2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常 | トップページ | 日常 »

2004/08/06

今日のBGM

マーラー/交響曲第6番イ短調@サイモン・ラトル/バーミンガム市交響楽団(EMI@not CCCD)

この交響曲終楽章で2度打ち鳴らされるハンマー(巨大な木槌が使われることが多い)について,ある指揮者が「これはヒロシマとナガサキを予言し,象徴しているのです」という意味のことを言っていた記憶がある.そーゆう解釈さえも許容してしまうほど純音楽的で象徴性が高い,マーラーの最高傑作.
ラトルの演奏は,劇性をそれほど強調せず音楽そのものに語らせる傾向のもの.3回目のハンマーが振り下ろされている.

・・・・・・・・・〈○と×と音楽と・・・〉で取り上げられていた【作曲家占い】やってみたんですけど,「あなたの作曲家: ヴィヴァルディ (類似度 95%)」というのはともかく,「相性の悪い作曲家: MAHLER」というのは却下(^^;).中学・高校時分,マーラーにのめりこんでいなかったら,多分人生の色彩が変わっていたと思うので.

« 日常 | トップページ | 日常 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

こんばんは,小ト短調です。トラックバックありがとうございました。

私もマーラーがなければ,こんなに音楽にのめり込まなかったもしれないなぁと思うことがあります。マーラーの9,6,7は,私が特に好きな曲です。大地の歌もいいですね。

ですから,GCWさんと同じように,「マーラーと相性が悪い」とは思いたくないですね。

こちらかもトラックバックしておきます。

小ト短調さん>>

コメント,トラバありがとうございますm(_ _)m
マーラーは一時期絡め取られたように好きでした.カラヤンの6番で横っ面を張り飛ばされ,ジュリーニの9番で深い溜息をついたのが中学生の頃です.9番のレコードを同級生に貸したことなど,昨日のように覚えてます.
あれから,随分遠くに来てしまいましたねえ(^^;)>>わたし.

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のBGM:

» ○?:「作曲家占い」やってみた(加筆版) [○と×と音楽と…]
クラシック音楽好きを自認するなら,これはやっぱり外せないかなと思いやってみました。 作曲家占い 私の結果: あなたの作曲家: シベリウス (類似度 98%... [続きを読む]

« 日常 | トップページ | 日常 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ