2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 読売新聞にストライキを報道する資格は無い | トップページ | 今日のBGM »

2004/09/07

「広域貸し出し」は新しいサービス?

読売新聞【ネットで検索、図書館の広域貸し出し地方にも拡大】

よくわからない(^^;).これって,わざわざ予算を付け,マスコミにニュースリリースするほどの事業ネタですか? そもそも,この記事で使われている「広域貸し出し」って言葉がどのようなサービスを指しているのかいまひとつピンと来ない.この記事で言われている程度のことは,程度の差こそあれ何処の公共図書館でもやっている相互貸借の範疇じゃないかと思うのだが.それとも,公共図書館の無い市区町村の住民に対して,他地域の公共図書館が蔵書を貸し出すサービスを「広域貸し出し」って言うことになったのかな.
それにしても,わざわざ「広域貸し出し」という言葉を創出して国が事業費出して大々的に展開させるような性格のモノじゃ無いですよねえ.それよりも,公共図書館の無い市区町村が公共図書館を創ることに予算を振り向けることが先だと思います.

「広域貸し出し」などとお上に大上段に振りかぶられると,横を向きたくなりますね(^^;).

« 読売新聞にストライキを報道する資格は無い | トップページ | 今日のBGM »

図書館」カテゴリの記事

コメント

とりあえず、私の県では「?」としか
思っていない図書館員が多いです。
県自体も導入しない旨きちんと説明が
つくように(議会対策、ということです)
検討中です。

細かくは色々あるのですが、
その辺はまた。
(違う立場の方のコメントも見たい気が・・・。)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「広域貸し出し」は新しいサービス?:

« 読売新聞にストライキを報道する資格は無い | トップページ | 今日のBGM »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ