2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 日常 | トップページ | 日常 »

2005/05/13

図書館システムがダウンしたとき

 岩手県の川崎村立図書館で,約2週間にわたって図書館システムがダウンしたという話がありました.内容については以下の記事を参照してください.

岩手日日新聞
川崎村立図書館のサーバーに障害、貸出、返却不能に】(4月29日付)
川崎村立図書館でシステム復旧、貸し出し再開】(5月11日付)

 原因は未だ不明のようで,我が勤務先もちょっとガタの来ているサーバを騙し騙し使っているため他人事じゃない,というところです.どこのシステム屋が作ったシステムだったのかな.

 ときにちょっと面白いな,と思ったのは4月29日付の記事で「図書館の中心機能である図書の貸し出し、返却、リクエストなどのサービスができなくなった。来館者たちが館内で図書や資料を閲覧するだけ。来館者はめっきり少なくなっている。」というくだりがあったこと.また,入り口に貼ってあった告知も「図書館システムの故障で、館内で資料をご覧いただくのみとさせていただきます。サービスはすべてお受けできません。」とあったそうで.

 川崎村立図書館は貸出冊数が全国6位(平成15年度)の公共図書館ということですが,この記事は公共図書館が貸出専門に特化したときの,図書館としての存立基盤が脆弱であることを示しているように思えます.公共図書館の「本来の業務」「貸し出し、返却、図書のリクエストなどのサービス」だけじゃないのに,それが出来なくなった途端に来館者数が減るというのはどういうものなのかしらん.

« 日常 | トップページ | 日常 »

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38016/4111808

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館システムがダウンしたとき:

» ボクらの欲した民主主義 [愚智提衡而立治之至也]
 昨晩,【愚智提衡而立治之至也: 図書館システムがダウンしたとき】を書いていて, [続きを読む]

» 公共図書館の「本来の業務」とは [愚智提衡而立治之至也]
 川崎村立図書館のサーバダウンに関するblogの記事で見つけたものをご紹介. 【 [続きを読む]

« 日常 | トップページ | 日常 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ