2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 国会図書館の職員過多 公務員改革に逆行“最後の聖域化” | トップページ | 日常 »

2005/02/06

今日のBGM

シェーンベルク/歌劇〈モーゼとアロン〉@ヘルベルト・ケーゲル/ライプツィヒ放送交響楽団ほか(エーデル・クラシックス)

 歌劇はほとんど聴かないG.C.W.氏だが,〈モーゼとアロン〉はCDで聴いていても「歌劇」という感じは全然しないので(^^;),聴くのがあまり苦にならない.これはケーゲルの新ウィーン楽派録音集成に付いてきた録音.高校時代に某県立図書館で借り出したハンス・ロスバウトの録音(CBSだったような記憶があるが,違うかな?)に聴けた異常なまでの熱気と迫真力は無いものの,ほの暗く研ぎ澄まされた表現がこの異形の作品にふさわしい迫力を感じさせる.

« 国会図書館の職員過多 公務員改革に逆行“最後の聖域化” | トップページ | 日常 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のBGM:

« 国会図書館の職員過多 公務員改革に逆行“最後の聖域化” | トップページ | 日常 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ