2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2005年12月27日) | トップページ | クリスマスマイフェバリット3 »

2005/12/28

マーラー/交響曲第10番

マーラー/交響曲第10番嬰ヘ長調(レモ・マゼッティJr.による補筆完成版)@レナード・スラットキン/セントルイス交響楽団(BMG:09026 68190 2)

 クック版にところどころアクセントとフェイントをかけたように聴こえる補筆版(^^;).
 僕は一時期,大晦日にはこの曲を「ゆく年くる年」代わりに聴いていたことがある.当時はまだLP時代で,第10番の補筆全曲版の録音はクック版によるウィン・モリス/ニュー・フィルハーモニアのもの(僕が持っているのはフィリップス:15PC-192/193)しか存在せず,僕はそのLPを高校生の頃手に入れて,いささか無表情だがひたひたと流れる大河のような演奏が意外によくて,繰り返し聴いていた.今時のように数種類の補筆版をCDで聴き比べることなど,とても想像できない(sigh)時分のことである.
 でも,何故この曲が「ゆく年くる年」に相応しいと思ったのかは,実のところあまりよく覚えていない(^^;).

« 日常(2005年12月27日) | トップページ | クリスマスマイフェバリット3 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーラー/交響曲第10番:

« 日常(2005年12月27日) | トップページ | クリスマスマイフェバリット3 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ