2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の記事

2005/10/31

日常

 仕事.今日から部下が復帰し,通常の体制に戻る.午前中の演習は日本目録規則1987年版改訂版について,の前段階で「記入」「記述」「標目」など通常の日本語と異なる目録屋独特の語彙の説明.来週は書誌記述について逐条解説.
 午後は換装されたシステムと格闘続き.いよいよ目録作成機能を手なずけにかかる.手間のかかるシステムである(>_<).普段はあまりシステムについてあれこれ言わない部下まで「前のシステムが懐かしい」とボヤく始末で,これは大学図書館には向いてないんじゃないかとG.C.W.氏も思い始めているところ.

 読売新聞【同志社大記念館の補強材、文明開化支えたレールと判明】メモ.

 実はテンプレートをどうしようか,ちょっと思案しているところ.ココログの古いテンプレートはHTML書いても上手く表記に反映されなかったりするので,いい加減うんざりしているのね.

今日のBGM

アイヴズ/交響曲第4番@小澤征爾/ボストン交響楽団(DG:UCCG-9253)

 とても不思議な,としか形容の仕様が無い不思議な音楽.ポケットスコアがあれば,是非一度眺めてみたい(^^;).

2005/10/30

日常

 休日.久し振りにクルマで20分ほどのラーメン屋と健康温泉に出かけ,しばし休息(^^;).そのあと裏磐梯方面に出ようと思ったら雨模様になったので猪苗代湖畔で引き返す.街へ戻ってスーパーマーケットのハシゴ.食料調達など.弁当作りのモチベーション維持のために,半年にひとつ弁当箱買っているんじゃダメですね(^^;).

 読売新聞社説【[義務教育費]「中教審答申に重なる地方の声」】数字合わせのために教育を犠牲にする連中が,その同じ口で憲法改正とか議論しているのかと思うと,うそ寒くなります(>_<).

今日のBGM

マーラー/交響曲〈大地の歌〉@ブルーノ・ワルター/ヴィーン・フィル(EMI:CDN 7 64297 2)

 1936年5月のライヴ録音.よく聴くと第1楽章などオケとテノールのアンサンブルがあまり合ってなかったりするのだが(^^;),不思議な程の高揚感は録音の不備を超えて確かに伝わってくる.

宣戦布告(^^;)

 第91回全国図書館大会には行きませんでしたので,新聞記事をご紹介.

 茨城新聞【水戸 図書館大会茨城大会開幕 図書館の未来探る】茨城新聞は記事に直リンクが張り難いURLを振っているので直リンクは張りませんが,問題はこのあたり↓か.


 基調報告では、塩見昇日本図書館協会理事長が、公立図書館の指定管理者制度について、「なじまない」と指摘。「図書館は他とのネットワークが重要。無料の図書館をどう効果的に運用するかは、競争原理に立った民間とは相いれない」とし、「禍根を残すことが無いよう議論を丁寧に進めていきたい」と語った。

 この記事を読む限りでは,国家に対する宣戦布告というわけですね(^^;).

 まあ,日図研の重鎮である塩見氏が日本図書館協会の理事長に選出された時点で,早かれ遅かれ日図協が反「指定管理者制度」の旗幟を鮮明にすることは火を見るよりも明らかなことでしたが,日図協が舵を切った結果として公共図書館業界が高い代償を払う羽目にならないようにする大局的な見地からの戦略は,当然立ててあるんでしょうね>>塩見理事長.
 G.C.W.氏が図問研に喧嘩を売るのとは訳が違うことくらいは,わかっていてやっているとは思うのです.しかしこれまでの日図研や図問研あたりの指定管理者制度反対の運動を見ている限りでは,大きな戦略を踏まえて行動しているとは,どうも思えないわけでして.「ガチンコ」勝負の精神はスポーツならばともかく,この場合は全く尊ぶべきものでは無いと思うのですが・・・・・・・・・.

2005/10/29

日常

 休日.買い物と休養.ようやく風邪が治りかけているのに,今日はまた寒い1日であった(-_-;).着膨れしてクルマ運転すると身動き取り難いし.

 【医学都市伝説: このブログの価値はいくら?】が取り上げていた〈How Much Is My Blog Worth〉をやってみた結果が↓これ.いくらなんでも当blogに100万円以上もの価値があるとは思えんが(^^;).


My blog is worth $12,419.88.
How much is your blog worth?

 河北新報【東北大学祭のミスコン復活かなわず 女子学生ら猛反発】こーゆう企画の叩き潰し方こそ「ファシズム」の名に値するんじゃないのかな(^^;)? という疑問は残るのよ.今更「ミスコン」の是非はともかく.

今日のBGM

ラフマニノフ/交響曲第2番ホ短調作品27@ユージン・オーマンディ/フィラデルフィア管絃楽団(RCA・BMG:BVCC-38057)

 オーマンディの底力を知るのに好適な録音,である.嘘だと思うなら,今をときめくゲルギエフ/キーロフ管弦楽団の録音(フィリップス)と比較試聴してみるがよろしい.
 こーゆう言い方は本来避けた方がいいのだが,「オーマンディ」という名前のみ聞いて蔑む輩が後を立たないものだから(^^;).

今週の購入物件

学校図書館メディアセンター論の構築に向けて:学校図書館の理論と実践 』(日本図書館情報学会研究委員会編/シリーズ・図書館情報学のフロンティア5/勉誠出版/2005年10月初版/本体2700円)
図書館・情報学研究入門』(三田図書館・情報学会編/勁草書房2005年10月初版/本体2700円)
件名標目の現状と将来:ネットワーク環境における主題アクセス:第5回書誌調整連絡会議記録集』(国立国会図書館編/日本図書館協会/2005年7月初版/本体1300円)
将来に向けての基本的考え方:今後10年の図書館・学習・情報 』(英国文化・メディア・スポーツ省編,永田治樹ほか訳/日本図書館協会/2005年6月初版/本体1300円)
大学図書館がゼロからわかる本:学生のための図書館活用法』(大野友和編/日本図書館協会/2005年4月初版/本体1700円)
交通博物館のすべて:知られざる歴史と魅力』(交通博物館編/JTBキャンブックス鉄道34/JTB/2001年11月初版/本体1700円)
民主制のディレンマ:市民は知る必要のあることを学習できるか』(アーサー・ルピアほか著,山田真裕訳/木鐸社/2005年7月初版/本体3000円)
In-between 2』(港千尋著/EU/ジャパンフェスト日本委員会/2005年6月初版/本体2000円)

 何と今回は真面目な本ばかり(^^;).

2005/10/28

公共図書館の理想の「利用者」像

 以前,「〈中小レポート〉はそれまでの図書館政策へのアンチテーゼであった」という趣旨の発言をしていたひとがいたかと記憶しているのだが,【DORAの図書館日報: 趣味的】にて「趣味的なイメージは危険」と発言していたひとがいることを知り,あっと思ったんですよ.

 公共図書館業界は,今日にいたるまで前代の「利用者」を否定することで方向転換をしてきたのか,と.

 つまり,〈中小レポート〉によってそれまでの知識人・文化人(≒「エリート」)という「利用者」が否定され近代市民という「利用者」像が登場する.それが『市民の図書館』によって貸出至上主義が跋扈するようになると近代市民に替わり一般大衆が「利用者」の理想像として取り上げられる.そして今回,「ビジネス支援」に代表されるレファレンス・サービスの勃興で一般大衆から生活者(自立した思考を持つ情報収集者)へ,理想の「利用者」像が変転していくという構図が,眼の前に立ち上がってきて思わず「なるほど」と膝打っちゃいましたよ(^^;).

 で,気をつけなくちゃいけないのは,貸出至上主義が大衆を相手にしたが故に容易にポピュリズムやファシズムに転化した(貸出至上主義者の用いた手法は,デマゴーグやプロパガンダの典型的なやり口だったことを想起されたい)のと同様に,「ビジネス支援」の旗が他の思考の排除と言う,また別種のファシズムを招きかねないということ.それを避ける上で「趣味的なイメージ」というのは,公共図書館を考える上で失いたくない発想のひとつなんですけどね,個人的には(^^;).高度成長期じゃあるまいし,「役に立つ」ことにのみ公共図書館が駆り立てられることにはいささか危惧の念を持ってます.何しろG.C.W.氏にとって「趣味」と「仕事」は人生の両輪ですからね.

今日のBGM

シューベルト/交響曲ホ長調D.729(ブライアン・ニューボールトによるオーケストレーション)@ガブリエル・シュムーラ/ベルリン放送交響楽団(コッホ・シュヴァン:CD 311 012 H1)

 やっぱり,疲れているときはシューベルトがいい(^^;).ひとを追い立てるような音楽じゃないしね.これは多分,ニューボールト版による最初の録音(1980年)じゃなかったかな.未完が惜しまれる,野の花のような優しさを秘めた音楽である.

青森水族館管理会社(仮称)がんばれ

河北新報【職員21人が新会社 青森県営浅虫水族館】(記事閲覧には要登録[無料])


 来年4月から指定管理者制度が導入される青森県営浅虫水族館(青森市)の管理者になろうと、現在の水族館職員でつくる新会社が選考に応募。
(中略)
水族館の職員はもともと、2年前に同協会に統合された別公社の職員で、正職員21人全員で新会社を設立する道を選択した。

 これまで指定管理者委託が取り沙汰されている公共図書館で,ここまでやってのける職員がいるところって,ありますか? 図書館のカウンター業務が委託された時に,それまで非常勤でカウンター業務等の嘱託をしていた方々がNPO法人を立ち上げて業務委託を受けた話は仄聞してますが,指定管理者になるためにそれまで図書館で働いていた正規職員が新会社なりNPOなりを立ち上げた,という話は今のところ記憶に無いですね.

 〈堺市の図書館を考える会〉に代表される,図問研的な指定管理委託反対の運動にG.C.W.氏が懐疑的なのは,実にこのあたりです.「如何にも大阪のお役人が作りそうなチラシ」と知人をして言わしめたチラシに見るまでも無く,民業を蔑視し,公共図書館のサービスは公務員でなければ保障できないとする脅しと驕りに終始する想像力の貧困さ.
 ジェネラリストを良しとする現行の公務員制度と,スペシャリストを必要としている現行の公共図書館という枠組みの間にある矛盾と陥穽を見ようともせずに,こんな主張が出来る連中は,余程公務員と言う「身分」の居心地がいいんだろうな(^^;).やれやれ.

日常

 仕事.そろそろと換装したシステムの目録屋稼業を始める.とにもかくにも,慣れなきゃ仕方が無い(-_-;).旧システムから換装したシステムにコンバートした目録データの中に不具合があってコンバートできなかったデータがあるわけだが,どういうわけだか多数のNACSIS-CATからダウンロードしたデータを見つける.オフコン時代から引き継いでいる文字化けデータがダメだったのは理解できるが,今年に入ってからダウンロードした書誌がコンバートされてないのはさすがにおかしいので,クレームを出す.
 先日補正予算案を出した件で,あちこちに顔を出して予算案の修正をする.まあ仕方が無い,という程度で収まる(^^;).他に1,2腹の立つ話あれども,愚痴は控えましょう.

 中国新聞【広島にメード喫茶初登場】一般マスコミにメイド喫茶の話題が出ると,何とも微苦笑な気分になるG.C.W.氏(^^;).小山(■メイドカフェ i-maid■)にもつくば(メイドカフェ 萌るん)にもメイド喫茶が誕生している今日,現在住んでいる南東北の辺境にメイド喫茶が上陸する日は近いかも.

2005/10/27

難破船

 「図書館雑誌」10月号,「みんなの図書館」11月号,「図書館の学校」10/11月号,と並べてみて,見事なまでに先が見通せない(-_-;).舵を失った難破船のようだ.

 図書館業界は何処へ行こうとしているのか,何処へ引っ張られようとしているのか.確かに「思想無き実践」ほど怖いモノは無いが,それじゃあと,その持つべき「思想」の内実が図問研的な「思想」じゃあまりに退嬰志向≒思考と言うべきで,あの内側へ内側へと折り込まれていくベクトルに巻き込まれるのは御免蒙る.折角「仲間内だけじゃダメ」とおっしゃる方がいても,それを無視してでも純化路線に向かおうとするのは,どういうことなんだろう.これは自壊への一里塚か?

 結局,外側からの視点をとことん排除して「内側の論理」だけで亀の子よろしく武装してきた事が,ここに来て外側の風が吹き込むことにより,その内側のひずみとか矛盾とかが,一気に噴き出してしまった事がこの「迷走」の原因なんだろうよ.『市民の図書館』を神聖視して貸出至上主義を打ち立てて一世を風靡し,レファレンスサービスを日陰に追いやった兆本が,今更「レファレンスサービスの歴史」を語り責任を他に転嫁しようとしたところで免罪符になどなるものか(^^;).

 『市民の図書館』神話の呪縛から解き放たれない限り,図書館業界(就中公共図書館業界)の難破船状態は,経済状況が劇的に好転でもすればともかく,しばらくの間は続くだろうね.

日常

 昨日は日本シリーズ終了とともに疲れ果てて倒れてしまい,blogの更新に穴を空けてしまいました(>_<).タイガース4連敗がショックだったわけじゃないんですが.今回のシリーズ,そもそもマリーンズの前身である毎日オリオンズは,その創設当時タイガースから主力選手(別当薫,呉昌征,土井垣武,本堂保次,若林忠志)をごっそり引き抜いて騒動になった球団であり,今回の日本シリーズはその敵討ちになるか,とも密かに思っていたのですが見事な返り討ち(^^;).いくら考えても,タイガースがここまで惨敗した理由がわからない.「勢い」だけじゃないとは思うんだけど.何故かマスコミに敗因分析っぽい記事が出て来ないのも不思議.管見に入って来たのは毎日新聞【日本シリーズ:ロッテが大差の勝利…その理由は?】くらいか.
 ひょっとして,ホントにセリーグはイーグルスより弱いのかも.

 で,今日も仕事.ようやく勤務先の公式サイトのトップページが落ち着く.まるでblogのようなデザインだと長女に言われる.まあ,確かにそのとおりで,そのうちblog化する計画もあるものだから,ついついそんなデザインになったのかも.今もblog化している部分はあるのだけど,某無料blogを借りて営業している(^^;)ので,あまり宣伝していない.自サーバでblog化したときは,せいぜい宣伝させていただくことにするか.
 午後,先週来依頼を出していた借受本がようやく届く.部下が復活する前に片がつきそうでホッとする.これで×だったらどうしよう,と思っていた年代モノの書籍の借受依頼だったので.

 産経新聞【鞆の浦、開発か保存か 世界が注目】あれ,産経は「お上のやることに間違いはございませんから」開発バンザイでここまで来たんじゃなかったの(^^;)?

今日のBGM

ショスタコーヴィチ/交響曲第8番ハ短調作品65@キリル・コンドラシン/モスクワ・フィル(メロディア/アウロス:AMC2-043-7)

 ショスタコーヴィチの交響曲でも1,2を争う傑作.G.C.W.氏も4番,14番の次はこの作品をとる.コンドラシンの録音は,その生々しいまでの激しさ(特に第1楽章)は他に類を見ない演奏.

2005/10/25

日常

 仕事.今日は昨日よりは和やかな雰囲気(^^;).MS Publisherで作っていた勤務先のサイトのトップページは結局諦め,IBM Homepagebuilderで直接打ち込むことにした.ftpで転送するのも面倒なので,USBメモリーでも使って手動でペーストすることに(^^;).ローテクだけど,それが一番ラク.とにかく,シンプルに考えるようにしないと保たない.
 風邪はようやく峠を越えたようだけど,まだ体調が万全じゃないようで,音楽のキーがおかしい.普段聴きなれている曲が,いつもと違うキーに聴こえる.奇妙なことに,ヒトの声はいつもと同じキーで聞こえるのに,音楽だけが電話の呼び出し音まで低く聞こえる.

 日刊スポーツ【根上淳さん死去、ペギー葉山の夫】もう82歳になっていたんですね.いろいろ代表作はあるのでしょうが,G.C.W.氏にとってはやはり〈帰って来たウルトラマン〉の伊吹隊長.第43話「魔神月に吠える」で無理矢理休暇を取らされた伊吹隊長,クルマで奥様と子供を連れてお出かけ.カーラジオのスイッチを入れると,聞こえて来たのは「南国土佐を後にして」(^^;).フンフンいい気分でラジオを聞く伊吹隊長,ふと我に帰りあわててラジオを切る,なんてクスグリがありましたねえ.調べてみると,この回の脚本は石堂淑朗なのね.

 誰ですか「徳川頼倫」なぞをネットで捜しているのは(^^;).ものぐさしてはいけません.古い「図書館雑誌」や「南葵文庫報告」を引っ繰り返さなきゃダメですよ.

 毎日新聞【日本シリーズ:ロッテ、阪神に3連勝 日本一に王手】まさかまさかの3連敗.マリーンズを応援していたとは言え,これほどの大差続きは予想外もいいところ.マリーンズの打線がここまでいいとは思わなんだ.
 明日はスクランブルで井川かと思ったら,順序どおりの杉山.うーむ.

今日のBGM

マーラー/交響曲第2番ハ短調@ズビン・メータ/イスラエル・フィル(テルデック:WPCS-21103)

 タイガースがんばれ,このままでは終わるな! という願掛けをしたつもりだったのですが・・・・・・・・・.マリーンズの打線に唖然呆然(>_<).

2005/10/24

今日のBGM

マーラー/交響曲第1番ニ長調@ヤッシャ・ホーレンシュタイン/ヴィーン交響楽団(ヴォックス:CDX2 5508)

 ブルックナーの第9番とカップリング.レコード屋で見つけたとき,こんなものがあったんですか,という手応えだったことを覚えていますよ(^^;).演奏はカップリングのブルックナーの方がいいです.こちらは,少々演出が過剰でしかもいささかオケがもっさりしているのが難点.

日常

 仕事.朝から何故だかピリピリした雰囲気.肝心のG.C.W.氏が体調不良(風邪未だ完治せず)で,部下のひとりも調子が今ひとつらしく,いつもその間を取り持って場を和ませてくれる部下が今日から新婚旅行で不在とあっては,これはただならぬ緊張感が漂うことに.残りのひとりは最年長だが,こーゆうときの座持ちは無理.それでも何とか仕事をまとめあげて終了までこぎつける.
 このエントリー,帰宅後なので多少お茶らけ風味で書いてますが,勤務中は下手な冗談が却って嵐をもたらすんじゃないか,というくらいピリピリしていたんですよ(-_-;).

 勤務先のサイトに,元のトップページを上げようと思ったら,新しく入れたホームページビルダーとマイクロソフトパブリッシャーの相性が最悪(-_-;).これはどうしたものかと,ちょっと考える.今日は考えただけで時間切れ.うーむ.

 しかし,何故タイガース投手陣は面白いように打ち込まれるのだろう? 特に橋本,江草のリリーフ陣.マリンガン打線が狙い球を絞って決め打ちに来ているのが,素人目にも明らかなのに.それにしてもマリーンズの今江と西岡は,向う10年安泰な走攻守3拍子揃った素晴らしい三遊間.素晴らしいセンスの持ち主ですね.
 ところで,今日の日刊スポーツで森禎晶が,第2戦でのマリーンズの打順変更を「理解できない」とぼやいてましたっけ(^^;).

2005/10/23

今日のBGM

“ターニング・ポイント”@沢田聖子(日本フォノグラム:PHCL-8026)


〈悲しむ程まだ人生は知らない〉
(沢田聖子作詞・作曲)

 過ぎてしまった出来事を
 思い返すのは もう やめよう
 悲しむ程 まだ 人生は知らない

 あの頃は 良かったなんて
 振り返るのは もう やめよう
 悲しむ程 まだ 人生は知らない

 うん,今週も何とかなるだろう,と敢えてこのリフレインをここに掲げておきます.人生,そのひとに乗り越えられる程度の災難しか降りかからないんだよ,とは言われるものの,あまりに先行きが不透明で,これからどうなるか見当もつかないものですから.
 ちょっと勇気をもらおうと思います.今週もよろしく!

2005/10/22

日常

 休日.定期通院のあと,近所に移転新装開店したユニクロへ.駐車場にクルマの行列が出来ているので,向かいの某薬局の駐車場にクルマを停め,薬局でも買い物(いや,元々こちらでも買い物をするつもりだったんですよ(^^;))してからユニクロに行き,傘を忘れてくる(-_-;).クルマを廻してラーメン屋で昼飯を食べたあと,某家電量販店でマウスを購入.勤務先で換装したシステムの端末に付いてきたマウスがLサイズで,使っているうちに右手薬指と小指の間が筋肉痛?を起こすようになったため,自腹を切って使いやすいマウスに交換することにした.もし消耗品費で落としてくれれば幸運なのだが(^^;).

 日刊スポーツ【ロッテ清水7回1失点/日本シリーズ】ほとんど見せ場を作れなかったタイガースに対し,マリーンズはまず幸先のいい出足を見せましたね(^^;).

2005/10/21

今日のBGM

“Real My Heart”@優木まおみ(ネオプレックス:NPPX-27)

優木まおみオフィシャルウェブサイト

 何処のサイトだったか思い出せないのですが,半年くらい前に誰かが歌声を褒めていたのが気になっていたひと.ルックスが好みなので/~(^^;).それにこのアルバムの2曲目が昔懐かしい〈シオン〉だったもんで.まさかと思ったけど,ホントに沢田聖子の〈シオン〉のカヴァーだったのに吃驚してしまう.割と搦手からのアレンジで,そりゃ確かに正攻法であの名歌唱に立ち向かうわけにはいかないよな,と思った次第.
 で,こーゆうほのぼの系の歌声は好きです(^^;).買ってよかった.・・・・・・・・・疲れているときや滅入っている時には,染みます.

日常

 仕事.今日も気分は猛獣使い(^^;).まあ,こうなったら力ずくで捻じ伏せてあげようじゃないの.しかし,新しい端末のマウスが手に合わないのは困りモノ(>_<).明日,自分用のを探して来るか.
 で,ようやく書類のバックアップが戻ってきたので,予算増額要請の稟議書など作成して出してみる.

 ZAKZAK【「卵かけご飯」を語ろう…島根・雲南でシンポ開催へ】G.C.W.氏も「卵かけご飯」好きですよ(^^;).ウチのやり方はお椀につけた炊き立てのご飯の真ん中に穴を作って,そこに醤油と溶いた卵を半分入れてかき混ぜて食べる.これで,卵1個でご飯2膳食べられます(^^;).

2005/10/20

日常

 仕事.一日中,新しい図書館システムと格闘.手なずけるまでどれくらいかかるやら(-_-;).風邪も治らないものだから,blogを書く気力も萎えがち.今日も早く寝よ.

 毎日新聞【高校野球留学:受け入れ四国、東北 流出は大阪が最多】大学入試のために県外の学校に進学するのは可で,野球留学が許されないのはこれ如何に(^^;)?

今日のBGM

チャイコフスキー/交響曲第5番ホ短調作品64@ピエール・モントゥ/ボストン交響楽団(RCA/BMG:BVCC-8941/8942)

 この曲は同じ作曲家の交響曲第4番や第6番に比べて,G.C.W.氏の中では親しみが薄い.4番や6番は中学生時に聴いていたのに,5番は高校3年まで知らなかったことが微妙に影響しているのと,4番や6番は全盛期のカラヤン/BPO(DG)が最初の出会いだったのに,第5番はリッカルド・シャイー/ヴィーン・フィル(デッカ)だったのも一因かと(^^;).
 このCDは4,5,6番を2枚に収めたものだが,モントゥは5番が好きだったんじゃないかと思う.4番と5番の冒頭を聴き比べると,何となくそんな感じに聴こえる.アンサンブルの精度が違うのである.

2005/10/19

今日のBGM

チャイコフスキー/交響曲第4番ヘ短調作品36@ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(DG:419 872-2)

 中学2年のときに買ったLP(DG:MG1087)を繰り返し聴いた録音.G.C.W.氏のチャイコの4番体験における原風景みたいな演奏だが,ムラヴィンスキーの異形な演奏(DG)を除けば,解釈というかテンポ,音色など,これを凌駕する録音に出会った記憶が無い(^^;).

日常

 仕事.一日がかりで図書館システムの換装作業.その傍ら,出来上がったところから説明会.正直,前のシステムよりも目録作成は手数がかかる(>_<).ローカルへ落とし検索に引っかかるようにするまでの行程がいろいろ.コピー&ペーストで修正が出来なくなったのが痛い.まあ軽ければ左程問題視するには及ばないんだろうけど,これから新しい画面に慣れるまでが大変だ(sigh).
 部下からちょっと遅くなったけど,と誕生日のお祝いを頂戴する.素敵に実用品.帰宅後早速使ってみたら,あっと言う間になじんだ(^^;).ドライブの楽しみが増える.おっと,「安全運転を」と釘を刺されたのだっけ.

 カミさんに拠ると,今年の風邪は咳と鼻詰まりが特徴なんだそうだが,G.C.W.氏の今の状態がまさに咳コンコン鼻詰まりズーズー(-_-;).

 東京新聞【「官製市場」の裏側 生き残れるか文化財団】【皆野町の『いこいの村美の山』 受託会社 ずさん経営】メモ.

 東京新聞【発掘資料・古文書で時代考証 土浦城本丸土塀を復元】なかなかやりますね(^^;)>>土浦市.

 日刊スポーツ【埼玉特養「足食いちぎり」事故、再捜査要請】他にやることは無いのか? そこまでネコに肩入れするのが,ホントに不思議なのですが.

2005/10/18

日常

 仕事.今日明日で図書館システムの入れ替えを実施するため,朝から臨時カウンターの設置など大騒ぎ.でもって旧システムの撤去やら新システムの据付やらドタバタ.ドタバタついでに足りない機能が見つかってひと騒動(-_-;).まあ,何とか片がついてよかったよかった.夜は某書店の営業と反省会で,久し振りに行きつけの居酒屋へ行ったら,別の書店の営業とバッタリ(^^;).それなりに面白い夜を過ごす.

 何でも,とある書籍に当blogの名前が挙がっているという話を友達からメール貰う.恐縮しきり.ありがたい話です.当blogの現状,音楽と図書館とその他と身辺雑記を混交したごった煮スタイルは変えられそうもないですが,これからも,その推薦に恥じないような話題を展開できるように努力しますm(_ _)m

 コメント,トラックバックへのお返事しなくちゃいけないんですが,今日はゴメンなさい.

2005/10/17

日常

 仕事.相互利用係フル回転.部下が某物産展からレアチーズケーキを差し入れてくれた(^^;).素直にうれしい.「図書館雑誌」10月号ようやく届く.つまらない.

 何だか風邪ひいたようなので,今日はこれにて.

2005/10/16

日常

 休日.30代最後の一日.「39歳のお葬式」じゃ晴ボンの妹(名前ど忘れ)だって(-_-;).
 午前中は衣替えの後片付け.取り敢えず,秋冬仕様になる.午後から市立美術館へ展覧会を観に行く.現在やっている展示が今日まで,というのを知らずに行ったら案外お客が来ている.誰かが挨拶してくれたと思ったら司書課程受講している1年生が3人(^^;).バスで来た,というので駅までクルマに乗せてお茶をご馳走する.1時間半ばかりおしゃべり.こーゆうのは久し振りだな(^^;).
 美術館には他にも顔見知りの学生やら勤務先の教員やら来ていて,ここでこれほど知人に遭うのは初めて,というほど知人に遭う.挙句にお茶の後で学生と別れてヨドバに寄ったら,その途中で留学生に挨拶されたよ(^^;).

 昨日エントリーした「思い出バトン」と「トラベル・バトン」に加筆しました.それぞれ説明を増やしてます.

 毎日新聞【九州国立博物館:国宝、重文など一般公開、大賑わい】メモ.

 毎日新聞【パ優勝決定戦:テレビ東京に放送感謝する電話多数】これは【パ優勝決定戦:首都圏テレビ中継なし 各局に抗議相次ぐ】この記事を受けての続報みたいなものだが,福島県ではプレーオフ第1ステージから地上波テレビはおろかラジオ中継も無く,プロ野球ファンとして非常な怒りを覚えているところ.ようやく昨日今日とNHKラジオ第一が放送してくれたけど,第2ステージ第5戦はラジオ中継があるんだろうか? 昨日も今日もマリーンズを応援しているG.C.W.氏の望んだ結果にはならなかったけど,大変に白熱した好ゲームで,こーゆう試合を放送しない地上波テレビは犯罪モノだと思いましたね(-_-;).

今日のBGM

シューベルト/交響曲ハ長調D.944(第9番)@アルトゥーロ・トスカニーニ/フィラデルフィア管絃楽団(RCA/BMG:BVCC-7039)

 1941年-1942年のシーズンにフィラデルフィア管絃楽団と録音セッションを組んだ中の1枚.ライヴかと思わせるくらい録音が悪いが,演奏自体はアンサンブルの精度と指揮者の推進力が合致したスグレモノ.テンポが揺れずに正確なリズムを刻んでいるためか,非常に聴き易い音楽だとウチのカミさんは,この音の悪いフィラデルフィアとの一連のレコーディング(これやチャイコフスキーの悲愴交響曲など)を評価する.

2005/10/15

今日のBGM

ブレードランナー/エンドタイトル@ヴァンゲリス(FULL MOON:9 23748-2)

 学生時分,ボロい中古車にみんなで乗ってこれをかけて,新車のマツダRX-7に乗っているつもりになっていたわけです(^^;).あるいは山下達朗の“風の回廊”をかけてホンダのインテグラに乗っているつもり,とか.

「トラベル・バトン」見つける

 先日,Little Libra on blogさんがやっていた「トラベル・バトン」が面白そうだったので,これもやってみます.【Little Libra on blog: トラベル・バトン

※10月16日一部文章を修正・追加しました.

続きを読む "「トラベル・バトン」見つける" »

日常

 休日.雨が降ったり止んだり鬱陶しい一日.こまごました買い物であちらこちら走り回る.ネガフィルムを整理するのに重宝していた無印良品のA4クリアポケットの縦2つポケットタイプが生産中止になってしまったことを知り慌てる(-_-;).G.C.W.氏も在庫があとわづかなので,代替品を探さなくちゃ.

 河北新報【紀藤が引退会見 22年の現役生活「ファンに感謝」】(記事の閲覧は要登録)またひとり同期が現役引退.哀しい(sigh).

 読売新聞【実名明かしネット交流、「SNS」に人気】今日の社説【[新聞週間]「課題は『記者倫理』『匿名社会』」】によれば,読売は「異議あり 匿名社会」というキャンペーンを張っているんだそうだが,その一環で事実を押さえていない奇妙な記事が出るわけだね.とあるSNSにはハンドルネームで参加しているヒトがうじゃうじゃいるんですが(^^;).

「思い出バトン」来る

 ばろなごんさんから「思い出バトン」が廻ってくる.【笛と私と図書館と: 思い出バトン

 うわー,何だか顔が赤くなるような質問だなあ(^^;),と思いつつ回答します.

※10月16日文章に一部加筆しました.

続きを読む "「思い出バトン」来る" »

今日の購入物件

新発田城 松本城』(歴史群像シリーズよみがえる日本の城14/学習研究社/2005年4月初版/本体730円)
復元模型で見る日本の城』上(織豊期城郭研究会編/GAKKEN GRAPHIC BOOKS DELUXE 38:復元するシリーズ6/学習研究社/2004年2月初版/本体1800円)
復興計画』(越沢明著/中公新書1808/中央公論新社/2005年8月初版/本体840円)
西大后』(加藤徹著/中公新書1812/中央公論新社/2005年9月初版/本体800円)
図書館を使い倒す!』(千野信浩著/新潮新書140/新潮社/2005年10月初版/本体680円)

〈ブラスの祭典〉3@佐渡裕/シエナ・ウィンド・オーケストラ(エイベックス:AVCL-25036)
ブルックナー/交響曲第8番ハ短調@カール・ベーム/ヴィーン・フィル(DG:463 081-2)
GERMAN MUSIC FOR TROMBONES(BIS:CD644)
ペンデレツキ:ピッツバーグ序曲,黛敏郎:彫刻の音楽,ウィリアムズ:吹奏楽のためのシンフォニエッタ@ドナルド・ハンスバーガー/イーストマン・ウィンド・アンサンブル(タワーレコード:PROA-24)

続きを読む "今日の購入物件" »

2005/10/14

檸檬その後

 梶井基次郎の短編『檸檬』所縁の丸善京都河原町店は多くのひとに惜しまれながら去る10月10日に閉店しましたが,egamiday2+さんがその最後のひとときをレポートしていますのでご紹介.

egamiday2+:丸善京都

『檸檬』の記念スタンプは,こちら↓に見やすい写真が掲載されてました.

きょうのきょう:レモンの記念スタンプ

 当blogで触れた記事はこちら.
愚智提衡而立治之至也: 檸檬
愚智提衡而立治之至也: 檸檬続き

公共図書館大いに売り出す(^^;)

デーリー東北【県内図書館"はやってます"各種取り組み奏功

 情報もとは【生活日報 - はやってる図書館、売れない書店】.ちなみにデーリー東北新聞社は青森県八戸市に本社がある新聞社です.

 青森県は鈴木健二(元NHKアナウンサー)を県立図書館長に据えたりして公共図書館振興に(そのやり方の是非はともかく)力を入れてきたわけで,その売り出しの効果が徐々に目に見える形で出て来ている,ということなんでしょうか.
(この稿未完)

日常

 仕事.予算修正の文書案作成など.

 というわけで,30代最後の3日間を過ごしている.思うに『論語』が言うところの「四十にして惑わず」,こりゃウソだよ(^^;).自らの越し方を思い出しても10代から20代前半の方が迷わなかった.この年になると,目の前にいるひとに投げかける言葉ひとつとっても選択肢が多すぎ,いつでも思い迷わないわけにはいかないです.ましてや文章を綴るときにおいておや.
 「ひとを信じる」ことで,自分の気持ちを迷わずまとめることができたら,いいね.

 産経新聞【鷹のエース斉藤無念】そうか,昨日は藤井将雄の命日だったんだ.記事に拠ると「ダイエーからソフトバンクに球団名は変わっても、名前の入った背番号「15」のユニホームは作られ、今もロッカールームに遺影とともに飾られている。」という.涙無しには読めません.亡くなって5年になるけど,公式ホームページは未だ健在.
 ・・・・・・・・・実はマリーンズを応援しているG.C.W.氏ですが,この記事には特別な思いがあります.

今日のBGM

マーラー/交響曲第6番イ短調@ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(DG:POCG2256/2257)

 G.C.W.氏にとっては,マーラーとの今に続く係わり合いを決定付けた録音.LPが現在手元に無いのが残念.高校時代,ある同級生に売り飛ばしてしまった(^^;).
 それはとにかく,オケを纏め上げていることにかけては未だにこの演奏を凌駕する録音は稀れなんじゃないだろうか.曲の内面を抉り出すことについては,それこそ夥しい録音がカラヤンを越えてしまっている(^^;)わけだが,それでもブーレーズ/ヴィーン・フィル(DG)よりは余程音楽的と言うべきだろう.

2005/10/13

今日のBGM

チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調作品74“悲愴”@オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管絃楽団(EMI:CMS 7 63838 2)

 クレンペラーはどういうわけだか,チャイコフスキーの後期交響曲3曲を録音している.クレンペラーはその醸し出す雰囲気からしてチャイコフスキーとは異質(^^;)なのだが,まあこれもブラームスのように聴こえる演奏ではある.威風堂々辺りを払う真摯な演奏なのだが.
 ドイツ系指揮者によるチャイコフスキー演奏の伝統らしきモノはあるようで,G.C.W.氏の知る限りでも古くはカール・ムックがボストン交響楽団を指揮したチャイコフスキーの交響曲第4番の終楽章のアコースティック録音が存在するし,最近では「あれだけは止めて欲しかった」とまで言うヒトもいるカール・ベームの録音した後期交響曲集がある.

日常

 仕事.相互利用業務など.
 朝一番の授業で「図書館サービス」について概説を話す.図書館の社会的役割が「資料の収拾・提供・保存」であることから始まって,支離滅裂に脱線しまくりの60分(^^;).現場の話は苦手と断っておきながら,「中小レポート」は思想から文体から今でも魅力的だけど,『市民の図書館』は高度成長期の産物で,これから公共図書館を立ち上げたりダメな公共図書館を活性化するには役立つけど,何時までもここに留まっていてはダメとか,LPレコードの貸出とか,何時までも「貸出」という物理単位に依存したサービスに囚われていてはダメで,場所とカネが無いのだからインターネットの活用は不可避とか,図書館業界は自己PRが苦手とか,終いには自らが思春期に公共図書館と学校図書館のへヴィユーザーだったことまで話したけど,どうだったかな.

 待ちくたびれていた「図書館文化史研究」22号届く.先日,書物奉行さんが話題にしていた文献をようやく読むことが出来たけど,最後のあたりは貸出至上主義が蔓延したのは俺のせいじゃない,という弁明だな(^^;).おいおい読み込んでいきましょ.

 毎日新聞【女性足指けが事件:「猫犯人説」に異論噴出 無実の声も「県には「猫を殺さないで」という電話が相次ぎ」なるほど,ヒトよりネコが大事か(^^;).どうもこの記事に出て来る「ネコ犯人説」を否定するヒトの意見は,まず「ネコは無実」ありき,という視点から自説を主張しているように読めるのだが,如何だろうか.どうにも読後に強烈な違和感が残る.何しろ実際にネコに襲われてふくらはぎを噛み付かれた知人がおり,「間違っても人を襲うようなことはないはず」と言い切れるのが非常に不思議.そう言えば『サザエさんうちあけ話』にも突然ヒトの鼻に噛み付いたネコの話が出てきたっけ.
 参考:東京新聞【検証と報告求める 猫の足指かみちぎり事故】【『猫の仕業あり得ない』 動物愛護団体 県警などに再調査要請へ

 ちなみにG.C.W.氏は「鳥獣不可與同群也,吾非斯人之徒與而誰與」(『論語』微子編)という言葉に共感する人間です,悪しからず.

2005/10/12

日常

 仕事.予算修正案作成続き,システム移行のスケジュール調整などなど.

 東京新聞【“平成の築城”金沢城の菱櫓 出窓 本来は斜め 金工大・末松講師 古写真を解析し判明】恐らく記事中にある「年代が不明ながら詳細な寸法を記した別の絵図」の方が文化5年焼失前の図面だったんじゃ,ということなんじゃないの.今回行われた古写真の解析を以って「史実と異なる」と断定するのは性急過ぎる.例えば山形城二の丸東大手門の復元が古写真の通りではないのは,古写真に見られる形状が後世の修築によるものらしいと見られるためで,必ずしも古写真が櫓の創建当時を写しているとは限らないのである.

今日のBGM

ベルク/〈抒情組曲〉から3つの小品@ジュゼッペ・シノーポリ/シュターツカペレ・ドレスデン(テルデック:WPCS-10148)

 シノーポリは当たり外れの激しい指揮者で,エルガーの交響曲第2番のような場外ホームランも打つし,モーツァルトの協奏交響曲変ホ長調K.297bの如き怪演(^^;)もある,といった次第.このベルクはシノーポリという名前から想像するほど官能的には響かないのが,ちと不満.音色に豊穣さが欠けている.

2005/10/11

日常

 仕事.先日の披露宴での写真を部下や出席者にお裾分け.部下はいろいろ凝ったモノを作って引き渡す.「お礼を」と言われて「今まで写真を撮ったお礼は,誰からも貰ってないよ」と一旦は断ったものの,ちょっと引きそうに無かったので「じゃあ,いま僕は〈30代最後の一週間〉を過ごしているところなので,それにかこつけてということでしたらお受けします」ということにする.
 吃驚したのは,一連の写真を見た別の部下(女性)が「これ,G.C.W.さんの,新婦への〈愛〉が溢れてますね~(^^;)」と喝破したこと.その通り(^^;).その通りなんだけど,まさか彼女にそれを言われるとは思わなかったので一瞬返答に詰まっちゃったよ.

 今日から補正予算の概算要求作成を始める.こーゆう面倒なものを始めた途端に相互利用が忙しくなるのは如何なるめぐり合わせなんだい(-_-;).午後,演習ひとコマ.ある「情報」が「正しい」と言うとき,図書館的な立場においては,それはイデオロギーから見て「正しい」という意味ではなく,「事実」において正しい,ということだけを意味するんだよ,という話.ただし「源義経は平泉から北上して蝦夷地に渡り,更に満州に渡ってジンギスカンになった」ということを相手が事実として信じている時は・・・・・・・・・・と脱線する(^^;).検索エンジンで検索した結果の最上位に来るwebが常に正しいわけではないし,web上の知識を「情報」として活用するには,ある程度のバックボーンが必要なのよ,というところまで理解してもらえたかどうか.

今日のBGM

マーラー/交響曲第9番ニ長調@オットー・クレンペラー/ニュー・フィルハーモニア管絃楽団(EMI:CMS 7 63277 2)

 非常に厳しい,鋼のような意志の力で進んで行く演奏.一角一点もおろそかにせず,ゆっくりとイン・テンポを貫き通す.表面上は淡々と進んでいるようにも聴こえるが,実は燃え滾るような音楽への情熱を意志の力で隠している.だから時々作り出すクライマックスが凄絶なまでに轟き渡るのである.
 クレンペラーとは,本当に器の大きな指揮者だった.

2005/10/10

今日のBGM

マーラー/交響曲第5番嬰ハ短調@キリル・コンドラシン/ソヴィエト国立交響楽団(メロディア/BMG:BVCX-37012-37015)

 1974年の録音.このボックスは5,6,7,9番が収録されているが,CD化以前は,割と「幻の録音」っぽかった音源.これ以前は6番とか9番とか探しても見つからなかったですからね.5番はG.C.W.氏も何故かLP(HMV Greensleeve:ED 29 01451)を持っていて,CD以前からなじみの演奏ではありました.ロシア系指揮者のパワフルさに加えて西欧風のシャープなモダニズムがほどよく混交された好演です.

日常

 休日.朝食を摂って軽く掃除したあと外出.ヨドバに写真の焼き増しを依頼して一路国道4号を北へ向かい,阿津賀志山防塁址(国指定史跡)と半田銀山址をハシゴ.食料調達して一旦帰宅し,再度出かけて写真を受け取り,夕食を駅前のラーメン屋で摂る.帰宅後は写真の整理とアルバムの編集,そのあとは明日の〈情報検索演習〉の資料作成.阿津賀志山防塁と情報検索の関係は,これ如何に?

2005/10/09

日常

 休日.昨日さんざん飲んだ割にはまともな目覚め.これは酒を飲む前と飲んだ後にそれぞれ飲んだクスリが効いたに違いないが,酒を飲むのにクスリが必要では,G.C.W.氏も先は長くないな(^^;).
 朝一番でヨドバに昨日の披露宴と二次会で撮影したフィルムを現像に出す.36枚撮り×4本&24枚撮り×1(36枚と24枚では,それぞれ使ったカメラが違う).そのあとは磐越東線のSLを撮影しに行こうとも思ったのだが,やはり体力的に無理っぽかったのでアパートに戻りブランチ摂って昼寝.13時半頃起き出してF1日本GPをテレビ観戦.モータースポーツをテレビで見るのは久し振りね.モータースポーツは嫌いではなく,学生時代はインディ500とか,就職後は一時期NHK-BSで放映していた鈴鹿8耐など見ていたけど,最近はトンとご無沙汰.やっぱりF1の音はいいね(^^;).
 夕方ヨドバにフィルムを取りに行き,ついでに夕食と明日の朝食を買い込み,昨日の新婦にアルバム作って渡すべく材料を購入して帰宅.焼き増しする写真を確認し,一緒に渡す仕掛け(^^;)を考える.写真を選びながら,新婦の美しさに今更ながら舌を巻く(^^;).なるほど,ウチの長女が以前,彼女に会ったあとで「きれいなひと」と評したのはお世辞じゃ無かったよ.

 日刊スポーツ【ヤクルト佐藤真が引退を発表】またひとり,同世代のプレーヤーが消えていく・・・・・・・・・○| ̄|_

 ここでお詫び.【愚智提衡而立治之至也: 著作権に関するパブリックコメント募集中!】で触れたパブリックコメントですが,私事に取り紛れて提出する事が出来ませんでした.弁解の余地無し,申し訳ありません.
 しばらくは,当blogで著作権に関する話題を取り上げることを自粛し,勉強しなおしてまいります.

今日のBGM

W.A.モーツァルト/オーボエ,クラリネット,ホルン,ファゴットのための協奏交響曲変ホ長調K.297b(K6.anh.c14.01)@カルロ・マリア・ジュリーニ/ベルリン・フィル(ソニークラシカル:SMK87866)

 とてもお祝い事にぴったりな作品をすっかり忘れていた(^^;).どうもモーツァルトの真作じゃないみたいなことを言われて,録音もめっきり減っているようだけど,モーツァルトの音楽かどうかを抜きにしても,この曲は傑作だと信じて疑わない.この録音はジュリーニがソニーに移籍してからの,神々しい音楽を作っているもの.嬉遊っぽさよりは穏やかな明るさに満ち溢れている.うーん,もう少し軽くてもいいんだけど(^^;).

 ピリオド楽派の録音でよいのがあればご教示ください>>各位.

2005/10/08

今日のBGM

ショスタコーヴィチ@オラトリオ“森の歌”作品81@ウラディーミル・フェドセーエフ/モスクワ放送交響楽団(ビクター:VICC-83)

 だから,歌詞と背景はこの際抜きでお願いします(^^;).祝祭気分なんだから.

日常

 休日.定期通院と食料調達.夕方からは部下の披露宴に出席.とても気立てのいい素敵なコなので,ホントしあわせになってほしい.とても綺麗なウェディングドレス姿でした(^o^)/.
 二次会終わって帰宅したら23時.明日のSL撮影会は二日酔いで中止だな(^^;).

第1回 エンタ!検定

 昨日勤務先に届いていた「日経エンタテインメント11月号に載っていた〈第1回 エンタ!検定〉,パラパラめくっただけで逐次刊行物係に返しちゃったところ,【Biene | エンタ!検定】にてweb上でも出来ることを発見(^^;).

 早速トライ! で,結果がこれ↓

続きを読む "第1回 エンタ!検定" »

2005/10/07

日常

 仕事.相互利用の依頼が入って久し振りにG.C.W.氏の持分が活況(^^;).良き哉.とは言うものの「論題不明」で複写依頼を出すのは,内心忸怩たるモノがありますよ(-_-;).ついでに明日お祝いの部下が忘れていった仕事をこっそりフォローしておく.あとで出勤してきたらカラかって上げるんだ(^^;).それくらいは許しておくれよ.

 「図書館文化史研究」が何時までたっても届かないのは,出入の書店がサボっているからに違いない.書物奉行さんが話題にしている例の文章,早く読みたいのだが(-_-;).何時まで待たせるのやら.

今日のBGM

W.A.モーツァルト/交響曲ニ長調K.504(第38番)“プラハ”@レナード・バーンスタイン/ヴィーン・フィル(DG:POCG-4002)

 気を取り直して(^^;).
 この曲は終楽章がいささか軽くて,前の2楽章を支えきれないと感じる演奏が少なくなくて,常々不満を抱いているのだが(例えば,あの素晴らしいリズムの切れを聴かせるシューリヒト/ヴィーン・フィルのザルツブルク・ライヴ[オルフェオ].終楽章があまりにあっさり終わってしまう),このバーンスタインの録音はネアカで柄が大きく,繰り返しを励行していることもあって,なかなか堂々とした演奏に仕上がっている.テンポも最晩年ほど遅くなっておらず,まずは中庸といったところ.

 ・・・・・・・・・アーノンクールがコンセルトヘボウとのK.550で聴かせたような鋭さで,K.504を演奏した録音は何処かにないものか.アーノンクール/コンセルトヘボウのK.504はダメ.

檸檬続き

 先日【愚智提衡而立治之至也: 檸檬】で取り上げた丸善京都河原町店閉店の記事が京都新聞webにも出ました.

京都新聞【“檸檬”とともに別れ惜しむ 丸善・京都河原町店 10日閉店

 「記念スタンプ」の話もありますね.先日の朝日の記事では,閉店が公けになって以来,売り場の本の上に置かれた檸檬は11個とありましたが,今日の京都新聞では20個になってます(^^;).恐るべし梶井基次郎.

 この記事を読んだら,急にさだまさしの〈檸檬〉が頭の中をグルグル回りだして,明日はお祝い事だというのにとても切ない気持ちになってしまいました(sigh).もっとも,リンク張るかと思って,さだまさしオフィシャルサイトを開けてトップページの写真を見たら,この切なさが何処かに行ってしまいそうになったのは内緒です(^^;).

2005/10/06

読売逆転勝訴

 読売新聞【ネット記事の見出し無断配信「違法」…初の司法判断】産経新聞【記事見出しは法的保護対象 知財高裁、HP転用訴訟で

 「見出し」に著作権は認めないものの,法的保護には値するとした判決のようで,何故かweb記事への直リンクに批判的だと,かねてから各方面で囁かれている読売産経が,この判決に飛びついたのもむべなるかな.ちょっとヤな感じのする判決ではありますね.

 しかしこのふたつの記事,読売の冒頭が


インターネット上で配信された新聞社の記事の見出し部分を無断使用し、利益を得ているのは違法として
としているところ,産経(≒共同通信の配信記事)のそれは

ホームページ(HP)上で記事の見出しを無断転用したことが著作権侵害にあたるかどうか
となっていて,通読すると微妙にニュアンスが異なるのはどういうことなんだろうか.

日常

 仕事.ドタバタドタバタで1日暮れる,そんな感じ(-_-;).

 読売新聞【生かす図書館の力(11) 充実度は お役所次第 : 教育ルネサンス


(前略)図書館がない自治体は1421市区町村で、このうち市は14市のみ(昨年4月現在)。こうした自治体の住民は、肩身の狭い思いをして近隣自治体に頼るしかないのだろうか。
と書く記者の,あなたのご意見をG.C.W.氏は読みたいですね(^^;).嫌味ではなく,伝えている記者自身がこのことをどう思っているのか,更には記者の「公共図書館観」にすこぶる興味があります.
 ・・・・・・・・・いや,だんだんこの連載のトーンが鬱陶しくなってきているんですよ(^^;).その鬱陶しさや割り切れなさが,図書館業界の現下の状況を象徴しているんだろ,と言われればそれまでですが,それにしても,そんな業界を高みから見る記者の視点が,少々鼻につき始めてます.

今日のBGM

マーラー/交響曲第8番変ホ長調@ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団(DG:463 747-2)

 週末にお祝い事があるので,そのムードを今日あたりから盛り上げておこうという(^^;)作戦.クーベリックの演奏は持って回ったところの無い,直截的なところが爽やかで良い.ただでさえ道具立てが過剰なところへテンポを動かして劇的に演奏されると,くどくて聴き疲れがするので演出は控えめな方がいい.

2005/10/05

日常

 仕事.学生も文化祭(勤務先の学園祭は,どう考えても「文化祭」)が終わって2日間の休暇のあとで,少しは勉強する気になったか,というところに今週は交替で課外授業にて山の上(-_-;).大学生だってのに行事多すぎ.それでも,見慣れた顔がチラホラ来るのでちょっぴりホッとする(^^;).ご贔屓の連中は明後日が提出期限の論文作成で青息吐息.もちろん担当教員が(>_<).いや,本人たちは至って呑気な振りをしているだけ,のようにも見えたが.

 今日は疲れました(^^;).

2005/10/04

今日のBGM

ブラームス/交響曲第1番ハ短調作品68@ヘルマン・シェルヘン/ヴィーン国立歌劇場管絃楽団(ウェストミンスター:MVCW-18042)

 力演である.湿っぽさの無いカラッとして豪快なところが,ブラームスの演奏には珍しい.

日常

 今日も代休で休日.午前中は衣替え第1弾を片付けてから床屋へ.ようやく髪をスッキリさせる(^^;).午後は買い物各種.昨日も探し回った〈リアル-X スカイラインヒストリーズ:コレクション2nd〉,今日も気がつく度にコンビニなど探して8台ゲット.但しダブり多し(-_-;).

 産経新聞【幻の「五新線」3日間“開通” 奈良・五條市内の高架橋使い】スゴイですね.ここは確か,JRバスの専用道路になった箇所があるところでしたっけ.

コストはご負担いただけるので?

読売新聞【生かす図書館の力(9) [読者の声]月曜、祝日 なぜ休む? : 教育ルネサンス

 誰だって「正論」を吐いた方が気持ちいい(^^;).痛みが自分に跳ね返らない主題なら,なおのこと「正論」を吐くのは快感だろうが,その代償は誰が払うんだろう?
 毎日新聞【地球温暖化対策:「環境税」導入調査 反対が賛成を上回る】環境税にして,このざまである.現況では,公共図書館・学校図書館の充実にかかるコストの負担についてアンケートを実施すれば,同様の結果が出るのではないだろうか,という疑問と不安は拭えない.結果,「充実」の美名の下に「志」が使い捨てられていくのは,司書養成講座に1枚噛んでいる身としては少々辛いものがある(sigh).

 ときに公共・学校図書館の充実と労働運動・労働争議は本来全く別次元の話で,それを混同するのは京都市立図書館の財団委託問題以来の悪しき業界の「伝統」に絡めとられる危険があるのでご用心.

今日の購入物件

『小松崎茂 昭和の東京』(小松崎茂著,根本圭助編/ちくま文庫こ-28-1/筑摩書房/2005年9月初版/本体1000円)


W.A.モーツァルト/46曲の交響曲集@アレッサンドロ・アリゴーニ/オルケストラ・フィラルモニア・イタリアーナ(Membran Music:203300)

 モダン楽器の小編成オケによる,10枚組み1700円以下とはこれ如何に? というモーツァルトの交響曲集.まだ全部は聴いてないけど,正直,値段以外に衝撃的な要素はほとんど無いかも.優美で和やかな演奏で一貫してます.
 不思議な箇所は幾つかあって,何故かK.318(32番)が省かれていたり,ピリオド楽派による洗礼を蒙った後だと言うのに,どの演奏でも繰り返しが完全に無視されていたり,最近では考えられない,クレンペラーかワルターかというゆったりしたテンポの後期交響曲の演奏(イマドキK.550[40番]の第1楽章をあのテンポで録音する指揮者がいるとは.ただ指揮者の解釈にロマン性が欠けているため,このテンポでは間延びして音楽が保たない(-_-;))だったり,そういう意味では面白い録音かも.

2005/10/03

日常

 代休で休日.午前中は運転免許の更新に免許センターまで.月曜の朝一番なら空いているだろうと思ったらとんでもない(^^;).みんな同じ事を考えているようで,駐車場を見つけるのに難儀する.講習は数年前にシートベルト未着用でアゲられているので一般運転者講習(1時間).自ら蒔いたタネとは言え,つまらない講習である(-_-;).11時前に終わって新しい免許証をいただく.その足であれこれ買い物.ヨーデル〈リアル-X スカイラインヒストリーズ:コレクション 2nd〉を探しに行くが,あるところで売り切れていたのには吃驚するものの,置いてないコンビニが多くて空振り.4台購入にとどまる.

 ついでに,自分の誕生日プレゼントにスニーカーを探す.New BalanceM703Jというモデルがお気に入り,というか足にピッタリくるモノで色違いを3足持っているのだが,1足擦り切れてしまったので新調することに.28cmというバカの大足なので普段は探すのに難儀するのだが,今日に限ってM703JBも含めて28cmが何色も(^^;).M703Jのトープ/ラスティそのお店で最後の1足,というのをゲット.靴は合うものを買わないとどうしようもないので,買うときは金に糸目をつけない方が結果的にリーズナブルになる(はず).

今日のBGM

“Synchronicity”@BENNIE K(フォーライフ:FLCF-4031)

 借り物(^^;).近所の某大学で学園祭に来るんだって,と勤務先で話題にしたら「お貸ししますよ」と親切な部下が貸してくれた(^^;).
 BENNIE Kは初めて聴く.みんなが話題に出してくれるコカコーラのCMはやっと思い出したけど,このアルバム聴くとあのCMはキレイゴトに見える(^^;).このユニットにはもう少し猥雑な雰囲気-遠くに見える繁華街の喧騒のような-が似合っているんじゃないのかな.

2005/10/02

今日のBGM

Leroy Anderson Favorites@レナード・スラットキン/セントルイス交響楽団(BMG:09026-68048-2)

 今日は10月とは思えぬ陽気で汗だくになったので,音楽くらいは暑苦しくないモノを聴きましょう(^^;).“Bugler's Holiday”なんざホントは今の季節に相応しい曲ですし.

日常

 昨日に続き休日出勤.学園祭の受付手伝いなど.今日も昼飯は食堂のメニューを食べたけど,17時ごろには空腹になる.それもこれも女子大だからしょーがないとは言え,もう少し何とかならないものか(-_-;).

 神奈川新聞【50年前の小田急線柿生行きの写真発見/川崎】【油壺への延伸で、免許取り下げ/京急】メモ.京急の話は『鉄道未成線を歩く:私鉄編』(森口誠之著/JTB)にも掲載されていたっけ.

 神戸新聞【溶かして再生 ハート永遠に 神戸のヴィーナスブリッジ】ようやっと,いい案が出ましたね(^^;).

檸檬

 【日々記―へっぽこライブラリアンの日常―: 丸善京都河原町店の閉店と檸檬】で紹介されていた朝日新聞の記事【閉店惜しみ置きレモン 小説「檸檬」ゆかりの京都・丸善】がasahi.comに上がっていました.檸檬が入った籠の写真もあります(^^;).
 近所に住んでいたら,間違いなくG.C.W.氏も檸檬を置きに行っているでしょう.

 ところで,G.C.W.氏もMIZUKIさん同様,「檸檬」と言われれば,お茶の水の聖橋から電車に向かって(違)檸檬を投げる歌を思い出す方で,今日まで梶井基次郎(1901-1932)の「檸檬」は読んだことがありませんでした.それじゃあと,今日も休日出勤でヒマだったのを幸い,書架から筑摩書房の『現代日本文学全集』第43巻というのを引っ張り出してみました.すると「檸檬」は3段組3ページほどの掌編だったので,お茶の時間に読み始めたのですが,これが思ったより難儀で(>_<).さすが大正文学の誉れ高き名作なだけのことはある,と感心してみたり.何とかお茶の時間内に読み終わらせることが出来ましたが,どうも読むのが20年は遅かったようです(sigh).

2005/10/01

日常

 学園祭と称する学習発表会のため,休日出勤.勤務先に操を立てて,昼飯を出し物の食堂で摂ったのだが,これが足りない(>_<).帰宅する頃には胃がキリキリ痛む始末で,挙句に夕飯を食べ過ぎる.ダメじゃん.
 図書館屋としては静かな一日(-_-;).目録作業が休止しているので,あまり仕事が無いのだよ.

 読売新聞【巨人・清原、自由契約での退団決まる】,京都新聞【パ3球団が獲得に名乗り 巨人を退団する清原】,毎日新聞【清原和博:チーム改革と若返りを急ぐ球団側が“放出”決断】ウチのカミさん「1年遅かったよ」と切り捨てたけど,G.C.W.氏はさらにヒドイ奴で「そもそも清原は巨人に必要なかったんじゃないの」と言う始末(^^;).結局,あの存在は百害だけで一利も無かったね.

 東京新聞【豊橋・吉田城鉄櫓の改修祝う きょうから35年ぶり一般開放】メモ.
 中国新聞【大正時代の車両運行 広電横川-江波】これもメモ.

今日のBGM

ブルックナー/交響曲第9番ニ短調@ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ベルリン・フィル(DG:POCG-2347)

 1944年10月7日の放送用録音.フルトヴェングラーがミュンヘンでデビューしたときの演目だったというこの曲は,さすがに堂に入った名演である.息の長いフレーズが多く,曲想がドラマティックなためか,他のブルックナー作品に比してもフルトヴェングラーの指揮に合っているのではないか.

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ