2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 日常 | トップページ | 今日のBGM »

2004/06/17

ICタグ実験

またしても昨晩書こうと思って書き損ねた話<<最近こんなのばっか.

【Liblog JAPAN | Blog on Library and Information Science: 無線ICタグで図書閲覧を把握 NTT西、福岡市と実験(産経新聞)】
【NTT西や福岡市などが、RFIDタグを用いた蔵書管理を実証実験。貸し出しや返却作業もセルフで:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2004/06/09】

〈Liblig JAPAN〉では「一歩間違うと気持ち悪いなぁとかんじました」と書かれてしまいましたが(^^;),G.C.W.氏はしばらく前に,ここここで書いているように,ICタグあるいはRFIDタグと呼ばれる技術の図書館業務への導入には肯定的です.また,あるマイナーな雑誌媒体(一般には販売していない)にて昨年,G.C.W.氏が執筆した文章でも同様の主張をしてみました.

この技術の導入による貸出返却業務の脱「カウンター」と書架整理業務の無化が,図書館業界における,日本図書館研究会読書調査研究グループの主張に代表される「貸出至上主義」の跳梁跋扈に伴う弊害を除去するための有効な手段たりえるからです.それはまた「カウンター業務の委託」是非論をも無化してしまうものでもあります.
残念ながら「指定管理者制度」にまでは,この技術の導入は抵抗しえませんが,技術力で委託に対抗できるのであれば,試さない手は無いんじゃないかと考えます.

ところで,図書館の現場としてはRBBTodayの記事でも触れている「蔵書の不正持ちだしの問題」が,無線ICタグ導入の重要なポイントでしょうか.今までのBDS(Book Detection System)以上の効果を期待する,と(^^;).

« 日常 | トップページ | 今日のBGM »

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38016/785090

この記事へのトラックバック一覧です: ICタグ実験:

« 日常 | トップページ | 今日のBGM »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ