2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2004年12月5日 - 2004年12月11日 | トップページ | 2004年12月19日 - 2004年12月25日 »

2004年12月12日 - 2004年12月18日の記事

2004/12/18

読了本

 『タカラジェンヌの太平洋戦争』(玉岡かおる著/新潮新書075/新潮社/2004年7月初版/本体700円),『中世十三湊の世界』(青森県市浦村編/新人物往来社/2004年9月初版/本体2400円)読了.

 『タカラジェンヌの太平洋戦争』や,先日読了本に挙げた『中国の大盗賊・完全版』は購入記録が何処かに落ちてしまっているぞ(-_-;).記憶力が落ちているんじゃないのか>>G.C.W.氏.

日常

 休日.寝坊したため大掃除ならぬ中掃除(^^;)は諦め,洗濯と洗車のみ.洗車していたら隣人が帰宅したため,少々迷惑をかける.ゴメンなさい.お詫びに柿の差し入れ.
 午後から買い物.知人の子供にクリスマスプレゼントを選ぶ.「生まれた」連絡が無かったのですっかり出遅れてしまい,子供服などは選べないので,いかにもG.C.W.氏が贈りそうなものを選ぶ.ダブっても知らない(^^;).帰宅後は年賀状作成.裏面は印刷終わり,宛名は明日以降にする.

 申し遅れましたが,blogのタイトル絵は長女が描いています.G.C.W.氏は絵が描けませんので,ビジュアルは彼女におんぶに抱っこ状態です(-_-;).

2004/12/17

日常

 仕事如例.急激に寒くなり,強風吹き荒れる.まさかG.C.W.氏が図問研辞めるから嵐が来たわけでもあるまいが(^^;).そういや,退会届メールの「受け取り」みたいなものはもらえるのかな.「あなたの退会は承認されました」程度の連絡も寄越さないなんて,図問研ならやりかねないからなあ.
 やれやれ(sigh).
 出入の書店に電話をかけ,別用ついでに「みんなの図書館」2005年2月号以降の定期購読を手配する.「いや,わたし図問研辞めるから」「おや,何かあったんですか(^^;)?」「まあ,いろいろあったんですよ(^^;)」

今日のBGM

ドヴォルジャーク/交響曲第9番ホ短調作品95〈新世界より〉@エウゲニ・スヴェトラーノフ/ソヴェト国立交響楽団(メロディア/スクリベンドゥム)

 亡くなってからその爆裂ぶりが一部で神話化しつつあるスヴェトラーノフの,強烈な〈新世界〉(^^;).終楽章の最後を強奏で終わる締めくくりには驚かされる.

2004/12/16

図問研辞めます

 先程,図問研に退会のメールを送る.災害に関する姿勢を問うメールを10月24日に送り,12月8日には返事を督促するメールを送ったんだけど,お偉方に黙殺されたのでは退会も止むを得ない.日頃から主義主張の違うG.C.W.氏ひとりが退会したくらいで屋台骨が揺らぐような会でも無いだろうから(^^;).却って「純血路線」が強化されて都合がいいかもしれない.
 「みんなの図書館」は次号から,書店に届けてもらえるように,明日にでも手続きをすることにしよう.

続きを読む "図問研辞めます" »

日常

 仕事如例.明日で終わる今年の学生アルバイトから御礼をいただく(^o^)/.やれありがたや.安いバイト代でこきつかったのに,すまんこってす.ありがとう.

 今日のアクセス解析見ると,記事ランキングに謎があるぜ(^^;).

今日のBGM

リヒャルト・シュトラウス/交響詩〈ツァラトゥストラはかく語りき〉作品30@ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団(デッカ)

 ショルティはリヒャルト・シュトラウスとは相性が良さそうなのだが,〈英雄の生涯〉でも〈ツァラトゥストラ〉でもいまひとつピンと来ない.意外に芝居っ気に欠ける上に,劇的な表現が下品に聴こえる箇所も散見される.相性が合わなかったのか.

2004/12/15

日常

 なんだか,blogのタイトル部分の表示が一定しませんね(>_<).

 仕事如例.
 ある物事に関する決まりが出来るには,相当の歴史があるわけなのだよ.それを変えるにはその歴史に打ち勝つだけの,相応の手順と言うものがあるわけで,その労力を厭われても困るわな(^^;).その労力をかけることによって生まれる「信用」というものもあるわけだしね.
 で,そんなことを大学の図書館員がわざわざ学生に噛んでふくめるように教えているヒマは無いんだ.大学に来るまでに,何処かで学んでおいで(^^;).大学は,それから来るところだよ.

今日のBGM

マーラー/交響曲第3番ニ短調@ヤッシャ・ホーレンシュタイン/ロンドン交響楽団(Unicorn-Kanchana)

 ティルソン・トーマスなどが賞賛している好演.
 どういうわけだか,ユニコーン-カンチャナから出ているこのCD(UKCD2006/2007)と,同じくホーレンシュタインが振るマーラーの6番(UKCD2024/2025)は,購入当初はそんなことも無かったのに,今聴くと,ところどころにチリチリという雑音が入ってくる.6番の終楽章は雑音がもっとも酷く,おまけに今やCDプレーヤーでは聴けなくなった(-_-;).DVDプレーヤーでは聴けるけど,まるで機械録音のSP盤を聴いているんじゃないかと思えるほどチリチリ音が聴ける.困った.

制度不参加

 日々記-へっぽこライブラリアンの日常-:NII Library Week 2004によれば,NII Library Week 2004でNIIに対して「某私立大学図書館の方が、一部大学で文献複写の「手数料」を取ることの是非について質問を投げられていました」由.少々場違いな質問だったようだが,質問したヒトの気持ちはよくわかる(^^;).日々記のコメント欄に思わず愚痴めいたことを書いてしまったが(MIZUKIさん,ゴメンなさいm(_ _)m),やはりこの件はNIIがILL文献複写等料金相殺サービスの制度と運用の不備を改善しない限りは,現状では大学図書館のILLサービスがこれまで培ってきた文化をNIIが破壊するだけに終わりかねないと思うのだが,という話は既に【NACSIS-ILL料金相殺サービスの見直しは急務】でも書いているけど,繰り返さずにはいられない.

 いささか腹を立てて,これまでILLの文書等に「制度未参加」と書いていたのを,先日来「制度不参加」と書くことにした.NACSIS-CATに関する査察をNIIは予定しているとの話なので,是非我が勤務先にお越しいただきたい.ILLに関する苦情を申し述べてさしあげます.

予想通りの展開(^^;)

 何かネタがあったはずだと端末に向かって思い出せずにいましたが,YuzYuzを見て思い出しました.【公共図書館 on TVドラマ】で触れた話の続きです.
 今日届いた日図協メールマガジンで,記事の1番手に掲載されていたのが先週放送されたテレビ朝日系〈相棒〉に日図協がクレームをつけた,という話だったのですよ(-_-;).今回は,テレビ朝日側があっさり非を認め,折れたようです.以下のページ↓が今日(15日)付けで公開されています.

【視聴者の皆様へのお知らせ 相棒 第7話『夢を喰う女』内に誤解を招く表現があったことについて】

 それにしても,新潟県中越地震への対応と比較して,随分迅速なことでおますなあ(^^;)>>日図協.

2004/12/14

日常

 仕事.今日もひとり休みで,あたふたと過ごす.忙しいのはいいことだけどね.勤務先の端末で使っているブラウザをOperaからSleipnirに切り替える.Operaは軽くていいのだけど,画面を印刷すると紙の1枚目から2枚目に移る箇所が何行か脱落しちゃうのね(-_-;).これでは書籍の発注かけたときの控えがその役をなさないので困るわけ(経理担当者の分まで端末が無い[!]ので,紙の控えが必要なのである).

 「岩隈問題」を廻って小池唯夫パリーグ会長から何やら収拾案(と言うより彌縫策)が出たようだが,それを伝える朝日と読売の記事のニュアンスが微妙に違う.朝日【岩隈「1年はオリックスで」 パ会長独自案に6球団同意】は1年オリバで我慢させれば岩隈の気も変わるかもという期待が込められているように読めるが,読売【「1年後は意志尊重」岩隈の移籍問題で小池会長が提案】は1年オリバで我慢すれば義理を果たしたことになるよ,と小池会長が言っているかのように読める.読売が岩隈のリアクションをコミで記事にして,朝日がそうしなかったところにも問題に対するスタンスの違いを感じることが出来るだろう.

北海道でまた地震

 読売新聞【北海道で強い地震、苫前町で震度5強】記事で紹介されている写真に注目.見ていると,涙が出て来ます.
 今年,こうゆう話が多すぎるのは,天の配剤だとでも言うのでしょうか.今年の災害は,どれも飯塚じゃないからわたしたちには関係無い,と>>図問研のお偉方.

移動図書館と田中知事

 信濃毎日新聞【移動図書館デザイン依頼先 知事、業者名挙げ持ちかけ】

 移動図書館と田中康夫長野県知事をめぐる意外な接点(-_-;).ネットにいい写真が無かったので,イラストのおはなしばけっと号.これは一般的な移動図書館ではなく,かなり凝った作り方をしたクルマらしい.このクルマの背景については,田中県政追撃コラムというメルマガのバックナンバー(7月23日付)に細かい話が掲載されているので参考までにどうぞ.

 しかし,田中康夫にしても橋本大二郎にしても,ちょっと脇が甘いよな気がします(sigh).

今日のBGM

マーラー/交響曲第1番ニ長調@ヘルベルト・ケーゲル/ドレスデン・フィルハーモニーカー(ドイツ・シャルプラッテン)

 ケーゲルはアクの強い芸風で熱狂的なファンを持つ指揮者.得意は現代モノで,先日出たショスタコーヴィチのライヴ(ウェイトブリック)など,ハマると凄まじいまでの「冷徹な熱狂」ぶりを聴かせてくれる.が,このマーラーは田舎じみた演奏を目指したためか,アクの強さばかりが前面に出て,案外楽しめない.

2004/12/13

メモ

 〈はてなダイアリー-読書記録等〉というのを見つける.このコメント欄がおもしろいよ(^^;).

日常

 仕事.ひとり休んだ館員がいたため,演習を自学自習で目録カード作成に切り替える.が,ひっきりなしにカード作成に関する質問が来て仕事にならない(^^;).それ以外にもレファレンスは間断無く来る.帰宅後もレポートの採点と配布資料の作成など.

今日のBGM

ブルックナー/交響曲第4番変ホ長調〈ロマンティック〉@オイゲン・ヨッフム/シュターツカペレ・ドレスデン(EMI)

 この〈ロマンティック〉は,ヨッフムが伝統的なブルックナー演奏(ハースやノヴァークの校訂以前の,という意味)から無縁ではなかったことを示している.クナッパーツブッシュによるデフォルメされた〈ロマンティック〉の演奏(G.C.W.氏が知っているのはプライザーから出ている1944年9月8日の録音)の正統な後継者だと言ってもいいのでは.

2004/12/12

今日のBGM

 〈N響アワー〉でヴォルフガング・サヴァリッシュがブラームスの第1番を振っているのを見る.サヴァリッシュも80の坂を越えて少々衰えがきているようで,椅子に座っているのはともかく,身振りが極端に少なくなっている.モノがブラームスだから何とかなっているのかもしれないが,聴こえてくる演奏も好々爺っぽい円満な感じになってしまってますねえ(sigh).
 サヴァリッシュも元来は現代モノにも強かった指揮者で,25年前にFMで聴いたショスタコーヴィチの14番など凄かったのですが.

日常

 休日.お歳暮の調達に川俣町までクルマを走らせる.お目当てはシャモ(^^;).

 〈新選組!〉最終回を見る.個々の役者はよくやったと思うが,舞台設定にはあちこち難があったような気がする.「虚実皮膜の間」とは言うけど,今日も刑場に母と妻を引っ張り出さなくてもよかっただろうに(-_-;).むしろ『新選組始末記』にあった「近藤勇五郎翁談」を使った方が余韻が残ったんじゃないか.その方が家族も「武士」らしい最後の迎え方に見えたと思う.
 結局,土方は函館まで行かなかったのね(^^;).

北九州市立図書館への指定管理者制度導入

 昨日のエントリー【志ある司書はベストセラーを選書しない?】に関連して,「平成16年度第2回北九州市立図書館協議会 会議録」という文書を見つけたのでリンクしておきます.質疑の部分がなかなかスゴイですよ(^^;).誤解されても困るので,気になったところをそっくりコピー&ペースト.

続きを読む "北九州市立図書館への指定管理者制度導入" »

« 2004年12月5日 - 2004年12月11日 | トップページ | 2004年12月19日 - 2004年12月25日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ