2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 2005年3月20日 - 2005年3月26日 | トップページ | 2005年4月3日 - 2005年4月9日 »

2005年3月27日 - 2005年4月2日の記事

2005/04/02

日常

 休日.早起きして掃除洗濯.好天に恵まれたのでガスレンジを解体して大々的に,風呂場をいつもより念入りに磨く.終了後,ふと思い立って北茨城まで片道2時間クルマを走らせ,茨城県天心記念五浦美術館茨城大学五浦美術文化研究所を見に行く.なかなか面白いところ(^^;).帰りに大津港でカミさんのために立ち寄りたい所があって,行ってみたら閉まっていた.閉店しちゃったのかな?
 それにしても,いわきとか北茨城とか古殿とか平田あたりのヒトの運転の荒っぽいことと言ったら(-_-;).今日は何度もコワイ目に遭いました.

 今日は久し振りにぐっすり眠れるといいのですが.

今日のBGM

シューベルト/交響曲ハ長調D.944(第9番)@カルロ・マリア・ジュリーニ/バイエルン放送交響楽団(SONY)

 何もかもが浄化された「天上の音楽」ですよ,この演奏は.早朝の深深と冷え込んだ空気と日の光のような.

2005/04/01

知識・知恵・読解を尊重する伝統と図書館の整備

 もうひとつ,南さんからご教示いただいた記事.

 読売新聞【フィンランド報告(7) 天然資源は「木と頭」 : 教育ルネサンス

 「経済協力開発機構(OECD)の国際学習到達度調査で好成績を収めた最大の理由は」という問いにフィンランド教育省の事務次官氏は

(前略)私は図書館の整備を挙げたい。国民1人が図書館で借りる本は年間21冊で世界一だ。幼いうちに、図書館の使い方を親が教えるという習慣も根づいている。我が国には知識、知恵、読解を尊重する伝統がある。

と答えている.貸出冊数もさることながら,自学自習を援助するための図書館,という役割が定着しているということだと,G.C.W.氏は考えます.

活字文化振興は国の責務

 読売新聞【活字文化振興は国の責務

 南さんから記事の存在をメールで教えていただきました.ありがとうございますm(_ _)m
 記事に拠れば

「文字・活字文化振興法」の骨子案をまとめた。 文字・活字文化の振興・推進は国や地方自治体の責務と明記し、利用しやすい図書館づくりなどの環境整備を求めている。国民の活字離れを深刻に受け止め、「総合的な施策の推進により、知的な国民生活と文化の薫り高い社会の形成に寄与」しようというものだ」

との由.これがひょっとすると,「国による図書館振興」政策の転回点になるやもしれません.「著作物再販売価格維持制度の維持なども求めている」ご愛嬌(^^;)もありますが,図書館業界としても注視していきましょう.「国による図書館振興」が広くみんなの目に触れ,幅広い支持が得られるようになることを期待します.

参考
Yomiuri On-Line / 21世紀活字文化プロジェクト

日常

 今日から新年度.
 仕事.勤務先のサイト再構築午前中でほぼ終了.いろいろ恥ずかしい箇所や問題になりそうな部分はあるが,取り敢えずはこれでやるしかない(^^;).午後は親任式とか辞令交付とか.9年前にもらった肩書き,そのまま.さすがにやさぐれそう(-_-;).図書館屋は「肩書き」で他人を脅かす仕事じゃないから,それはそれでいいんだけど.むしろ勤務先の外聞が悪くなることの方が心配.

 産経新聞【少子化 センバツの効果期待?私大“広告合戦” もう一つの甲子園熱く】なるほどねえ.

今日のBGM

マーラー/交響曲第1番ニ長調@ロリン・マゼール/ヴィーン・フィル(SONY)

 マゼールのマーラーは何処までも健康的.1番ではさすがに老獪な指揮ぶりで青春の甘酸っぱさを引き出している.

2005/03/31

日常

 仕事.年度末なので勤務先は閑散.お客が来ない間隙を縫って,こちらはサイトの再構築とか新年度からの新規事業の準備とか暫定プライバシーポリシーの策定とか.上の方から一向に個人情報保護法第50条の3に基づく指示が下りてこないので,取り敢えず図書館におけるプライバシーポリシーを暫定的に策定しておき,近日中に「暫定版」として公開することにする.

 退勤後,勤務先の部下をクルマに乗せ,過日手術をした部下のお見舞いに.思ったより元気そうで顔色もよかったのでホッとする.日頃は割と向こうっ気の強いひとなのだが,さすがにキツそうではあった.明日退院との由,良き哉.

今日のBGM

マーラー/交響曲第10番嬰ヘ短調@ジェームズ・レヴァイン/フィラデルフィア管絃楽団(RCA)

 マーラーの情念がすっかり殺ぎ落とされて,あっけらかんと音楽が鳴り響く演奏.瑞々しく爽やかで,音楽が若やいでさえいる.G.C.W.氏は「しんねりむっつり」と無縁の,この手の演奏が好き(^^;).

2005/03/30

福岡県西方沖地震関連

文部科学省【福岡県西方沖の地震による被害状況(平成17年 3月29日17時)

 文部科学省は新潟の時も,被害状況報告をやっていたのだっけ? と思ったらありました.【新潟県中越地震について】【新潟県中越地震被災受験者に対し配慮を決定した大学

日常

 仕事.勤務先サイトの手直しと新入生用資料の作成など.もう少しサイトを「公式」っぽくしたいのだが,何分にもホームページビルダーでちまちま作っているので,なかなか上手くいかない(-_-;).取り敢えず館則,「利用の手引き」などもhtml化するのではなく,blogに放り込んでみることにする.あとは,リンク集をどうやってblog化するか.

 部下に「図書館雑誌」2月号と3月号の特集がそれぞれ面白いから,ヒマな時に読んでおいてね,と言ったら早速借りていく.G.C.W.氏がお勉強の指示を出すのは滅多に無いことではありますが,反応がヴィヴィッドなのはちょっとウレシイ(^^;).

 京都新聞【大学消滅なら学生転学支援 文科省が対応方針】メモ.

今日のBGM

“Bach Transcriptions”@レナード・スラットキン/BBCフィルハーモニック(シャンドス)

 原理主義者が聴いたら怒るだろうな,という極彩色の1枚(^^;).レスピーギによる〈パッサカリア〉BWV582,エルガーによる〈幻想曲とフーガ〉BWV537,そしてシェーンベルクによる〈前奏曲とフーガ〉BWV552と,華麗なオーケストレーションによる壮大なバッハが現出する.

2005/03/29

図書館に勤めている人は何の専門家なの?

 以下の文章は去年,ある高校生向けの媒体から依頼を受けて書いたものですが,「高校生には難しいでしょう」という指摘を受けて全面的に書き直し,最終的には書き直したほうが採用されました(^^;).実は依頼された字数の倍以上書いていたこともありまして(-_-;).
 今日はボツになった最初の原稿を何となくご紹介.なお,前振りにあったG.C.W.氏のプライヴァシーを垣間見せる箇所はカットしましたのであしからず.

続きを読む "図書館に勤めている人は何の専門家なの?" »

日常

 仕事.昨晩は送別会のあと,気心の知れた方々と二次会.日付が変わる寸前までワイン2本空ける(^^;).今日は寝不足でフラフラになりながら,勤務先のサイトを大幅に手直しする.取り敢えず無料レンタルweblogで始めてみるが,そのうち自前サーバでweblogを使えるようにしたいもの.

 【娘が帰ってきました。河北新報のサイトにも記事が上がってましたね.よかったよかった.

 最近,ようやくこのblogも検索エンジンにひっかかるようになったらしくて,アクセス解析が楽しくなってきてますね(^^;).「伊藤昭治氏」や「田井郁久雄」でこのblogに来てしまった方が,貸出至上主義陣営の側の方なら「ゴメンなさい」です.

2005/03/27

口先だけの「個人情報保護」

 京都新聞【合格者名公表、制限の動き 「市民の知る権利の侵害」】先日,個人情報保護について随分とエラそうなことを他blogにコメントしていた公務員がいましたけど,やることは結局こんなものですか.毎日新聞【個人情報保護法:プライバシーマーク申請 各企業が殺到】こーゆう記事もあります.天下りが肥えるだけですね.

 日常業務においてやるべき仕事をやらずに,口先だけで「個人情報保護」を騙られても,ねえ(^^;).そもそも意見を異にする他者がいるのは当たり前であり,意見が異なることについてはG.C.W.氏がとやかく言う,またあちらにとやかく言われる筋合いでも無いけど,相手を批判する文言に事欠いて犯罪を教唆・使嗾するような公務員に「個人情報保護」を語る資格がありますか?

福岡県西方沖地震関連(大学図書館等)3

福岡大学図書館の分室は3月28日(月)より開館.本館は未だ図書返却のみ受付.

九州産業大学図書館は部分開館継続中.相互利用業務は今年度一杯休止.

今日の購入物件

 今朝の毎日新聞の書評欄で気になった本を買いに行ったら,余計なものまで買い込む羽目に(^^;).

ベースボールと陸蒸気:日本で最初にカーブを投げた男・平岡凞』(鈴木康充,酒井堅次著/小学館文庫571/小学館/2005年4月初版/本体571円)
城の中』(入江相政著/中公文庫限定復刊/中央公論新社/2004年10月改版/本体1333円)
『濠端随筆』(入江相政著/中公文庫限定復刊/中央公論新社/2005年3月改版/本体1429円)

 中央公論新社はボリ過ぎだとG.C.W.氏は思う(^^;).『城の中』の初版(1978年)は400円くらいだったと記憶しているし,『濠端随筆』(1980年初版)も500円くらいだったのでは? 「限定復刊」と煽って3倍以上の値段をふっかけるとは,読売グループはやることが違うわ.

日常

 休日.寝坊して午前中は使い物にならず,予定していたガスレンジ磨きは延期(-_-;).午後からあれこれ買い物.出先でちょっとドキッとすることあり(sigh).迂闊に街中歩けないわ.

 【つぐみ、どこにいるの?】行方不明になった小学生の娘さんを探しているお母さんが開設したblogです.娘さんが1日も早く見つかりますように,微力ながらご紹介まで.

今日の購入物件

ショスタコーヴィチ/交響曲第4番ハ短調作品43(作曲者による2台ピアノ版)@Rustem Hayroudinoff & Colin Stone(Chandos:CHAN10296)
黛敏郎/曼荼羅交響曲ほか@湯浅卓雄/ニュージーランド交響楽団(Naxos:8.557693J)

 黛敏郎を買いにレコード屋に行ったら,セールなのかクラシックの輸入モノCDがどっさり(-_-;).幾つか「これは」と思った中で,結局ショスタコーヴィチ/交響曲第4番のショスタコーヴィチ自身の手による2台ピアノ編曲版という珍しい録音を購入.世界初録音の由.

続きを読む "今日の購入物件" »

« 2005年3月20日 - 2005年3月26日 | トップページ | 2005年4月3日 - 2005年4月9日 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ