2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常 | トップページ | 今日のBGM »

2005/10/13

今日のBGM

チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調作品74“悲愴”@オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管絃楽団(EMI:CMS 7 63838 2)

 クレンペラーはどういうわけだか,チャイコフスキーの後期交響曲3曲を録音している.クレンペラーはその醸し出す雰囲気からしてチャイコフスキーとは異質(^^;)なのだが,まあこれもブラームスのように聴こえる演奏ではある.威風堂々辺りを払う真摯な演奏なのだが.
 ドイツ系指揮者によるチャイコフスキー演奏の伝統らしきモノはあるようで,G.C.W.氏の知る限りでも古くはカール・ムックがボストン交響楽団を指揮したチャイコフスキーの交響曲第4番の終楽章のアコースティック録音が存在するし,最近では「あれだけは止めて欲しかった」とまで言うヒトもいるカール・ベームの録音した後期交響曲集がある.

« 日常 | トップページ | 今日のBGM »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のBGM:

« 日常 | トップページ | 今日のBGM »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ