2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常 | トップページ | 日常 »

2004/11/03

今日の購入物件

 タイトルは便宜上(^^;).実際にはここ3か月の落穂拾い.

ヘンデル/オラトリオ〈メサイア〉@トマス・ビーチャム/ロイヤル・フィルハーモニック(BMG:09026-61266-2)
芥川也寸志/〈エローラ交響曲〉ほか/湯浅卓雄/ニュージーランド交響楽団(NAXOS:8.555975J)
大澤壽人/ピアノ協奏曲第3番〈神風号協奏曲〉&交響曲第3番@ドミトリー・ヤブロンスキー@ロシア・フィルハーモニック管絃楽団(NAXOS:8.557416J)
諸井三郎@交響曲第3番ほか@湯浅卓雄/アイルランド国立交響楽団(NAXOS:8.557162J)
〈Song of Exuberance〉@ジョゼフ・アレッシー(トロンボーン)&メトロ・ブラス(Dillon:CD001)
〈Russian Brass Vol.1〉@ロシア・ナショナル交響楽団の低音金管楽器奏者(Parow'sche Musikalien:PM301)
松崎しげるNew Best One@松崎しげる(ビクター:VICL-41072)

 「月2枚」には枚数が合わないが,ご勘弁ください.
 ナクソスの「日本作曲家選輯」が3枚.驚いたのは3人の中で最も無名だと思われる大澤壽人(1907-1953)の作品.昭和13年頃の時点で,既にここまで欧風化された洒落た音楽を書ける作曲家がいたとは.同世代に,不思議と令名の高い貴志康一(1909-1937)がいるが,彼より音楽の格は上だと思う.
 諸井三郎は晦渋な交響曲もいいけど,〈ピアノ協奏曲嬰へ短調〉の録音を切望する.

 低音の金管をフィーチュアした2枚のCDは,外国語のブックレットが読めなくて実は内容がよくわからない(^^;).近所のタワレコで偶然見つけたモノでリンクもタワレコだけど,HMVのサイトではヒットしなかった.〈Russian Brass Vol.1〉はタワレコのサイトに曲目が掲載されているんだけど,クリスマス狙いにしては発売日が6月ですか.〈Song of Exuberance〉の方は英文ブックレットにやたらと「The Salvation Army」って出てくるんだけど,それはつまり救世軍のことなので,こちらも宗教的な作品が並べてあるのかもしれない.曲の雰囲気はそう思えなくも無い.もっともその割には,1曲目がロスアンジェルス・オリンピックのファンファーレ(ジョン・ウィリアムズ)なんですけど(^^;).

 松崎しげるは・・・・・・・・・,すみません〈地平を駈ける獅子を見た〉欲しさに買いました.

« 日常 | トップページ | 日常 »

音楽」カテゴリの記事

今日の購入物件」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の購入物件:

« 日常 | トップページ | 日常 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ