2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月の記事

2004/08/31

日常

仕事如例.途中で大規模な(^^;)レファレンスひとつ.

東京新聞【中野サンプラザ譲渡交渉内容、ネット漏えい】
この記事は,実のところ守秘義務がどーこーよりも記事の最後の段にある「住民と協働する自治の流れの中で、告発を憂慮している」ここがポイント.自治体には,守秘義務を盾に住民への情報開示を拒絶したい向きもあるように感じられるが,どうだろうか.ひょっとすると「公務員の守秘義務」をことさら強調する公務員には,住民との協働を拒絶する意識が働いていることを疑ってかかったほうがいいかもしれない(^^;).

今日のBGM

マーラー/交響曲第7番ホ短調@クルト・マズア/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管絃楽団(ドイツ・シャルプラッテン)

凡演.「初見だから,まずは一度流してみよう」みたいな感じが(特に第1楽章に)ただよっていて,どうにも音楽の上っ面をなぞっているだけにしか聴こえない.
1985年に3200円で買ったCDだぞ,これ(^^;).金の無い時に限って,無駄なことをするものであるな.

2004/08/30

日常

台風16号で被害を蒙ったみなさまにお見舞い申し上げます.

仕事如例.朝からひとりだけ汗だくになったのは,気温の割りに湿気が高かったからだろうか(>_<).気温がそれほど上がらないので空調を入れることが出来ず,ひたすら忍耐の一日.

夕食に,初めて購入した無印良品のレトルト木の実カレーを食べてみたら,結構いけるじゃないの(^^;).全然辛くないけど.

読書と校正のため,しばらくは軽めの更新が続くと思います.

今日のBGM

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001-1006(チェロ独奏版)@Vito Paternossster(ムジカイマジン)

18世紀半ばの筆写譜によるチェロ編曲版という変り種.通常のヴァイオリン版に比べると少々鈍重だが,それなりに聴けてしまう(^^;).そこがJ.S.バッハの音楽の並外れたところである.

2004/08/29

つくば占い

〈だいがくとしょかん占い〉を作成されたにのみや@おかやまさんから,コメントで新たに〈つくば占い〉をご紹介いただきました.つくばに縁のある方は是非どうぞ(^o^)/.
早速占ってもらったら〈つくばエキスプレス〉でした.なんだか納得してしまいましたです(^^;).

ちなみにこんな結果↓

続きを読む "つくば占い" »

日常

休日.カメラの中に帰省中に撮影したフィルムが残っていたので,これを消費すべく一路母成峠を越える.が,ドライブに夢中で戊辰戦争の記念碑があったことをすっかり忘れていた(-_-;).中ノ沢温泉から達沢不動瀧を見て,岡本敦夫〈高原列車は行く〉のモデルになった沼尻軽便鉄道の廃線跡を散策.こちらの素晴らしいレポートを先に見つけていたら,今日はもう少し苦労しなくても済んだのだが(^^;),自分で見つけるのも図書館屋の醍醐味と言うことでよしとしよう.1999年以来,毎年〈懐かしの沼尻軽便鉄道を訪ねてウォーク〉という催しがあるそうで,よーし今年は参加してみようかと思ったら,その日は運悪く休日出勤日であった(ToT).来年を期そう.

友達が教えてくれた去年の〈手塚治虫文化賞〉受賞に対する水木しげるのコメント(^^;).だいたい手塚より年上の人間に手塚の名を冠する賞を出す了見もわからないし,よりによって水木しげるに出すというのもよくわからない.何を考えてんだろう>>選考委員諸氏.

今日のBGM

ブラームス/ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77@ジネット・ヌヴー/イザイ・ドブロウェン/フィルハーモニア管絃楽団(HMV/ダットン)

1946年のスタジオ録音.とにかくパワフルでひたむきに押しまくる熱演.ダットンの復刻も音がいい.

2004/08/28

だいがくとしょかん占い・続

先日,当blogにて〈だいがくとしょかん占い〉を紹介しましたところ,作者のにのみや@おかやまさんからのコメントをはじめとして各方面からトラバコメント等をいただきました.ありがとうございますm(_ _)m トラックバックは当blog始まって以来の件数(1エントリー当たり)です.
にのみや@おかやまさんも反響に驚いていたようですが,当blogへの来場者も〈だいがくとしょかん占い〉を紹介して以来,何故か(^^;)増加しております.何だか他人の褌で相撲を取ってしまったような申し訳なさがありますが,ご勘弁くださいm(_ _)m

ところで,差し支えなかったら新しく作ったという〈つくば占い〉のURL教えてください>>にのみや@おかやまさんm(_ _)m

日常

休日.定期通院の日.午後は同じ病院で整体を受ける.あちらこちらガタが来ていて無茶苦茶痛かった(>_<).

そろそろ〈古城探訪記〉の新しいエントリー作らなくっちゃね(^^;).

今日の購入物件

『戦国鉄砲・傭兵隊』(鈴木眞哉著/平凡社新書236/平凡社/2004年8月初版/本体760円)
『言論統制』(佐藤卓己著/中公新書1759/中央公論新社/2004年8月初版/本体980円)
『動乱の中の白河結城氏』(伊藤喜良著/歴春ふくしま文庫54/歴史春秋社/2004年3月初版/本体1200円)
『佐藤寛子写真集fine』(上野勇撮影/秋田書店/2003年9月初版/本体2800円)

佐藤寛子の写真集は新古書店で購入したものだけど,秋田書店の本を買ったのは何時以来だ(^^;).

今日のBGM

シューベルト/交響曲第9番ハ長調D.944@ルドルフ・ケンペ/ミュンヘン・フィルハーモニーカー(Sony@LGCD2じゃない)

ケンペが残した録音を仔細漏らさず聴いているわけではないけど,恐らくこの録音は1,2を争う名演の記録なんじゃないかな.長らくCD化されていなかったこの録音が再発売されたとき,狂喜乱舞したマニアがG.C.W.氏以外にもいたはずである(^^;).

2004/08/27

これは「辞典」ではない

もうひとつ,図問研絡みのネタ.

勤務先で『最新図書館用語大辞典』(図書館用語大辞典編集委員会編/柏書房/2004年4月初版)の受入順番が廻ってきたので,目録作業をしながらページをパラパラとめくってみる.『最新図書館用語大辞典』と図問研との関係については,冒頭で触れられている.以前からこの本については,ある出版社が「これは『辞典』ではない」と出版を断ってきた,という噂を聞いていたので,中身はどんなものなのだろうと思っていたところ.

・・・・・・・・・いや,これは想像以上にグレートな本だわ(^^;).

続きを読む "これは「辞典」ではない" »

「みんなの図書館」編集部しくじる

帰省中に届き,封も切ってなかった郵便物から「みんなの図書館」9月号(No.329)を開ける.特集と連載記事となかなか興味深い記事がある中で,〈ひろば〉欄に「前文京区立真砂中央図書館長・佐藤直樹氏執筆記事(本誌五月号掲載)について」(文京区職員労働組合図書館分会)という長い題名の文章が掲載されている.

つまり,「みんなの図書館」5月号が公共図書館の委託を特集した際,委託を推進する側の佐藤氏から出稿してもらったにもかかわらず,委託に反対する側の文京区職員労働組合図書館分会にはなんの断りも無かったのはどういうことだ,公平を欠くぞ,という指摘.

これを読んで「何だよ,この編集部は昔と変わらないじゃないか」と思ったのは,G.C.W.氏だけだったかな(^^;).

続きを読む "「みんなの図書館」編集部しくじる" »

最近の著作権絡みの記事

最近,図書館業界のことにかまけて著作権関係はすっかりオロソカになってしまって,ちょっと反省.

毎日新聞【公取委:着メロの参入妨害 レコード10社に立ち入り検査】
ときに,この毎日の見出しは誤解を招きますね(^^;).「着メロ」と「着うた」は似て非なるものですから.
この件については〈melma!blog [The Trembling of a Leaf]〉8月26日付記事〈はてなダイアリー - Copy & Copyright Diary〉8月26日付記事にいろいろ解説があります.さらに,これらの記事からリンクされているサイトも参照してください.

もうひとつ,〈melma!blog [The Trembling of a Leaf]〉で取り上げられていた【ITmedia ライフスタイル:「コピー防止CDは私的複製権を妨害」と、仏EMIに訴訟】これは断然面白そうですね(^^;).


日本図書館協会が現在,著作権法改正への要望案をまとめているところだそうです.まとまれば著作権委員会のサイトで公開され,叩き台になると思います.
その著作権委員会のサイトに,以前G.C.W.氏がここでお尋ねしていた「図書館における著作物の利用に関する当事者協議会覚書」が公開されています.ありがとうございますm(_ _)m

日常

仕事如例.目録採りと相互利用.

某図書館からお仕事で電話.某図書館といえば,G.C.W.氏が10代の頃お世話になった図書館ではないか.この仕事を始めて17年になるけど,まさかあの図書館から仕事を請け負うことになるとは夢にも思っていなかったぞ(^^;).
そういやG.C.W.氏が電話代わったとき,あちらの担当さんが「?」って声をしていたけど,送られてきたFAXにあった担当者名とその声から判断するに,後輩(^^;)? いや,某図書館にいるなんて知らなかったけど.
今度帰省したら立ち寄ってみよう.もうG.C.W.氏を知っている職員さんも退職されたか異動になったかとは思うし,建物も移転しちゃって昔のままじゃないけど,やっぱり懐かしいモノは懐かしい.随分迷惑もかけたと思うけど(^^;).あの街にいい想い出があるとすれば,それは図書館と中学校絡みのモノだが,今やどちらも故地に無いというのは残念(sigh).

今日のBGM

スクリャービン/交響曲第2番ハ短調作品29@リッカルド・ムーティ/フィラデルフィア管絃楽団(EMI@CCCDじゃない)

初めて聴く作品.しばらく前にムーティのスクリャービン/交響曲全集を購入して全然聴いていなかったのであった(-_-;).古典派を演奏するムーティはダメだが,後期ロマン派,それも大掛かりな作品はなかなかイケるのではないかな<<今更何を,とファンに怒られそうだが,今までムーティって触手が動かなかったんですよ.FMでライヴ聴いた限り,いいなあと思ったのはヒンデミットの交響曲変ホ調とか,オネゲルの交響曲第2番とかで,そーゆう作品は録音してないでしょ.

2004/08/26

だいがくとしょかん占い

〈だいがくとしょかん占い〉をある方に教えていただきました(^^;).

結果はこちら↓

続きを読む "だいがくとしょかん占い" »

日常

仕事如例.3日間寝込んでいた同僚が復帰.まずはひと安心.
と思ったら,くだんの長電話友達と連絡が途絶した(>_<).

「モーゼス・メンデルスゾーンって,フェリックス・メンデルスゾーンのお祖父さんなんだよ」というのは,存外知られていないネタだったようで(^^;).ひとつモウけたな.

今日のBGM

レーガー/ヴァイオリン協奏曲イ長調作品101@ヴァルター・フォルヘルト/ホルスト・シュタイン/バンベルク交響楽団(コッホ・シュヴァン)

トータル・タイムが54分28秒.奏でられる音楽はマックス・レーガーの名前から連想されるとおり(^^;)の晦渋でうにゃうにゃなモノ.ブルックナーでさえ苦痛な聴き手には耐えられないんじゃないかしらん.
でも,レーガーのうにゃうにゃには何とも言えない味があると思うのね.この曲も,この第1主題からどうしてこんな音楽が,という感じの音楽が延々と,どこが果てなんだあ,と流れていくのが,それはそれで一興に聴こえるのG.C.W.氏だけか<<そうですよ!

2004/08/25

G.C.W.氏の本棚

本棚.orgにて〈G.C.W.氏の本棚〉始めてみました.手当たり次第入れてますので,内容はわやくちゃです.

日本のピラミッド

〈葛野図書倶楽部2001-Blog〉というブログを見つけました.「京都光華女子大学の司書・司書教諭・博物館学課程履修者のための倶楽部です」との由.情報もとは〈lib_blog〉です.

まだ全部読んだわけではないですが,なるほどこれは上手いやり方であると感心しました(^^;).受講者にある程度のリテラシーレベルを求めるものではありますが,機会があれば応用してみたいものです.
しかし,みなさん課題に挙げているテーマが興味津々(^^;).G.C.W.氏は身内に出雲関係者がいるので,テーマに「出雲神話」を見つけて「おやっ」と思ったものの(以下学生さんのテーマなので自粛).

続きを読む "日本のピラミッド" »

日本図書館協会著作権委員会

日本図書館協会のサイトに日本図書館協会著作権委員会のサイトがオープンしていました.紹介が出遅れて申し訳ありません>>関係者各位m(_ _)m
貸与問題特別検討チームの今後の動向に期待します.それから,公貸権関係資料室というのもあるので,今後の情報収集に役立ちそうです.

そういえば,今日勤務先のメールアドレスに届いた日本図書館協会メールマガジンに著作権関係の記事がありましたが,別用で端末使用しているうちに内容を忘れてしまいました(>_<).記憶力の無い奴<<G.C.W.氏.

日常

仕事如例.昨日は体調不良(クルマのハンドルを握る気が起きないほどフラフラになる)で1日自主休講を取ったが,今日もエンジンがかかってきたのは午後の3時過ぎという有様(>_<).

今日の某テレビ局の占いが「誘われたら断らないで!」,別の某局が「気になるひとを誘って!」・・・・・・・・・どないせいっちゅーねん(^^;).結局,誰も誘わずまっすぐ帰ってきたG.C.W.氏は商売っ気が無いというか,何というか.いろいろ話を聞いてあげなきゃいけない相手がいないわけじゃないんですけどね.
他日を期しましょ.

今日のBGM

シューベルト/交響曲第9番ハ長調D.944@ネヴィル・マリナー/ASMF(フィリップス)

ブライアン・ニューボールトによるフラグメントの編曲をも含めた大全集(?)中の1曲.G.C.W.氏は,やっぱりこの作品には「第9番」の番号を付けておきたい(^^;).
しかし,木管に魅力の乏しいオケによるシューベルトはあまり面白く無い(-_-;).古楽系のシューベルトが総じて面白く無いのは,木管の音色がいまひとつだからじゃないかしらん.アーノンクールのシューベルト録音が出色のものたりえているのは,「シューベルトはロココだ!」という彼の主張からなのか,オケがコンセルトヘボウであることも,理由のひとつだろうとG.C.W.氏は思うのであった.

2004/08/23

公共図書館によるビジネス支援反対!・続

承前

もうひとつ,公共図書館業界から聞こえて来る「ビジネス支援」反対の理由に気がついた.
それは,我々はレファレンス・サービスの一環として,以前からそのようなサービスは行っている,何を今更ことさらに麗々しく「ビジネス支援」だなどとと飾り立てて喧伝しなくちゃならないんだ,というモノ.

ビジネス支援に対して上記のように応じる業界人には,それなりに業界での実績もある方が多いとG.C.W.氏に見受けられる.公共図書館のサービスに一家言持っている面々である.

続きを読む "公共図書館によるビジネス支援反対!・続" »

日常

仕事.如例の目録採り.悪天候のためか,夏季休業中のためか,先週にもましてお客少なし.

産経【「野球文化」の衰退阻止 野球の未来を創る会が発足】

ふーむ.ところで読売新聞【2組目の合併あれば独自案提示も…根来コミッショナー】このコミッショナーはリコールの対象にはならんのかいな(^^;).もはや「コミッショナー」ではなく「読売の走狗」ですがな.

今日のBGM

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58@エミール・ギレリス/ジョージ・セル/クリーヴランド管絃楽団(EMI@CCCDじゃない)

・・・・・・・・・考えてみれば,せっかく「今日のBGM」というカテゴリを立てているのだから,タイトルを「今日のBGM」にしておく必要は無いのではないか(^^;).
で,ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番.好きな音楽のひとつだが,昔からあまり満足する演奏にあたってない(-_-;).第1楽章と第3楽章のバランスを十全に演奏するのは難しいとは思うが,第1楽章がいいけれども第3楽章がダメ,あるいはその逆というのが多い.この録音も,第1楽章が重過ぎる.もう少しリリックに演奏して欲しいところ.
今まで聴いた中で1番良かったのは,FMで聴いたことのあるクララ・ハスキルの録音(フィリップスのものだったと思う)かな.

2004/08/22

高校図書室,閉鎖さる

〈はてなダイアリー - -「労働・しごと」について考える- 日々日報〉から8月22日の記事

「図書室が閉鎖するのは学校としてありえません」と書いてくれる百萬石マツリさんの理解が,図書館業界人としてはウレシイが,さて図問研な人や学図研な人は,こーゆうのを読んで何か動いてくれるんだろうか.G.C.W.氏には残念ながら図書館業界団体を動かすだけの力は無いので,この記事を読んでいるだろう業界の実力者に,このblogを使って注意を喚起しますからね.
ああ,それよりも全国学校図書館協議会(全国SLA)かな,この件で動いて欲しい団体は.

日常

休日.テレビ観戦と食料調達のみ.

それにしても,ナベツネが野球界の表舞台から姿を消したその年に,Jリーグ追従とも思える札幌移転を行ったファイターズの北海道から,しかも野球留学生(県外出身者)抜きで,初の夏の甲子園優勝校が出るという,この展開(^^;).なまなかな想像力では思いつかない展開だね.
昨年の東北勢3校ベスト8入りで「地区のレベルが上がった」とはしゃいでいたのが,如何にマヌケだったことか,東北の高校野球関係者には猛省を促したいところ.今年はベスト8に1校も残らなかったじゃないですか(>_<).野球留学生頼りの強化策じゃダメなんですよ.

今日のBGM

マーラー/交響曲第8番変ホ長調@ミヒャエル・ギーレン/フランクフルト歌劇場管絃楽団ほか(Sony Classical@LGCD2じゃない)

夏の甲子園,駒大苫小牧の優勝を祝して(^^;),お祭り騒ぎにふさわしい音楽を.
この演奏はフランクフルト歌劇場の再建こけらおとしの演奏会でのライヴ録音(1981年8月28日).実はこの演奏会,最初はカール・ベームが振るはずだったらしいと,どこかで読んだ記憶がある.

エライことになってしまった

北海道新聞【駒大苫小牧が初優勝 済美を13-10、夏の甲子園】

エントリーのタイトルは,このニュースに感動した,ある友人が送ってきたメールのタイトルを借用(^^;).
昼食後うっかり昼寝してしまい,眼が覚めたら4回裏に駒大苫小牧が逆転したところ.そこからはテレビ観戦していたけど,両校合わせて39安打,壮烈な打撃戦でした.打撃戦とは言え,勝負のあやを演出したのは好返球で走者を刺した駒大苫小牧の外野守備だったかも.

何はともあれ,夏の大優勝旗が初めて白河関を越えました.白河関どころか,一足飛びに津軽海峡までも越えてしまいました.おめでとう!

2004/08/21

メモ

「新宿区の図書館政策に関する公開質問状」(2003年3月23日)

別件でぐぐっていたら,たまたま見つけたもの.質問の中にこんなのが.

(3)行財政改革計画(中間のまとめ)以降の変更事項の中で、現行の9館を見直すことを前提として学校図書館を「(仮称)ふれあい図書館」として整備するとしていますが、学校図書館には教育の立場から果たすべき役割があり、地域図書館の機能は果たせないという声があがっています。
「ふれあい図書館」についてどのようにお考えですか。

A)学校図書館は学校図書館として充実させ、現在の9館はそのまま地域図書館としての役割に専念した方がよい。学校図書館は地域図書館として機能できるか、セキュリティや学校図書館の役割に支障をきたさないかなど疑問がある。
B)「ふれあい図書館」ができるとよい。狭くても、資料が少なくても止むを得ない。
C)その他 コメント

いくら何でも,これはちょっとひどい誘導尋問じゃないかな?

※このエントリーは,引用文の表記の実験も兼ねています.

公共図書館によるビジネス支援反対!

田辺浩介さん曰く「委託反対はともかく、ビジネス支援反対ってのは不思議。「めんどい、仕事を増やしたくない」「ほかにやるべきことがある」…これくらいしか思いつかん。「何をしたらいいのかよくわかんない」「人員的にも内容的にもやる余裕がない」ってのは「反対」とはちょっと違うし。」

公共図書館業界から聞こえて来る「ビジネス支援」反対の理由は幾つかありますが,最たる理由は,それが金儲けに直結しているから,というモノです.公共財を「私」のために利用して理財を企てるとは何事であるか,という理屈.でもこの理屈,どこぞの役所が,激甚災害に遭った後の住宅再建への国による資金提供を「個人財産の形成に寄与するから駄目」(!)と拒絶しているのと,あまり変わりは無いんじゃないかな(^^;).両方とも,生活者へのまなざしがすっぱり欠落しているのね.

続きを読む "公共図書館によるビジネス支援反対!" »

日常

休日.昨晩は「なでしこジャパン」を追いかけていたため寝坊する(>_<).起床後は定期通院,クルマの安全点検,NTTドコモでケータイの契約変更など.子機が親機の倍も料金支払っているようではダメ(-_-;).

日刊スポーツ【駒大苫小牧、継投で逃げ切る】
ヨッシャー!(^^;).あとひとつ.がんばれ道産子軍団.
ときに,準々決勝で敗れた修徳高校(東東京代表)の4番サードは長島一成(ながしま・かずしげ)と言うのであった(^^;).

今日のBGM

シベリウス/交響曲第2番ニ長調作品43@クルト・ザンデルリンク/ベルリン交響楽団(ドイツ・シャルプラッテン)

シベリウスの音楽は基本的につまらないので,交響曲第1番と第2番と,あと少々くらいしか聴けない(シベリウス好きな人ゴメンなさい).北欧の交響曲は断然ニールセンが最高峰で,それにアルヴェーンやアッターベリーが続くというのがG.C.W.氏の好みの構図.
シベリウスの第2番は,それでも高校生の頃からアンソニー・コリンズ/LSO(デッカ)のおかげで少しはなじみがあるけど,下手な演奏で聴くとベートーヴェンの下手な換骨奪胎にしか聴こえないのが難点か.

2004/08/20

メモ

東京新聞【著作権担保に制作資金 アニメ作品に初融資】

ここで「著作権」という言葉が使われていることに違和感を感じるのはG.C.W.氏だけでしょうか.

今日の購入物件

『島本里沙写真集girl』(竹書房/2004年7月初版/本体2600円)
『NPOがわかるQ&A』(早瀬昇,松原明著/岩波ブックレットNo.618/岩波書店/2004年3月初版/本体480円)

写真集はまあいいでしょう(^^;).この方面は,とっくに引退の潮時を越えているのに往生際が悪いですね>>G.C.W.氏(-_-;).

それはさておき,『NPOがわかるQ&A』にこんな一節が.
「NPOは,行政と同様に営利を求めない公共活動の担い手」(p9).中でも「Q7 自治体がNPOに注目しているのは,なぜですか?」は,出来ることなら全文をここに引きたい.堺市で「民営化反対」の美名の下,民業蔑視のチラシ配っている役人の方々には無理矢理にでも読ませてみたい(^^;).公共図書館のNPO委託に反対している業界人も,本来の意味での「NPO」を理解するためにも一度は読んでおいた方がいいと思うが.

日常

仕事.細々とした書類の整理,外部への提出書類の作成など.
久し振りに趣味が役立つレファレンスあり(^^;).でも,肝心の資料は我が家の何処にあるのだろう? 草の根分けても探し出すべ.

・・・・・・・・・運動不足がそろそろ深刻になってきたので,対策を講じなければ.

今日のBGM

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18@ヴラディミール・アシュケナージ/アンドレ・プレヴィン/ロンドン交響楽団(デッカ)

クルマで聴くMDの編集.外出時は聴きなれた/聴き易い作品を持ち歩いた方が無難.前衛を持ち歩いてもほとんど聴かない(^^;).
ラフマニノフのピアノ協奏曲,アルトゥール・ルービンシュタインは第2番しか弾かなかったらしい.逆にヴラディミール・ホロヴィッツは第3番ニ短調を好んで弾いた.

2004/08/19

業界人が考えなければいけないのは何だろう

ジャパンナレッジ【2004年8月のナレッジピープル 日本初のNPO法人運営図書館はなぜJKを導入したのか】

山中湖情報創造館館長・小林是綱さんの記事.反・委託の立場からはいろいろツッコミが入りそう(^^;).
でね,公共図書館の委託でも,公共図書館のビジネス支援でも,反対している方にお尋ねしたいのですが,何故「委託」や「ビジネス支援」が,これだけ世のメディアに取り上げられているのか,考えたことがおありですか.それらを取り上げているメディアは,揃いも揃って「勉強不足」「認識不足」ですか(^^;).
まさかとは思いますが,そこで「政府≒行政の陰謀」説を開陳されるようなことは無いでしょうね.今更「陰謀史観」など振り回しても,世間は誰も振り向いてくれませんよ.

メモ

産経新聞【【横車】著作権意識】

産経らしくない(^^;).

日常

仕事.午前中から時間を無駄に費やしてしまい,午後も低調(-_-;)なまま終わり.それでも,仕事としては無駄に終わった時間を使って依頼原稿の下書きを終わらせたわさ.ふん.

日刊スポーツ【駒大苫小牧北海道76年ぶり4強】世の中的には「横浜高校敗退」かもしれませんが,G.C.W.氏は断然こちら.福島県代表も残念ながら敗退した今,悲願の大優勝旗白河関越えはベンチ入り全員が道産子チームに託されているのですよ(^^;).

毎日新聞【訃報:エルマー・バーンスタインさん82歳=米音楽家】そう言えば,先だってジェリー・ゴールドスミスも亡くなったのだよなあ(sigh).

今日のBGM

ベートーヴェン/交響曲第6番ヘ長調作品68〈田園〉@ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニーカー(DG,1962年録音)

カラヤン,DGへの1回目の全曲録音から.これはDGでBPOとベートーヴェンの交響曲全曲録音をコツコツ録っていたフェレンツ・フリッチャイが癌で再起不能に陥った直後,一気に録音されたモノ.ゆっくり目のテンポで押していたフリッチャイ(第5番の第2楽章はLP時代最長の時間をかけていたとか)を意識してか,かなり速いテンポで演奏されているのが特徴.

2004/08/18

帰還

先程,本拠に帰還しました.
カミさん家に行っていると世の中にすっかり疎くなるので,留守の間にあったいろいろな興味深い出来事もほとんどスルー.すみませんm(_ _)m

ま,少しづつ社会復帰いたします.取り急ぎ,ご挨拶まで.

2004/08/11

B-nest

東京新聞【静岡駅北に建設の『ペガサート』完工 県民集える新拠点に】

先日の大図研全国大会の分科会で話題になっていた静岡市の複合施設〈B-nest(ビネスト)〉(市立図書館分館+産学交流センター)の記事.貸出至上主義者の苦虫を噛み潰したような顔が目に浮かぶ(^^;).

公共図書館によるビジネス支援について,種々の理由を上げて反対したり揚げ足を取ったりする図書館業界人もいるようだが,公共図書館が税金で賄われているという自覚に欠けているんじゃないのかな.公共図書館といえども,世の不況に対して高みの見物を決め込んでいていい理由はあるまい.しかも,この不況でつぶれていくのは地方の中小企業.現政権の都会優遇政策に反発している業界人が,地方の中小企業を救うためのビジネス支援にも反対ってのは,自らの拠って立つ基盤をないがしろにしているということになるんじゃないか.

続きを読む "B-nest" »

日常

仕事.昨晩の酒が残っていたためか,一日調子悪し(-_-;).4日で3度飲み会があれば調子も悪くなるか.もう若くないんだし.

・・・・・・・・・明日から夏休みをいただきます.カミさんとガキの顔を見てきますわ(^^;).再開は19日(木)を予定してます.みなさまも帰省中の事故にはお気をつけてくださいますようm(_ _)m

今日のBGM

ショスタコーヴィチ/交響曲第14番作品135〈死者の歌〉@キリル・コンドラシン/モスクワ・フィル(メロディア/アウロス)

個人的には,ショスタコーヴィチの交響曲の中でも第4番と並ぶ傑作.もっとも,実はガルシア・ロルカとかアポリネールとか,この作品ではじめて知った名前だったりする(^^;).

2004/08/10

日本学会事務センター

酔っ払いだけど,これだけは今日中にメモしておかねば.

読売新聞【預かり金流用の「日本学会事務センター」が破産へ】
朝日新聞【学会センター、民事再生法適用棄却 負債30億、破綻も】

早速,学術雑誌を幾つ日本学会事務センターから購読しているのか,今年度支払いを済ませているタイトル数は,支払済みの雑誌は順調に届いているかどうか,担当にチェックするよう指示する.
ウチはまだしも,この件の影響は方々でかなりのものがあるのではないですか.引き続き情報希望.

日常

仕事.退勤後,先週主催した会合の打ち上げ.

だからさ,民業に対するネガティヴキャンペーンじゃない「公共図書館に公務員が必要な理由」をきちんと出せないのなら,公務員が委託反対なんてやるだけ自分の足を引っ張るだけだっつーのが,どうしてわからないんだろう? ぶつぶつ.

・・・・・・・・・すみません,今日も酔っ払い更新なので,ボロが出ないうちに終わります.また明日m(_ _)m

2004/08/09

「70の質問」やってみました

〈○と×と音楽と〉経由でサクラギ愛さん謹製〈70の質問〉というのを見つけました.

早速トライ(^^;).

続きを読む "「70の質問」やってみました" »

日常

ナガサキ59回目の原爆の日.

休日.午前中はお勉強.午後,新幹線で帰宅.

8月7日から今日まで,大学図書館問題研究会全国大会に顔を出してきました.いろいろ勉強にもなりましたし,楽しい時間も過ごすことが出来ました.
会場に行ったら大学の同期がいたのには吃驚(*_*).それどころか,後輩がわらわらと(^^;).いい後輩たちのおかげで,ダメな先輩も業界で大きな顔が出来ます.後輩とわかった途端に態度がデカくなってゴメンね>>後輩諸氏.
それ以外にも,かねてネット上で存じ上げていた方とお会いすることも出来,とっても有意義な3日間でした.多謝m(_ _)m

続きを読む "日常" »

今日のBGM

マーラー/交響曲第4番ト長調@ベンジャミン・ブリテン/ロンドン交響楽団(BBC/IMG)

かの〈青少年のための管絃楽入門〉の作曲家ブリテンは,指揮者としても自作のみならず他の作曲家の作品も演奏していた.ショスタコーヴィチの交響曲第14番作品135の海外初演を指揮したのはブリテンである.スタジオ録音ではデッカにモーツァルトの交響曲がある(未聴).
このマーラーは,それにしても随分ネクラな演奏である.表情が妙に不安げで寂しい翳りを感じるのは,あながち録音のためばかりでもないと思う.

2004/08/06

今日の購入物件

『FREE CULTURE』(ローレンス・レッシグ著,山形浩生・守岡桜訳/翔泳社/2004年7月初版/本体2800円)
『萌える法律読本:ディジタル時代の法律篇』(プロジェクトタイムマシン著/毎日コミュニケーションズ/2004年7月初版/本体2000円)
『萌える法律読本:日々の生活篇』(プロジェクトタイムマシン著/毎日コミュニケーションズ/2004年7月初版/本体2000円)

はい,いま話題の3冊が手元にようやく届きました.『萌える法律読本』,2冊とも店頭で買うには勇気がいる表紙ですねえ(^^;).勤務先に届けてもらったのだけど,『ディジタル時代の法律篇』を見た同僚(女性)が「スゴイ表紙ですねえ~」と苦笑しておりました.明日,移動中の電車や大会会場で読んでいたら思いっきり引かれるかしらん.
#『ディジタル時代の法律篇』表紙右側の女の子はタイプですが(^^;)<<ヤブヘビか.

日常

今日は59回目のヒロシマ原爆の日.今日だけは,ほんの少し遅れるのを同僚たちに我慢してもらって,テレビの前で8時15分に黙祷を捧げることにしている.

仕事.勤務先が会場で図書館関係の会合,本番.何とか終えるが,今回に限って会の慣習の部分にツッコミ入る(-_-;).あまり細かいことをクダクダと述べても仕方が無いので以下略.
まあ主催者としては,こーゆうものは「終了する」ことに意義があるわけで(^^;).

明日から図書館関係の会合に2泊3日で出かけますので,明日・明後日の更新は多分ありません.

今日のBGM

マーラー/交響曲第6番イ短調@サイモン・ラトル/バーミンガム市交響楽団(EMI@not CCCD)

この交響曲終楽章で2度打ち鳴らされるハンマー(巨大な木槌が使われることが多い)について,ある指揮者が「これはヒロシマとナガサキを予言し,象徴しているのです」という意味のことを言っていた記憶がある.そーゆう解釈さえも許容してしまうほど純音楽的で象徴性が高い,マーラーの最高傑作.
ラトルの演奏は,劇性をそれほど強調せず音楽そのものに語らせる傾向のもの.3回目のハンマーが振り下ろされている.

・・・・・・・・・〈○と×と音楽と・・・〉で取り上げられていた【作曲家占い】やってみたんですけど,「あなたの作曲家: ヴィヴァルディ (類似度 95%)」というのはともかく,「相性の悪い作曲家: MAHLER」というのは却下(^^;).中学・高校時分,マーラーにのめりこんでいなかったら,多分人生の色彩が変わっていたと思うので.

2004/08/05

日常

仕事.ようやっと前期終了.なのに千客万来なぜだ(^^;).サービスが定着してきた,というのであればいいのですが.
退勤後,飲み会でビールしこたま(>_<).明日は勤務先主催の会合だっちゅーので,早めに引き上げる.

トラバ,メール,コメント多謝ですm(_ _)m また明日にでもお返事します.今日は酔っているので(素面でも酔っているようなもんじゃん,というツッコミは却下)間違ったことを書いてしまいそうで(^^;).

今日のBGM

A LONG V・C・A・T・I・O・N@大瀧詠一(ナイアガラ@CD選書盤)

これをウォークマンで聴いていると,ついつい,ところ構わず歌い出しちゃうのが難で(^^;).

2004/08/04

図書館情報学への問題意識

図書館業界では著名人のひとりである山重壮一さんがサイトを移転しています.〈図書館司書山重壮一のページ〉

新たに始まった連載(?)【T先生へ】の今後の展開が楽しみです.皮肉ではなく,図書館学あるいは図書館情報学について抱いている問題意識に,意外に近いところがあるのかな,と思ったもので.

日常

仕事.資料の又貸し→延滞の学生に「(返却は)保障できません」と言われる.こーゆう輩こそ「自己責任論」のエジキにしなければ(^^;).ムキー.

でも,帰宅したらホッとする便りも届いていたので,怒りは随分中和されております<<これが無かったら,ここで悪口雑言の限りを尽くしかねなかったわ.

・・・・・・・・・明日は飲み会があるので,更新お休みするつもりです.

今日のBGM

マーラー/交響曲第9番ニ長調@ブルーノ・ワルター/ヴィーン・フィルハーモニーカー(HMV/ダットン)

1938年1月16日,ムジークフェラインザールでの実況録音.表現主義の極みのような対比の激しさが,置かれた状況の閉塞と絶望を物語るかの如く絶賛されてきた名演.ダットンの復刻は,EMIのもの(例えばCDH 7 63029 2)に比較して,随分と生々しい雰囲気の音になっている.

2004/08/03

図書館のエピキュリアン(^^;)

遅ればせながら,MIZUKIさんLiblog JAPAN〈図書館雑記&日記兼用〉が取り上げている山中湖情報創造館をチェック.「山中湖情報創造館は、指定管理者制度に基づき、館長を含めた全面的な民間委託の第一号公共図書館」ですか.

でも,業界のタブーに挑戦!などという悲愴感(?)が微塵も感じられないところがいいですね.

続きを読む "図書館のエピキュリアン(^^;)" »

「地方」というだけで評価↓

読売新聞【定員割れ私大、今春は29・1%…2極化進む】
毎日新聞【私大入試:今春、史上最高の155校で定員割れ】
うーむむむ(>_<).人気校と不人気校の二極分化,ですか.「新入生が定員の5割に満たない学校は、私立大で15校、短大で20校あり、充足率が7・3%の大学や、9・6%の短大もあった」キツイよなあ(sigh).大都市圏にある大学は,それだけで評価にゲタを履かせちゃうところがありますからね>>受験生とその親.文部科学省もここ10年ばかり,駅弁大学どころかコンビニ大学を量産してしまったし.

しかし,ある街の教養のレベルはその街にある本屋と大学を見ればよくわかる,とさえ言われてきたのに,今や街の本屋も消え,大学も消えてしまうこの国の街に,ましてやレファレンス・サービスにこそ存在価値のある公共図書館がホントに根付くのでしょうか.

日常

仕事.週末の会合に向けて準備の仕上げなど.合間を縫って目録作業.

産経新聞【「あゆ」育ての親、エイベックス復帰へ 元専務の松浦氏】

泰山鳴動して鼠一匹も出ずに終わるのかな.それとも・・・・・・・・・.

今日のBGM

フルトヴェングラー/交響曲第2番@ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ベルリン・フィルハーモニーカー(DG)

フルトヴェングラーが第二次大戦終盤に作曲していた演奏時間約80分の大作.これは1951年12月録音の自作自演盤だが,例えばアルフレッド・ワルター盤(マルコ・ポーロ)と同じ作品には聴こえない(^^;).自作自演はブルックナーもかくや,と思わせるほどの説得力溢れた傑作に聴こえる.

2004/08/02

日常

仕事.勤務先は今週まで前期日程で,今日も千客万来(^o^)/.首をかしげているひともいるけど,これが正しいあり方ですよねえ,なんて.

ZAKZAK【エイベックス「会長退陣」噴出…兜町嫌気ストップ安】エイベックスの依田会長は日本レコード協会の会長で,第159国会における著作権法改正でも,レコード輸入権の創設に邁進していた人物.今回のお家騒動がレコード輸入権やCCCDと関係があるとは必ずしも言い切れないものの,どうしてもそーゆう目で見てしまいますね.もっとも,これでエイベックスと依田会長が業界内での地位を失墜させたとしても,第2,第3のエイベックスや依田会長は,あの業界から幾らでも出現するでしょうね.いや,すでに第1のSMEか(^^;).
参考:エイベックス【当社人事に関する重要なお知らせ(速報)】

今日のBGM

ハチャトゥリアン/交響曲第2番@ネーメ・ヤルヴィ/ロイヤル・スコティッシュ管絃楽団(シャンドス)

ハチャトゥリアンの「戦争交響曲」.時々第二次大戦末期のドレスデン空襲を伝えるニュース映画を見ることがあるが,あのBGMに流れている「たたたたーん,たーんたーん♪」という圧倒的な音楽が,この曲の冒頭部分.
この作品には,ハチャトゥリアンの自作自演による記念碑的名演(デッカ,オケは何とヴィーン・フィル)があってG.C.W.氏も所持しているが,どういうわけだかあれは録音年の割には音が悪い(-_-;).同時期のピエール・モントゥによるベートーヴェンとは比較にならないくらい.録音に入りきらないほどすさまじい演奏ではあると思うが(^^;).

2004/08/01

明和電機,公立美術館での初個展

中国新聞【「明和電機」の11年追う 広島市現代美術館】

うわーお(^o^)/.明和電機,好きだったんですよね.何しろ「ツクバ」だし(^^;).Sonyから離れて,お兄さんが抜けて,だんだん関心が薄れて今は何をやっているのかもよく知らなかったんですけど,どっこい健在だったんですね.広島市現代美術館で10月11日までか<<広島では無理.
展覧会の概要はこちらで.うわ,コスプレや楽器演奏までできるのか.せめてポスター欲しい.

日常

休日.早起きして朝食摂りながら洗濯していたら,外からガラガラという音.しまった,今日は第1日曜でドブさらいの日だった(>_<).ゴメンなさい,さぼってしまいましたm(_ _)m このところサボりグセがついちゃって.

洗濯掃除を済ませて,避暑がてらドライヴに出発.桧原湖からラビスパ裏磐梯へ廻ったら,ここはひとり身では利用しづらい料金設定だったのでそこから引き返し(国道459号線は先日の大雨のため,現在一部対面通行不可のところがあります),川桁というところへ廻って沼尻軽便鉄道(日本硫黄観光鉄道,磐梯急行電鉄)の記念碑を確認.そのまま軽便鉄道の址を巡ってもよかったが,事前準備がゼロで方向もわからなかったので次回を期す.
さらに猪苗代湖から湖南へ廻って御霊櫃峠攻め.道が狭い(-_-;).峠の頂上には駐車スペースがあり,遊歩道が整備されているのをはじめて知った.次回は早朝,縦走を試みてみようか.

総計180キロばかり走ってきましたが.帰宅したら右腕が運転手焼け(-_-;).ヒリヒリ痛い(-_-;).毎年,同じようなことをやっているような気がする>>学習能力ゼロ>>G.C.W.氏.この季節,ノースリーブのTシャツで長時間の運転,は避けなきゃ.

今日のBGM

〈Z〉,〈O〉@ZONE(Sony@レーベルゲートCDじゃない)

今日あたりもドライヴ中,これをかけて一緒に絶唱しているのは内緒だ(^^;).

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ