2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常 | トップページ | 読売新聞〈教育ルネサンス〉が図書館を取り上げる »

2005/09/21

日常

 仕事.朝から激怒するようなことあり,電話で他部署の長と壮烈に(^^;)やりあう.わかっている人間がおかしいことは「おかしい」って言わないと,他所じゃ通用しない奇妙な慣例がますます罷り通ることになる.こーゆう上司を持った部下は不幸かね?
 まあ,図書館業界はともかく「図書館」というところは,本来どんなに閉鎖的な組織の中にあっても社会の風が正面から吹いて来るところだから,G.C.W.氏のような人間が図書館にいると,どうしても帰属する組織内での理不尽には敏感になってしまうのですよ(^^;).

 もっとも,G.C.W.氏でさえ(^^;)そうなのに,それにもかかわらず図書館業界がどうしてこんなに閉鎖的なのかは,G.C.W.氏の知りうるところではございません.
 例えば,「図書館雑誌」の9月号に,先日の地震の際福島県立図書館が調べたという福島県内の公共図書館の被害状況が報告されていたけど,ここでは大学図書館や学校図書館については何故一言半句も触れられていないんでしょう? これは福島県立図書館がどうこうと言うよりも,福島県立図書館から公共図書館に関する報告が日本図書館協会に上がった時,報告に触れられていない大学図書館や学校図書館ではどうだったのだろうか,とは関係者一同誰も想像しなかった,ということなんでしょうね.

« 日常 | トップページ | 読売新聞〈教育ルネサンス〉が図書館を取り上げる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常:

« 日常 | トップページ | 読売新聞〈教育ルネサンス〉が図書館を取り上げる »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ