2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 日常 | トップページ | 今日のBGM »

2004/07/06

「出版ニュース」7月上旬号

「出版ニュース」2004年7月上旬号に「貸与権を巡る20年の軌跡」(吉田大輔)が掲載されました.筆者は放送大学客員教授で文化庁の著作権課長を務めたこともある方.
曰く「書籍・雑誌への貸与権の拡大は(中略)著作権法制上長年の課題を解決したものであり,その意義は大きい」のだそうです.この文章,読んでいてあちこちにツッコミどころがある気はするのですが(例えば洋楽レコードの発売後1年間レンタル禁止に関する事実認識など),G.C.W.氏では効果的な打撃を与えることが難しそうなので,何方か専門的知識のある方のツッコミを待ちたいと思います.

著作権に関連してもうひとつ.【福祉の喫茶店からも著作権料】情報もとはKNWTです.
これを読んで思い出した事件は毎日新聞【タイ人少女:「日本にいさせて」 両親と死別、祖母頼り来日…定住認めぬ入管を提訴】これでしたですよ.「法の為に人がいるのではなく,人の為に法があるのだ」という昔からの箴言は何処に消えてしまったのでしょうか.『春秋左氏伝』昭公六年条にある,鄭の宰相子産が刑法を鋳込んだ鼎を作った話こそ,法律を作り運用する人たちの戒めになるでしょう.

« 日常 | トップページ | 今日のBGM »

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38016/913577

この記事へのトラックバック一覧です: 「出版ニュース」7月上旬号:

« 日常 | トップページ | 今日のBGM »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ