2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常 | トップページ | 日常 »

2005/06/22

今日のBGM

ストラヴィンスキー/バレエ音楽〈春の祭典〉@ロリス・チェクナヴォリアン/ロンドン・フィル(RCA/タワーレコード)

 タワレコの企画によるBMG/RCAの廉価盤で,併録がエドゥアルド・マータ/ロンドン響の〈ハルサイ〉という,ちとマニアックなCD.似たような企画はテスタメントがマルケヴィチの新旧録音を1枚に収録したモノがあったけど,少々珍しいかも.オビに「爆演系指揮者の」って言うんだけど,演奏している作品自体が爆発しているようなモノなので,どこからが指揮者の爆発なのかよくわからないところが痛い.

« 日常 | トップページ | 日常 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のBGM:

» ストラヴィンスキー作曲、「春の祭典」の自作自演盤(1940年録音) [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
 ストラヴィンスキー作曲、バレエ音楽「春の祭典」の自作自演盤。オケはNYP。1940年録音。  ちょっと聴くと、随分無造作な指揮。普段聞き慣れた「ハルサイ」とは随分趣を異にする演奏で、曲のお目見えの冒頭から荒々しく、早めのテンポで、突出した木管や、途中でなくなるパッセージ(これも版が違うのかな?他のところでも、いつもと違うところに打楽器が入ったりしている)。  色彩感に乏しく(録音のせいだけじゃないと思う)、前のめりのテンポで無造作に進んでいく。最後の「生け贄の踊り」など指揮技術のせいか?バラバ... [続きを読む]

« 日常 | トップページ | 日常 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ