2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2004年11月7日 - 2004年11月13日 | トップページ | 2004年11月21日 - 2004年11月27日 »

2004年11月14日 - 2004年11月20日の記事

2004/11/20

今日のBGM

ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調作品125@ジョス・ヴァン・インマゼール/アニマ・エテルナほか(Sony)

 一時期ドッと出たベーレンライター社出版の「原典版」による録音のひとつ.去年出たラトルの録音(EMI)なんぞに比べれば,音楽的にも立派な演奏だろう.

日常

 休日.掃除洗濯買い物.ようやく扇風機を片付ける(-_-;).明日はガスレンジだ.

 毎日新聞【大学祭:京都大のミスコン全面的中止へ】やれやれ(-_-;).よりによってこれから新規にミスコンを立ち上げようというのもナニですが,それをまた「既存のジェンダーの押し付け」「性の商品化」などと称して中止させようとするのも野暮天かと.

 朝日新聞【廃線鉄道のレール1700メートル分盗まれる 福岡】鉄道マニアの犯行ではなく,鉄くず狙いの犯行らしいですが.

3週間分のの購入物件

 購入物件のメモが遅れがち(-_-;).

『図書館の興亡』 マシュー・バトルズ著,白須英子訳/草思社/2004年11月初版/本体2500円
『知識の社会史』 ピーター・バーク著,井山弘幸・城戸淳訳/新曜社/2004年8月初版/本体3400円
『図書館目録とメタデータ』(シリーズ図書館情報学のフロンティア:4) 日本図書館情報学会研究委員会編/勉誠出版/2004年10月初版/本体2700円
『理想の公共図書館サービスのために』 国際図書館連盟公共図書館分科会ワーキング・グループ編,山本順一訳/日本図書館協会/2003年12月初版/本体1800円
『公立図書館の任務と目標解説』増補修訂版 日本図書館協会図書館政策特別委員会編/日本図書館協会/2000年12月初版/本体630円
『中世十三湊の世界』 青森県市浦村編,千田嘉博編集協力/新人物往来社/2004年9月初版/本体2400円
『専門知と公共性』 藤垣裕子著/東京大学出版会/2003年5月初版/本体3400円

 メモさえ遅れがちなのに,いったい,何時読むんですか>>G.C.W.氏(-_-;).

“アイドルクリスマス”(Sony:MHCL456)

 さすが「完全限定版」と銘打っているだけに,ネットショップには在庫が無いようで(^^;).G.C.W.氏はこのラインナップ,ある種感動モノでした.ここ数年,この季節に一風変わったクリスマス・アルバムを探すのが習慣になっているけど,今年はこれが真打ですね.

JR只見線復旧

 JR只見線は新潟県中越地震のため,只見-小出間で運休していましたが,今日(11月20日)の始発より全線で運転を始めました.

2004/11/19

日常

 仕事.某所から査察来る.と言っても,当日の詳細なスケジュールは全く知らされなかったので,直前に電話もらうまで何時来るのか皆目見当つかず(-_-;).来たら来たで,いきなり「説明して」.説明が必要なら話が来たときに通告してくれっての(>_<).取り敢えず,通り一遍の話をサラッとしてみる.図書館における来客への説明は,誰が来てもそうそう変わるものじゃないからね(^^;).
 ま,こーゆうものは「無事終了」することに意義があるたぐいのモノ.

 うーん,今日はちょっと意気が上がらない(-_-;).

2004/11/18

日常

 賢弟の誕生日.
 仕事如例.ひたすら目録修正.その合間を縫って,あるMLへの投稿を書いたり新規登録の下準備をしたりコピーの依頼を出したり.

 日刊スポーツ【さらば「平成の怪物」武双山】ホント,大相撲の記事は辞める力士を悪く言わない(^^;).

 昨日は「興味が無い」と書いたドラフト,よくよく見たら捨てたものでもない.高校時代,ニュースでも話題になった難聴の石井投手が指名されていた.5年前の指名漏れで腐ることなく,野球を続けていたんだね.おめでとう! 

今日のBGM

〈ROSE〉@飯島真理(ビクター)

 これを聴いていると,中学から高校にかけて,妹のようにかわいがった/かわいかった後輩のことをどうしても思い出す(^^;)(sigh).思えば遠くへ来たもんだ.

2004/11/17

「学生が選ぶ1000冊の本」

 ある知人に教えていただいたものですが,群馬大学附属図書館では学生参加型プロジェクトとして「学生が選ぶ1000冊の本」を実施してました.こちらがその結果に基づく購入図書リストと既所蔵本のリスト.こちらで紹介した佐賀大学附属図書館の結果に比べれば,さすがにマシと言うべきか(^^;),比較するのが間違いなのか,はてさて.

 G.C.W.氏は群馬大学のリストに『O嬢の物語』を見つけてニヤリ(^^;).

日常

 仕事如例.時間を見つけて,勤務先で使っている端末のブラウザをIEからOperaに乗り換える試み.
 アルブレヒト・デューラー〈メランコリア〉についてのレファレンス.数年前に,新書か雑誌で〈メランコリア〉を解説している文章に出会った記憶があるのだが,それが何だったか全く思い出せない.テレンバッハの『メランコリー』(みすず書房)に準拠していたとは思うが,精神医学の文脈だったのか,西洋文化史の文脈だったか,それとも何だったのか.前後の文脈が思い出せれば,掲載媒体も思い出せるような気がするのだが.ふう(sigh).つべこべ言わずに,テレンバッハを何処かから借り出す算段をしようか.

 プロ野球のドラフト会議.その結果(日刊スポーツ).逆指名が腐りきったドラフトには興味も持てず,【近鉄39歳加藤伸が現役引退を決意】とか藤崎紘範投手が楽天入りとか,そんな話題の方が気になる.

今日のBGM

ニールセン/交響曲第3番ニ短調作品27〈シンフォニア・エスパンシーヴァ〉@レナード・バーンスタイン/デンマーク王立管絃楽団(Sony)

 これまた熱い演奏.ニールセンの母国デンマークのオケに覇気満々のレニーが乗り込んだ,という雰囲気である.

2004/11/16

日常

 仕事如例.目録修正黙々黙々.帰宅してblog見たらコメントがいっぱい(^^;).少しづつ返事書きますね.

 何故かは知らねど,昨日からNHK-BS2でゴジラ特集.最初の〈ゴジラ〉(1954)はともかく,〈三大怪獣・地球最大の決戦〉(1964)あたりになると,何だか雰囲気がクレージーキャッツの映画と大同小異に感じられて,妙に可笑しい(^^;).小美人が国会に参考人として登場するタイミングなど,ギャグの呼吸である.平田昭彦の大オーバーな悪役が実によろしい.

今日のBGM

ニールセン/交響曲第2番ロ短調作品16〈4つの気質〉@モートン・グールド/シカゴ交響楽団(RCA)

 荒々しい,北の海を連想させるような演奏.LP時代のカップリングだったクラリネット協奏曲(ソロはベニー・グッドマン)が肩の力の抜けた,瀟洒な佳演なのに比べて,マッチョがゴリゴリと迫る(?),テンションの高い力演である.

2004/11/15

日常

 仕事如例.演習と会合とあって仕事進捗せず.こんな日もありか.

 帰宅後,気分転換に『胡堂百話』(中公文庫)を読んでいる.何度目の再読だか,もうわからない.随筆の見本のような名文である.「名文」といっても「出師表」のような声涙下り落ちる向きのものではなく,ってG.C.W.氏が断るまでも無いか(^^;).

今日のBGM

ニールセン/交響曲第1番ト短調作品7@ブライデン・トムソン/ロイヤル・スコティッシュ管絃楽団(シャンドス)

 第1番作曲時(1891年),26歳になっていた作曲家ニールセンは最初からニールセンであった,という感じの作品.音楽のつくりや音の響きが,最初の交響曲で既にニールセンの個性を刻印している.

文部科学省は個人情報を何だと思っている?

 文部科学省【著作権法改正要望事項に対する意見募集の結果について】を公開しています(情報元:著作権法改正要望のパブリックコメントを追跡する:著作権法改正要望事項に対する意見募集の結果について

 個人的には,コピー&ペーストもせず,送ったメールのシグネチャ等を黒塗りしただけで公開するというのは,いただけぬものがあります.わかるひとが見たら,誰が送ったものだかわかってしまうと思いますよ.ひょっとして,それが目的ですか>>文部科学省.

2004/11/14

高校生が選ぶ「大学に入ったら 読みたい本100選」

 佐賀大学附属図書館が「高校生が選ぶ『大学に入ったら 読みたい本100選』」なる企画を実施したそうで,こちらがその結果(情報元:antipop読冊日記).

 風野春樹@読冊日記さんが「だいたい、『Deep Love』なんて大学図書館にあっても恥ずかしくて借りられんよ。」とおっしゃられてますが,我が勤務先には「『Deep Love』おいてありますか?」という学生からのお尋ねが(^^;).いや,これは風野さんが正しいのですが.やれやれ(sigh).
 で,この100選ですが,これはむしろ「高校卒業までに読んで来い」とおぢさんは思ってしまう内容ではないかと.これは到達点ではなく,出発点だろうと思うのですよ.佐賀大学附属図書館は「上位100冊を蔵書として備えます」との由ですが,大学図書館がそこまで媚びるのは如何なものですか(^^;).

 とは言え,G.C.W.氏が知らない作家の名前もちらほら(>_<).うーん,こちらも修行が足りない.

続きを読む "高校生が選ぶ「大学に入ったら 読みたい本100選」" »

炎のストッパー

中国新聞【故津田投手たたえ母校・南陽工高に記念碑】

 人呼んで「炎のストッパー」広島カープ・津田恒美(1960-1993)のことは今も鮮やかに思い出す.結果的に生涯最後の登板になった1991年4月14日のジャイアンツ戦で無残に打たれたところを,偶々テレビ中継で見ていたからかもしれない.亡くなって,来年がもう13回忌になるのか.
 昨今,ラジオの野球中継でリリーフ投手出身の解説者(複数)に対して「炎のストッパー」の肩書きを進呈しているが,とんでもない話である.

日常

 休日.今日も寝過ごし,テレビを点けたら何やら,おめでたそうな話題をやっている(^^;).産経新聞の記事に拠れば「宮内庁によると、今月上旬に発表する予定だったが、新潟県中越地震の直後で被災者に配慮したいとの両陛下や紀宮さま、黒田さんの意向から延期されていた」との由.業界を代表する団体の機関誌にさえ「罹災お見舞い」の言葉ひとつ載せることの出来ない図書館業界は,この配慮とその効果から学ぶべきことがあるだろう.

 食料調達のついでにレコード屋に行ったら,カルロス・クライバー追悼企画なのか,ヘンスラーからエーリヒ&カルロスによるボロディンの交響曲第2番を一組にしたCDが店頭に並んでいた.今日は買わなかったけど(^^;).取り敢えず,自分でエーリヒ(デッカ)とカルロス(DG)が振るベートーヴェンの第7番を並べたMDを編集して,クルマで聴くことにしましたことですよ.

今日のBGM

W.A.モーツァルト/ピアノと木管楽器のための五重奏曲変ホ長調K.452@クララ・ヴュルツ(ピアノ)ほか(アーツ/ブリリアント)

 モーツァルトが木管をフューチュアして書いた作品はいずれも秀作揃いだと思うが,これもなかなか.聴いていると,浮世のくさぐさなどどうでもよくなりそうになる(^^;).

地震関連情報:11月14日

 新潟県立図書館のサイトにupされている【中越地震における新潟県図書館等情報ネットワーク構成機関の被害状況等について.pdf】が11月10日付のものに更新されています.

 小千谷市,十日町市,川口町の各図書館は,復旧までにもうしばらくかかりそうです.

 長岡工業高等専門学校は未だに校舎内へは立入り禁止が続いています.授業は長岡技術科学大学の校舎を借用して徐々に再開しているそうです.保護者には臨時の説明会を開催する予定があります.詳細はサイトおよびこちら(リンク先はpdfファイル)を参照してください.

« 2004年11月7日 - 2004年11月13日 | トップページ | 2004年11月21日 - 2004年11月27日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ