2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常 | トップページ | 日常 »

2005/12/13

ヘンデル/メサイア

ヘンデル/オラトリオ〈メサイア〉@トーマス・ビーチャム/ロイヤル・フィル(BMG:09026-61266-2)

 1959年録音.かのユージン・グーセンス編曲版〈メサイア〉の怪演(^^;)である.グーセンス(1893-1962)はイギリスの指揮者で作曲もしたひと.第二次世界大戦前後に結構な量の録音を残し「サー」の称号まで貰っている.60歳を過ぎてスキャンダル(オーストラリアからの帰路,ヒースロー空港の税関でポルノ雑誌(^^;)を持ち込もうとしたのが発覚)で逼塞する羽目に陥ったのを友人のビーチャムが気の毒に思ったのか,この編曲を依頼したという話がある.
 とにかく派手にモダン・オケを鳴らした壮麗な編曲.特に語り草になっているのが第2部の終曲,言わずと知れた「ハレルヤ・コーラス」で,古楽で聴きなれたひとが聴いたら笑い出すか,のけぞること請け合い(^^;).ビーチャムのテンポにも独特のものがあり,大時代なリタルダンドが聴かれる一方,意外な曲が快速に運ばれたりする.
 なお,この録音はLP当時から,8曲ばかりが全曲に含まれず,最後に一括して補遺(Appendix)として収録されている.僕はこの補遺を,全曲のしかるべき場所に復元して聴いているけど,補遺にこれらの曲が回されたのはどういう理由からなんだろう.

« 日常 | トップページ | 日常 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘンデル/メサイア:

« 日常 | トップページ | 日常 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ