2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« シューマン/交響曲第4番 | トップページ | 日常 »

2005/12/06

ディストラー/クリスマスの物語

フーゴー・ディストラー/Die Weihnachtsgeschichte, Op.10@ハンス-ヨアヒム・ロッチュ/ライプツィヒ・聖トーマス協会合唱団ほか(ベルリン・クラシックス:0092462BC)

 ナチに忠誠を誓い,その政権下で第一級の作曲家になりながら,神経衰弱(?)から自殺したとされるフーゴー・ディストラー(Hugo Distler,1908-1942)による,無伴奏合唱と4人の独唱者のためのクリスマス作品.
 ディストラーはハインリヒ・シュッツを模範として仰ぎ,ポリフォニックなネオ・バロック様式で主に宗教音楽を書いた.その響きはヴァイマールのモダニズムとは趣きが異なり,相当に復古調な雰囲気を醸し出すものになっている.この録音がバロック音楽をほぼ専門にするハンス-ヨアヒム・ロッチュによって録音されていることからも,そのことは首肯してもらえるのではないかと思う.

« シューマン/交響曲第4番 | トップページ | 日常 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディストラー/クリスマスの物語:

« シューマン/交響曲第4番 | トップページ | 日常 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ