« 四本松城(福島県岩代町) | トップページ | 鴫山城(福島県南会津郡田島町) »

2004.06.26

小浜城・宮森城(福島県岩代町)

 小浜城は現在の福島県岩代町の中心地区にある.始まりは詳らかではないが,戦国時代には塩松城主石橋氏の執事大内氏の居城であり,大内氏の下克上によって石橋氏が滅亡した後は安達地方の一方の雄として,伊達氏や田村氏とわたりあった城である.宮森城は小浜城の南約2キロのところにあり,小浜城と連携しながら街道筋の要衝として重きをなす.両城とも伊達政宗がしばし在城したことでも知られる.

 大内氏は諸伝に拠れば足利氏庶流とも,安達郡戸沢(東和町)の菊地氏姻族とも,周防大内氏の一族とも伝えられる.若狭国小浜(福井県)の住人で大崎氏(のちに宮城県北部を領有する奥州探題大崎氏の祖斯波家兼が若狭国守護だったことがある)に仕えていたが,のち石橋氏の家臣に転じて陸奥国安達郡に至り,当地に築城し旧地の名をとって小浜と称したという.遅くとも15世紀半ばには安達郡塩松地方にあって石橋氏の執事として活動していたものと考えられる.

 大内氏が三春城主田村氏に通じ,石橋氏を四本松城からから追って塩松地方の支配を確立するのが,おおよそ永禄末年(1568~69年ごろ)のことである.大内備前義綱が宮森城を,その子太郎左衛門定綱が小浜城,次子助右衛門親綱が安積郡片平城(郡山市),庶流の一族をその他要城に配置し支配を固めた.片平城は安積伊東氏の流れをくむ片平氏の居城であったが田村氏の攻撃を受け落城,田村氏から大内氏に与えられたものとされる.
 その後天正7年(1579)ごろまでは田村氏に従っていた大内氏だが,天正11年には田村から離反し,田村方の石川弾正が拠る百目木城(岩代町)を攻撃するも敗れ,一旦は二本松畠山義継,会津蘆名盛隆が調停する.翌天正12年には田村清顕が塩松領に侵攻するも十石畑(岩代町西新殿)合戦で大敗,さらにその後5度の合戦にことごとく破れ清顕の弟善九郎友顕までもが戦死,田村勢はほうほうの体で三春に退散した.大内定綱は田村氏と敵対する会津蘆名盛隆,常陸佐竹義重,岩城常隆,石川,白川などの諸氏と通じて田村氏と対峙した.

 天正12年冬,大内定綱は米沢城に参上し,家督を継いだばかりの伊達政宗に謁見,伊達につくことを約し,米沢で屋敷を賜り越年した.翌13年,一旦暇をもらって小浜に帰城した定綱は伊達に反旗を翻す.政宗は大内攻めを決断,刈松田城(飯野町)主青木修理を内応させ案内役を確保したのち,小手森城(東和町)攻めに着手する.天正13年閏8月,伊達勢は小手森城に放火してこれを抜き,城兵など800余人を皆殺しにする.政宗自身「女童は申すにおよばず,犬までなで切に成りせ候」と最上義光に書き送っている.小手森城とともに街道筋の要所であった築館(鍛冶山城),樵館も相次いで開城し,政宗は築館に入る.やがて田村領黒籠(郡山市)に移った政宗は岩角城(白沢村)攻めの構えを見せ,それを見た大内定綱は天正13年9月,蘆名氏を頼って会津に出奔,大内支城もことごとく開城し,ただひとつ残った針道城(東和町)も2日間の籠城の末,城主針道源太以下100余騎が城を枕に討ち死にし,塩松地方は政宗の手に帰した.なお,大内定綱・片平親綱兄弟は天正16年にいたって許されて伊達に帰参し,その子孫は仙台藩に仕えた.

 政宗は早速小浜城に入城し,政宗の父輝宗が宮森城に入り,大内氏と縁戚関係にあり今回の大内攻めでも大内定綱を援助した二本松城主畠山義継を攻撃するための準備をはじめた.義継は宮森城の輝宗を訪ねて政宗に扱いを入れ,その御礼に再度出向いた際,輝宗を拉致して二本松へ戻ろうとし,急を聞いてかけつけた政宗により輝宗ともども射殺される.二本松城攻めは越年し,政宗はその間小浜城に在城して二本松攻めの指揮を執った.二本松城が天正14年7月開城したのち,政宗は本拠の米沢に帰陣する.

 その後塩松地方は政宗の家臣白石宗実に与えられ,宗実は宮森城に入った.天正16年には百目木城の石川弾正が伊達に叛き,田村清顕急死後の三春にも相馬義胤が入城しようとするなど動揺が走るが,政宗は自ら大森城(福島市)まで出陣して采配を振るい,さらに宮森城まで出向いて塩松・三春の反伊達勢の一掃を計った.
 天正17年には蘆名氏,二階堂氏を相次いで滅ぼし,佐竹氏の勢力を駆逐して南奥羽の覇権をにぎった伊達政宗は,しかし豊臣秀吉の小田原後北條氏攻めとそれに続く奥州仕置により米沢を去り,塩松も白石宗実の手を離れて若松92万石の大名になった蒲生氏郷の支配下になる.氏郷は小浜城に蒲生忠右衛門を2万5千石で配した.氏郷死後,その子秀行に替わって上杉景勝が若松120万石に封ぜられると,塩松東城に山浦源吾景国が,塩松西城には市川左衛門尉房綱が配された.ここで言う塩松東城は小浜城,西城は宮森城を指すと思われる.さらに「関が原の戦い」の戦後処理で再び蒲生秀行が若松60万石に返り咲くと,塩松東・西の別を踏襲し東城には玉井貞右が,西城には外池信濃守がそれぞれ配された.恐らく元和の一国一城令(1615)にて廃城になったものと思われる.

 現在残る小浜城は,大内定綱退去ののち,伊達政宗や蒲生氏郷が改修を加えたものと思われる.主に阿武隈川東岸の街道筋をにらんでの城郭整備が行われたようだが,一曲輪に残る石垣には豊臣系大名の城郭に見られる鏡石と巻き積みが見られることからも,大規模な改修が蒲生氏郷によって行われたと考えていいだろう.ひとつの小高い丘陵の頂上を削平して尾根に掘割を築き一曲輪・二曲輪としている.北東側は急峻な崖になっており,西側にいくつか曲輪を配して守備を固める.一曲輪では昭和56年(1981)に発掘調査が行われ,伊達政宗在城時に使用されたと考えられる殿舎跡が出土している.瓦葺ではない,桧皮葺(?)の掘立建物ながら本格的な建築であったらしい.


小浜城の写真へ
宮森城の写真へ

参考文献
 『日本城郭大系』第3巻 新人物往来社
 『戦国の城』下 西ヶ谷恭弘著 学習研究社 1992年12月初版
 『岩代町史』第1巻 岩代町編集・発行 1989年初版
 『ふくしまの城』(歴春ふくしま文庫57) 鈴木啓著 歴史春秋社 2002年7月初版

2003年9月21日作成
2004年6月26日移転・修正

|

« 四本松城(福島県岩代町) | トップページ | 鴫山城(福島県南会津郡田島町) »

城郭:福島県」カテゴリの記事

コメント

興味深く拝見致しました。
なぜ今でも身近に伊達さんや田村さんという名前の方が居るのかよく判りました。歴史の縁ってやはり深いですね。

投稿: 大内家末裔 | 2007.03.26 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小浜城・宮森城(福島県岩代町):

« 四本松城(福島県岩代町) | トップページ | 鴫山城(福島県南会津郡田島町) »