2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 仙台市立図書館 指定管理者制導入を検討 | トップページ | 日常 »

2005/12/02

ペッピング/交響曲第2番

エルンスト・ペッピング/交響曲第2番@ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ベルリン・フィル(メロディア:MEL CD 10 00725)

 1943年10月30日,ベルリンの旧フィルハーモニーでのライヴとされている録音.10年ほど前に,第二次大戦後旧ソ連がドイツから戦利品として持ち去った帝国放送局のマグネットフォン録音からメロディアが復刻し新世界レコードが日本で発売したCDである.
 エルンスト・ペッピング(1901-1981)はドイツの作曲家.フーゴー・ディストラー(1908-1942)などと並び20世紀前半を代表するドイツ教会音楽の担い手のひとり.ナチスに迎合・追従した作曲活動を行い,その時代には取り上げられる作品も多かったようである.交響曲第2番はフルトヴェングラーが初演しているが,フルトヴェングラー自身の作品と大差ない,後期ロマン派の様式で書かれた悲愴感溢れた闘争的な音楽.フルトヴェングラーの指揮が,悲愴感をいやがうえにも助長する.

« 仙台市立図書館 指定管理者制導入を検討 | トップページ | 日常 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38016/7433154

この記事へのトラックバック一覧です: ペッピング/交響曲第2番:

« 仙台市立図書館 指定管理者制導入を検討 | トップページ | 日常 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ