楽団(エーデル・クラシックス)

 鳴り響く音はブルックナーっぽいのに,テンポの動かし方や表情付けはブルックナーっぽくないという,ちょっと不思議な演奏.この第9番でも少々落ち着きに欠けるような感じがする.

2005/05/10

日常

 仕事.週末の会合の資料作成と目録修正.大学図書館には珍しく,1歳のお子さんまで来館する一日(*_*).何故かお客の集中が激しく,繁忙期と端境期が一日の間に交錯する展開で疲れる(^^;).

 読売新聞【日本代表ラガーマンら、女子プロレスラー殴って逮捕】殴られた「女子プロレスラー」って誰なんだか,ちょっと気になる.

「スターライブラリアン」が忌避される理由

 以前あるひとが「公共図書館のひとは電話口で係名は言うけど名乗らないのは社会人としてどうよ」という意味のことを言っていたことがありましたっけ.それをとある公共図書館員に尋ねてみたら,凡そ「図書館員は個人ではなく業務として仕事をしているのだから,係の構成員のうち誰が仕事を引き継いでも同じ結果が出る.だから係名は名乗っても個人名を名乗る必要は無いんです」との意味の答えが返ってきました.

続きを読む "「スターライブラリアン」が忌避される理由" »

今日のBGM

マーラー/交響曲第9番ニ長調@ロリン・マゼール/ヴィーン・フィル(SONY)

 何て言うか,ヴィーン・フィルを起用している割には中途半端な演奏に聴こえる.例の如く,マゼールとしては「健康的な作曲家」マーラーという解釈なんだろうが,当然ながらバーンスタインっぽい世紀末の耽美的・崩落的な雰囲気は欠落しているし,かと言ってクレンペラーやジュリーニのような厳格なスケール感があるわけでもない.カラヤンやレヴァインの機能美にも今だし,という感じである.

2005/05/09

日常

 仕事.演習はレポートを提出してもらった上で,疑問・質問のアンケート調査をする.来週は受講者の4分の3が別の実習で不在になるので休講.他には週末の会合に向けて資料の準備など.

 10連休は最初と最後を除いてカミさん家に遊びに行ってました.最近はある意味,自分の実家に帰るよりも気がラクで(^^;).娘ふたりの顔も拝めるし,今年は天候にも恵まれたし.お土産に山本おたふく堂の〈ふろしきまんじゅう〉と常盤堂の〈蕎麦饅頭〉をぶら下げて帰宅.〈ふろしきまんじゅう〉は実に田舎の饅頭で,関東でも通用する美味.〈蕎麦饅頭〉は上品で美味しい饅頭.最近どこぞの雑誌が取り上げてくれたとかで,近在に小ブームが起きているみたい.

 で,一番混む上にカネがかかる5月の3・4・5日と京都に家族旅行を敢行.島根県人は修学旅行で京都に行ったことが無いと口をそろえるので,まるで修学旅行のような名所旧跡探訪を企画する.

続きを読む "日常" »

今日のBGM

ショスタコーヴィチ/交響曲第9番変ホ長調作品70@ヘルベルト・ケーゲル/ライプツィヒ放送交響楽団(ウェイトブリック)

 モスクワで旧連合国の対独戦勝利60周年を祝う記念式典が行われた日に相応しいのは,やっぱり「戦勝交響曲」であるこの作品だろうと思うわけですよ.

« 2005年4月24日 - 2005年4月30日 | トップページ | 2005年5月15日 - 2005年5月21日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ