2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 2004年6月6日 - 2004年6月12日 | トップページ | 2004年6月20日 - 2004年6月26日 »

2004年6月13日 - 2004年6月19日の記事

2004/06/19

また合併

ZAKZAK【渡辺オーナー芯からブチ切れ「古田君はバカ」】

如何にオーナー連中が吠えたって,実際にグラウンドでプレーするのは選手たち.仮に,現在の日本プロ野球選手会がスポンサー見つけて,現在の各球団との契約を一斉に破棄して,MLBに押し渡って球団旗揚げしてNLBに誰も残らないなんて事態に立ち至ったら,面白いんだけどね(^^;).
ところで選手の側も,どう転んでも年俸の抑制は避けられないわけで,そろそろ各球団で旧態依然どんぶり勘定の年俸査定システムを科学化する研究でも,選手会が始めたらどうだろうか.

日常

休日.午前中は寝床でぐーぐーぐー.ときどき起きて,〈古城探訪記〉の本文ココログ移転作業.午後はのそのそ外出して買い物とか散髪とか.カミさんも髪切って来たとかで「奇遇だね(^^;)」.夜も粛々と〈古城探訪記〉の移転作業続き.

今日のBGM

マーラー/交響曲第2番ハ短調@レオポルド・ストコフスキー/ロンドン交響楽団(RCA)

2004/06/18

続続・合併

日刊スポーツ【1リーグ制を西武堤オーナーが支持】とか,サンスポ【巨人・渡辺オーナー、選手“いいとこどり”は許さん】,など球界ゴロのエゴ丸出しな記事が増えて,G.C.W.氏はすっかり興味を失ってしまったプロ野球.今のままでは,ハゲタカの如き球界ゴロがプロ野球を食い尽くしてしまうぞ.

もっとも,選手のプレー自体には罪が無いので,今のところまだテレビ中継は見ているけど,日本テレビ系のジャイアンツ戦中継は20年前からそうだったように音声を切ってラジオに切り替える.来年,1リーグになったらプロ野球中継は確実に見なくなるな.今だってブルーウェーブvsバファローズは見る気にならないし,ニュースで結果を聞く気にもなれない.残念なことだが.

続きを読む "続続・合併" »

読了本

『よつばと!』第2巻(あずまきよひこ著/電撃コミックスC102-2/メディアワークス/本体600円)読了.いいよねえ,こーゆうの.

日常

仕事.午前中は8月の会合での議題の取りまとめと,その通知の作成.午後は目録の整理.

周囲が誰もいすゞの名車ベレットを知らず,ずっこける(sigh).ベレットとか117クーペとか,G.C.W.氏が幼少のみぎり,憧れのクルマだったのだが.いすゞが乗用車から完全に撤退して2年ほどしか経っていないのに,世の中は非情だ.
もっとも,ある知人は以前G.C.W.氏に「いすゞはマニアが乗る車だったから」と言った.ふーむ.

体調が悪いと,思考も精神状態も悪い方へと傾きがち(-_-;).自意識過剰に陥る前に気分転換しましょ.

今日のBGM

チャイコフスキー/交響曲第4番ヘ短調作品36@アナトール・フィストラーリ/ロイヤル・フィルハーモニック(デッカ)

フィストラーリはアンナ・マーラーの夫だったことのある指揮者.デッカ自慢のフェイズ4録音の1枚だが,エラク残響の無い録音.

2004/06/17

ICタグ実験

またしても昨晩書こうと思って書き損ねた話<<最近こんなのばっか.

【Liblog JAPAN | Blog on Library and Information Science: 無線ICタグで図書閲覧を把握 NTT西、福岡市と実験(産経新聞)】
【NTT西や福岡市などが、RFIDタグを用いた蔵書管理を実証実験。貸し出しや返却作業もセルフで:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2004/06/09】

〈Liblig JAPAN〉では「一歩間違うと気持ち悪いなぁとかんじました」と書かれてしまいましたが(^^;),G.C.W.氏はしばらく前に,ここここで書いているように,ICタグあるいはRFIDタグと呼ばれる技術の図書館業務への導入には肯定的です.また,あるマイナーな雑誌媒体(一般には販売していない)にて昨年,G.C.W.氏が執筆した文章でも同様の主張をしてみました.

この技術の導入による貸出返却業務の脱「カウンター」と書架整理業務の無化が,図書館業界における,日本図書館研究会読書調査研究グループの主張に代表される「貸出至上主義」の跳梁跋扈に伴う弊害を除去するための有効な手段たりえるからです.それはまた「カウンター業務の委託」是非論をも無化してしまうものでもあります.
残念ながら「指定管理者制度」にまでは,この技術の導入は抵抗しえませんが,技術力で委託に対抗できるのであれば,試さない手は無いんじゃないかと考えます.

ところで,図書館の現場としてはRBBTodayの記事でも触れている「蔵書の不正持ちだしの問題」が,無線ICタグ導入の重要なポイントでしょうか.今までのBDS(Book Detection System)以上の効果を期待する,と(^^;).

日常

体調不良で自主休講.
昨晩から体調不良を感じ,昨晩はココログのメンテナンスにかこつけて更新を休んで早く寝たのだが(sigh).一日ゴロゴロして過ごす.明日は仕事に復帰できそう.やれやれ.

・・・・・・・・・昨日は仕事で単純ミスから大失態をやらかして,さすがのG.C.W.氏もへこんでしまって,その落ち込みが体調不良を招いた,ということにしておきます(^^;).

これから,徐々に「古城探訪記」の本文をココログに移転します → こちら

今日のBGM

橋本國彦/交響曲第1番@沼尻竜典/東京都交響楽団(Naxos)

この作品については,以前も書いたが,そのときから印象は変わっていない.

2004/06/15

ベートーヴェンのポケットスコア

そうそう,仕事で古いオイレンブルク社のポケットスコア(初版1刷はひょっとすると1920年代?)の書誌と所蔵をNACSIS-CATとローカル目録に登録していたところ,ベートーヴェンの絃楽四重奏曲変ロ長調作品133,いわゆる「大フーガ」の書誌に「No.16」ってありまして.あれ,「絃楽四重奏曲第16番」はヘ長調作品135だよなあ,こりゃ誤入力かと思ったら,「大フーガ」の標題紙には確かに「No.16」とあります.ありゃりゃ,と思って作品135の標題紙を確認したら「No.17」になっていました.ベートーヴェンの絃楽四重奏は交響曲ほど好んで聴きませんので知見は限られてますが,こーゆう付番は初めてです.
これは1860年代にブライトコップフ&ヘルテル社から出版された旧ベートーヴェン全集での付番なんでしょうか?

続・合併

こちらの続き.昨日書くつもりが,ココログがやたらと重くなってしまって書き損ねた(-_-;).

で,あれこれ報道を読んでいるいるうちにだんだん馬鹿馬鹿しくなってしまって(>_<).本尊の読売はいち早く,日本経団連の会長が「1リーグ制が合理的」と言った記事を掲載した.会長氏は「巨人と試合をすると観客が入るのだから、そういう形でやっていけば良い」と言ったとか.そもそもプロ野球自体の人気が落ち込んできているのが今回の球団合併騒動の遠因であり,巨人戦もまた視聴率は下がっているし,観客も入っていないことは繰り返し報道されているはずなのだが.日本経団連の会長ともなると,この程度の認識でもメディアにコメントとして通用するらしい.

続きを読む "続・合併" »

日常

初トラックバックいただきました(^o^)/.MIZUKIさん,ありがとうございますm(_ _)m

仕事.朝からレファレンスひきもきらず(^^;).同僚推薦の資料が役立つ.図書館員冥利のひとつは,自分が選書した書籍がお客の役に立つことだが,選書を「利用者」に丸投げすることを至上命題とする某理論を信仰しているひとは,その快感を知る由も無いんだろうなあ(^^;).

昨晩は久し振りに長電話友達から電話があったものだから,書きかけの記事を下書きで登録しておいて,電話が終わってから再編集して投稿しよう,と思ったら.・・・・・・・・・ココログが動かないじゃないですか(-_-;).おかげで書こうと思っていたメールも書き損ねてしまいました.失礼m(_ _)m
それにつけても,あのひとをどうしよう(sigh).

今日のBGM

ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調作品67@ウィレム・メンゲルベルク/アムステルダム・コンセルトヘボウ管絃楽団(テルデック)

2004/06/14

日本レコード協会会長のコメント

日本レコード協会が,「著作権法改正法案の成立にあたって」という会長名でのコメントを発表.

http://www.riaj.or.jp/whatsnew/w040614.html

「音楽ファンへの利益の還元」ねえ(-_-;).このコメントを額面どおり受け取るひとがどれだけいるんでしょうか?

「みんなの図書館」7月号

帰宅したら「みんなの図書館」7月号が届いていた.今号は〈図書館問題研究会第51回全国大会〉の重要課題討議掲載号.早速,重要課題討議を一読してみたが,公共図書館の存在そのものへの危機感がひしひしと伝わってくる文章ではあるものの,図問研的なバイアスがかかっていることは否めない.例えば,学校図書館との連携にはページが割かれているのに,大学図書館・専門図書館への言及が皆無に近い(レファレンス事例の蓄積例としてp12に出て来るくらい).これは図問研,あるいは図問研的な考え方が「利用者」に対して何を期待しているかを示すものと考えていいのだろうか.
何しろ,この重要討議課題の文中には「要求される書庫資料や予約をみると,刊行年が古いなど的が絞れていないことが多々ある」(p3)というちょっとこれはどうしたものか,と思っちゃう文章もあるくらいですからねえ.

続きを読む "「みんなの図書館」7月号" »

日常

仕事.とある研修に応募していたのが選考を通過したのはいいけど,同僚が行くセミナーとブッキング(-_-;).どちらも行かないと今後の仕事が成立しなくなってしまう危険があるので,その2日間は残りの職員でがんばってもらおう.
演習は張り合いが無い(^^;).今年の受講生はG.C.W.氏の説明が不足しているのか,おとなしいのか,理解が足りないのか,とにもかくにも反応が鈍い.昨年,一昨年と同じ事をしていてはダメなのか.

今日のBGM

コルンゴルト/映画音楽集@アンドレ・プレヴィン/ロンドン交響楽団(DG)

2004/06/13

今日の購入物件

誕生日の贈り物に本を指名されたので,そのついでに自分の本も買ってしまった(-_-;).

『編集狂時代』 (松田哲夫著/新潮文庫ま-27-1/新潮社/2004年5月初版/本体667円)
『幽霊のいる英国史』(石原孝哉著/集英社新書0196/集英社/2003年6月初版/本体720円)
『よつばと!』第2巻(あずまきよひこ著/電撃コミックス/メディアワークス/2004年5月初版/本体600円)

・・・・・・・・・どーせ『よつばと』は次女がかっさらっていくんだが(^^;).

合併

MSN-Mainichi INTARACTIVE【プロ野球:近鉄、オリックスが球団合併で合意】,京都新聞電子版【近鉄とオリックス合併へ 主導権はオリックスか】
玉木正之氏が激怒しそうな話.本当に悔しい_| ̄|○
より詳しい解説記事は明日以降出るのでしょうが,結局プロ野球における読売系への一極集中,言い換えれば「ナベツネ」的なものの支配に,パシフィック・リーグとそのファンが敗北したと言うことですよ,これは(-_-;).

続きを読む "合併" »

日常

休日.午前中,昨日やるつもりで出来なかったレポートの採点.2時間かかって半分しか終わらず,放擲して買い物に外出.カミさんと長女への誕生日の贈り物とか,父の日ギフトとか.夕食を蕎麦とカツオのタタキにするつもりが,広島風お好み焼きとカツオのタタキになる.合わない(^^;).
夕食後,採点は何とか終了.

今日のBGM

マーラー/交響曲第6番イ短調@ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団(デッカ)

« 2004年6月6日 - 2004年6月12日 | トップページ | 2004年6月20日 - 2004年6月26日 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ